アッセンブリーの車高調キットを取り付けてみます。


■いきなりタイヤが外れてますが…(汗
最近はキット物の車高調を取り付ける機会も増えてきて、なかなかバネをスプリングコンプレッサーで縮めて、アッパーマウントを外して…といった作業はやらなくなってきました。なので今回もキット物の取付けを紹介します。ブツは車高調のわりに乗り心地が良いと評判のクスコのZERO-2です。
エ−ト、いきなりジャッキアップしてタイヤ外しました。写真で紹介しているのはリアです。実際にはタイヤを外す前にウマ(リジッドラック)をかけたりしましょう。僕は面倒くさがりなので、タイヤを挟むだけで作業しちゃいますが、命懸けです(汗
セダンの足回りの交換はリアのほうが圧倒的に面倒くさいので、リアについて説明します。リアが交換できたなら、フロントはもっと楽にできるでしょう。あと、左右同時にジャッキアップするのが鉄則です。でないとスタビが効いて大変な事になります。

■敵を確認しておく
車高調にはブレーキホースを固定するためのステーがついていることが殆どです。しかし純正では引っ掛けるというより通すという形状になっていて、ダンパーを外すためにはからブレーキホースを外す(当然ブレーキフルードがダダ漏れになるので、エア抜き作業が必要になるし、パッキンも再使用不可)か、ダンパーの一部をカットしてブレーキホースを外す必要があります。
たいていの社外品は写真のように初めからブレーキホースを固定する部分に切れ込みがあり、ここからホースを通すことができます。車高調をオーバーホールしている間は純正に戻すなんて事も考えると、社外品のような形状に加工してしまうほうが後々の為かも知れません。加工は、ブレーキホースに傷をつけないように細心の注意を払いつつ、金ノコでギコギコやることになります。
また、取り付ける前に各部にオイル滲みがないか確認したり、ネジ式車高調の場合には調整用のネジがちゃんと締め付けられているかチェックしておくと良いでしょう。ちなみに僕が買ったZERO-2は思いっきり固く締まっていて心配無用どころか緩めるのが大変そうです。

■ここが山場かも?
 
もうダンパーからブレーキホースは外れたかな?
今回の作業の中で最もDIY泣かせなのがダンパー下部とナックルと呼ばれる部品を結合している2本のボルトです。メーカー出荷時には、このボルトが尋常じゃない堅さで締まっており、ここで挫折する人も多いはずです。僕の車は何度も交換していて、その度に手持ちのメガネレンチのフルパワーで締めているので緩めるときも割とアッサリ緩みますが、たいていはレンチに鉄パイプを被せて延長(別名:水道管エクステンション)するなり、40cm程度の長さのロングストレートなメガネレンチ(ちゃんとした工具屋さんでないと置いてない事が多い)を使用することになります。
以前、このボルトがどうしても緩まずにスーパーオートバックスに泣きついたら、最初はエアインパクトレンチでトライして玉砕し、最後は長さ1mはあろうかという超ロングスピンナーハンドルが登場し、リフトアップして全体重を乗せて緩めていました。
…さて緩んだかな? でもボルトはまだ抜いてはいけません。あと、この部分のナットは原則として再使用不可です。まあ、普通は再使用しちゃいますが、万全を期すならやはり新品を用意しておきましょう。

■アッパーマウント部を外す
 
セダンのリアの場合には後部座席を外します。シート下から2本、針金のようなチャチなステーが伸びてボルト留めされていますので、それを外します。で、座面の後部中央あたりで引っかかってますので、そのあたりを下に押し下げつつ座面全体を前に引っ張り出せば外れます。すると背もたれは下部中央と両端にやはりチャチな針金ステーが伸びて固定されてますので、それら3本を外し、背もたれ全体を持ち上げつつ前に倒せば外れます。これでアッパーマウント部分が見えるようになります。
ストラットのアッパーマウントを外すには、写真右のような12mmのディープソケットが必要です。ディープじゃないとアッパーマウントから伸びるボルトがつかえてナットを回せません。また、シートベルトが邪魔になるので外してしまいます。これは14mmのボルト1本で固定されていますが、内装が邪魔なので撤去するときと戻すときには知恵の輪状態になります。このシートベルト、実は元に戻す時のほうが厄介で、ボディ側に引っかかる爪が1箇所あるのですが、それを引っ掛けつつ、ボルトを垂直に入れていかないとボルトが空回りして、いつまでたっても元に戻せません。ここでのポイントは、ラチェットの角度です。角度を変えながら何度かやっていると、そのうちイイ感じの角度が見つかると思いますので諦めずに頑張ってください。ちなみに、僕の車はリアシートを外さずに減衰力調整ダイヤルを調整したいので、スピーカーボードを一部カットしてあります。
そうそう、アッパーマウントのナットも原則として再使用不可です。でも僕は使いまわしちゃってますが今のところ緩んだりしてません。
ところでこのナットを外すとダンパーが落ちるので誰かに支えてもらうか、一番手前のナットを軽く引っ掛けておき、ダンパーを支持しつつナットを外しましょう。あとは、残しておいた下のボルトを抜けば、ダンパーを取り外す事ができます。

■組み付け
組み付けは基本的に逆の手順なので多くは語りません。
注意すべき点は、1輪ずつ作業しないことです。車高調の場合には純正のダンパーよりも全長が短い場合が殆どなので、片輪に純正ダンパーがついた状態でもう片輪に車高調ダンパーを取り付けようとしても、スタビが効いて上手くいかないとはずです。まあ、この場合にはアッパーマウント側の3本のナットでダンパーをぶら下げておく感じになるでしょう。アッパーマウントには向きがありますので間違えないように。向きは取説にも書いてあると思いますし、アッパーマウントに刻印も打ってあると思います。
それと各部のボルト,ナットを固定するときには、ボルトを通す穴に結構余裕があるためどの位置で締め付けるかによってアライメントが結構変化してしまいます。ですので、自分なりに決めておくと良いでしょう。例えば「アッパーマウントのナットを締めるときは、アッパーマウントをなるべく内側に寄せる。」とか、「ダンパー下部の2本のボルトを締めるときは、ナックルをジャッキで持ち上げて、なるべくキャンバーがつく向きに傾けて固定する。」等です。というか、僕はそうしてます。
ちょうど、こんな感じですね。
足回りを外して組んだだけでアライメントがメチャクチャになるって人は、こういうところの心配りが欠けているのではないかと。

■フロントの場合には…
 
フロントの場合には写真のようにABSセンサーのステーを外してしまいましょう。でもGC/GF前期型の場合には、太いボルトと共締めになってますので、先に外しておくかどうかはダンパー側に写真のようなABSセンサー用のステーが付いているかどうかで変わってきます。

■アライメントの話
 
フロント側はこのボルトの向きでキャンバー角を調整する事ができます。このボルトだけでも0.5〜1度くらいはキャンバーが付きます。完全フルノーマル状態では少々ポジキャン気味になってると思いますが、ここを目一杯ネガキャン方向に調整してやるだけで、多少はフロントタイヤがコーナーで粘るようになります。
それと、ノーマル車高からダウンすると、フロントは思いっきりトーアウトに、リアはトーイン気味になります。特にフロントのアライメント変化が激しく、それまで握りこぶしが入っていた状態から指1本くらいまで車高を落として1000kmも走れば、タイヤの内側だけツンツルテンになるくらい偏磨耗しますので、ちゃんとしたテスターでアライメントをとってもらうか、もしくはDラーに持っていってサイドスリップ調整してもらいましょう。ボーズになってからじゃ遅いです。
当然ですが、キャンバー調整式のアッパーマウントでキャンバーをつけたりしても思いっきりトーが狂います。やはりフロントでは激しくトーアウトに。リアは…どっちだったっけ? 忘れました。まあ、リアはホイールが太すぎて入らない等の特殊な事情でもない限りキャンバーつけないでしょ。


戻る | トップページ