スタビライザーの交換作業って、意外とクセ者です。今回はフロントだけ交換しました。


■敵を知る
まずはジャッキアップしてホイールを外します。フロントのスタビは、こんな感じでついてます。そう、見れば解るとおりフロアジャッキをかけるプレートの上を通っております。ここを知恵の輪状態で通すことになりますので、ジャッキは一杯までまわして高めに上げ、下の空間を広く使えるようにしましょう。

■スタビリンクの外し方
 
スタビリンクを切り離します。実際にはロアアーム側(写真右で工具をかけている部分)ではなく、スタビ側だけを外せば十分です。
このリンクはセルフロックナットでとまっていますが、新品に近いスタビリンクならばナットだけ回せば外せますが、スタビリンクがヘタってくるに従ってボルトが回ってしまうようになります。こうなった時のために、ボルトには六角レンチがかけられるようになっていますので、写真右のような感じ工具をかけてやれば外すことができます。

■これが難関の知恵の輪状態だ
 
問題は外したスタビを抜くときです。最初に言ったようにジャッキをかける板(本当は何かの補強目的だと思われるが)の上を通っているので、この板を外さないでスタビ交換しようとすれば、当然知恵の輪状態になります。
ただ外れただけの状態が写真左。抜いてる途中なのが写真右です。この状態から、左に抜きながら半時計回りに回転させる感じで抜けます。抜けたはいいが取り付けできないってのだとシャレにならないので、ちゃんと抜けたときの角度とかを憶えておきましょう。ちなみに、リアはマフラーの上を通っているため、フロントよりもさらに大変です。

■そして元に戻そう
どうでもいいけど、スタビブッシュの所ってどうして片側だけボルトなんでしょう? このお陰で取り付け時に、ブッシュをはめつつ爪を引っ掛けてボルトを締めるのが大変苦労させられます。これも軽量化の一環ですかね?


戻る | トップページ