STiの偏り防止燃料ポンプはホントに前期型には付かないの?


■まずは燃料ポンプと対面
STiのパーツカタログによると偏り防止のためのコレクタータンクが付いている燃料ポンプはGC/GF系インプレッサではD型以降に対応しており、C型以前のインプレッサやBC/BF系のレガシィ乗りの方には寂しい限りである。
 
燃料ポンプを拝みたいだけならリアシートを外す必要はありませんが、取り出すのに邪魔になるので、リアシートを外します。さらに、横に走っている鉄の棒(剛性アップに役立ってる?)と、黒い遮音のためのビニール板を外すと左の写真のようになります。で、ビス4本で止まっているフタを外せば燃料ポンプとご対面できます。
しかし、買ってから一度も見たことが無かったのですが、第一印象は「これほど汚いとは…」でした(笑)
燃料ポンプを外す時は燃圧がかかっていてガソリンが大量に漏れます。最低でも燃料タンクのふたを開けて気化したガスを抜き、燃料ホースのコネクタを外してセルを何度も、それはもうブスンとも言わなくなるくらいしつこくセルを回して燃料ラインから殆どのガソリンを抜いておきます。

■前期型燃料ポンプを観察
 
 
当初から予想していたとおり、配管の取出し口の向きが前期型と後期型では違います。ホースバンドがネジで留まっているホースが燃料ポンプの吐出側に繋がっているのですが、STiの燃料ポンプはこの配管が前を向いています。前期型は助手席側から伸びてくるため、どうやってもホースが届きません。
後期型の燃料ポンプの方が容量が多いと思われたので、燃圧が上がってカブリ気味になると嫌なので基本的に前期型のポンプASSYを使用し、コレクタータンクのみSTiのポンプから剥ぎ取って前期型用に取付けてみようと思います。
コレクタータンクを支持するステーが燃料ポンプ背面から伸びているので、このステーとコレクタータンクを前期型の燃料ポンプに移設すれば大丈夫そうです。しかし、ステーはSTiのポンプにビス2本で固定されていますが、前期型で似たような位置にはビスが1本あるだけで位置も全然合いません。このあたりから段々勢いだけで作業するようになってきました。以降の写真がガクッと減るのはこのためです(笑)
また、この時は気がつかなかったのですが、写真左上の白いパイプからコレクタータンクまでが燃料ホースで繋がるのですが、STiのものはこのホースの内径が太いため、コレクタータンク側にホースの太さをあわせるとユルユルになってしまいます。

■穴を空けてやったぞ!
コレクタータンクのステーに空いている2つの穴のちょうど真ん中あたりに、ビスが通りそうな穴をブチ空けてやりました!
手元にドリルなんて気の利いたものが無いので、要らない木ネジを叩き込んで貫通させ、リーマで穴を拡大してペンチとヤスリを使って整形…と、かなりの荒ワザになってしまいました。かなり、勢いだけですね。思い返しても恥ずかしいです。

■ステーが届きません(T-T)
穴を空けたステーを前期型燃料ポンプ背面のビスを使用して共締めしてみたら…なんと前期型のポンプが太すぎてステーが十分な位置まで突き出しません。どうやらステーを延長するか、もしくは汎用のステーを折り曲げて何とかする必要がありそうです。
しかし、それでは今日中に作業が完了しないので(なぜ今日中に拘っていたのか自分でも良くわからないが…)仕方ないのでポンプもSTiの物を使うか(燃圧上がっちゃって不調になるかも?)、はたまた配管を一度伸ばして、曲げ方向を変えてしまうか(これってSTiのポンプ使うって事だから調子悪くなるかもしれないだろ!?)…と色々試行錯誤しているうちに頭が段々冷静になってきました。結局のところステーを延長したとしても、そのせいでコレクタータンクが正規の位置に取り付かなくなることで不具合が出る可能性もあるため、これ以上の怪しい加工はやめる事にしました。撤退する事も勇気です(意味不明)

■あっさり付いちゃったよ〜ん♪
とりあえず、諸悪の権化である配管取出し口の変更にのみ対応する事にし、燃料ホースを継ぎ足してぐるりと迂回させて見ました。ホースは純正部品をスバルの共販で購入しましたが死ぬほど高かったので、まあ部材は最高級のものを使ってるみたいですが、これはお薦めできません。ネットで検索して見つけた「ヨコハマ物産」という所が各種ホースを小売してくれるので、そこに「内径8mmの自動車用燃料ホース1m(使うのは35cmくらい)と、タケノコ状のストレート継ぎ手1個と、トライドンバンドを3個下さい!」とメールすれば送料、消費税込みの見積もりが返ってきます。けっこう対応が早くて1〜2日で戻ってきて、在庫さえあればホース到着までに3〜4日しかかかりません。なかなか優秀です。
で、純正燃料ポンプを除去し、取付けたのがこの写真。どう見てもこれが正解だったんじゃないかというくらい自然に付いてます。

■メーターはどうか?
 
メーターは前期型用を使う事も出来そうでしたが、そのままSTiのものを使ってしまいました。で、取付け前後の針の位置を比べてみましたが…う〜ん、誤差誤差っ!(爆)
トリップメーターが202kmですが別にS202に対抗意識を燃やしているのではありません。念のため。
エンジンを始動してみましたが前よりも始動性が良くなったようでした。やはり燃圧に変化があったことは間違いないと思われますが、実際に乗ってみてカブリのような感じはありません。あとはロータンク時にどうか?ですが、ここいらへんはそのうちインプレッションのほうに書こうと思います。つーかロータンクで試してないのですよねまだ。


戻る | トップページ