昔の日記です。


●インプレッサ日記(2001上半期) | 前の日記 | 次の日記

2001年 6月 24日  いつもお世話になっているminer氏からシフトタイミングインジケータを譲ってもらうことになり氏の家を訪ねた。
初期ロット(?)だけにそれなりにトラブルがあったものゴネて(^^;結局は量産品でなく試作品を搭載して帰路につく。とりあえず警告音を7000rpmにセットしてみたが、町乗りではまるで光らないのでつまらないことこのうえなし!エンジンOFFの時にしか設定回転数を変えられないので走行中に無理矢理エンジンOFFして4000rpmにセットしてみる。これでも滅多に光らないけど、かなり快適♪ あと「設定回転数でブザーが鳴る」と記憶していたのだが実際には一番下のLEDが光るようで、ブザーが鳴るのは「設定回転数+300rpm」からのようだ。
帰路では異変に気づく、何か警告灯が変だ。良く見たら警告灯のパネルが裏返しについてた…。
まあそれは良いとして、氏に私の車を試乗してもらったのだが開口一番「低速トルクが無い」とのこと。いや他にも言っていたが…クイックシフトが付いてない事とか。(T-T)
その後、氏のA型インプレッサを試乗させて頂く。やはり低速トルク、特に2〜3千回転のパワーが出ている。町乗りでは、この方がイイかも。てことは俺のインプレッサはジムカーナでは戦闘力ないのか?
2001年 6月 20日 結局エア抜きしないで臨んだ筑波ビギナーズ第3戦。しかし本当の敵はブレーキではない。そう、テインNAだ。
練習走行。サイドターン全部失敗。引いてもリアが出なかった。問題外。
1本目。練習の反省を活かしサイドは力一杯引いてみる。それなりに成功。しかし外周で速度が乗らず散々なタイム。かと思ったらP1のオマケまでついてきた。本人自覚なし。
  
必殺? ゼロカウンター! タイヤスモークが写ってないのが残念(写真提供:JASC)

2本目。外周セクションにて何故か普通に1速でターンすれば良い所なのにサイドを引いてしまう。走行前にイメトレくらいしておけよ自分。そして後半の低速セクション。コンパクトにターンするつもりがコンパクトすぎた。またもP1。
よって順位は散々です。不本意なタイムながらもパイロンさえ倒さなければ表彰台だったのに勿体無かった…。
★リザルト★
2001年 6月 9日 ブレーキのO/Hが終わったので取り付けしてみた。が、エア抜きが不十分&ローターにアタリがついておらず、かなり恐ろしい状態。そういえば前にパッドを裏返したときにも、ジムカーナ本番までにアタリが出なかったような…また同じ過ちを繰り返したのか。
本番前に時間が許せばエア抜きしたいんだが…無理かも。困った。
2001年 5月 26日 群馬県某所にてフロントハブの交換とショック交換を行いました。ハブはまだ死んでないと思うのですが、5万キロ走ったのとステアリングこじったときにノックバックが出るので、予防のつもりで交換する事にしました。ショックのほうはダメ出しした筈のTEIN NAダンパー。
作業の様子はDIYコーナーを…って書きたかったのだけど、作業があまりにも大変で写真をとる余裕は微塵もありませんでした。しかもハブ打ち替えは自分でやんなかったし…。と、言うことでハブ交換のほうは感想のみ。結果は何も変わんねぇ。まあ効果がわかるようならハブが死んでたと言う事なので、効果がわからないのは良しとします。
次はTEINのNAダンパー。前回組んでいたときはバネはSテクのソフト、アッパーマウントはクスコのピロでした。この組合わせだと、見た目重視でローダウンするとピロアッパーのお陰でストロークが不足し、柔らかいバネとも相まってバンプラバーに当たりまくり。乗り心地はイマイチでした。
今回はメチャ硬と噂のkg/mm DRレーシングと、STiの強化アッパーマウントを組合わせてみることにしました。狙いとしては、より硬いバネ+ノーマル形状アッパーマウントでローダウンしつつもストロークは確保を狙いました。これが大当り。結果的に、街乗りでは以前よりバネが硬いのに乗り心地は向上しました。今のところバンプラバーの底付きも殆ど無く、ゴム製マウントのお陰で突き上げ感もかなり改善しました。
問題はジムカーナでどうなの?って事ですな。
2001年 5月 20日 筑波ビギナーズ第2戦に出場しました。今回のジムカーナでAPEXのN1ダンパーとしばし(永遠に?)お別れとなります。そのためにも良い成績を残したかったのだが…。
練習走行はメタメタで感覚をつかむ程度に終わった感じなので割愛(^^;)して、まず1本目。前半の高速セクションはSタイヤに慣れてないためか速度がのせられず全コーナー余裕でクリアしてしまう。ブレーキングも余裕。低速セクションは自分の理想の走りが出来たが、360度ターンでは思いっきり振り回したせいか(ランサーの人はほぼ全員がサイド2度引きでコンパクトに回っていた)周囲の評価は「気持ち良さげな走りでしたね」だった。暫定リザルトは4位だが、自分より速い人が少なくとも2人沈んでいるので順位確保は困難っぽい。
  
これが「気持ち良さげな走り」…?(写真提供:JASC)

そして2本目。高速セクションの反省を行かして、イイ感じでアクセルが踏めた(と思う)。前半だけで1秒以上は稼げたような気がした。が不幸は訪れた。360度は例の如く気持ちのイイ走りでクリアしたのだが、車がもっと回りたがってしまい次のパイロンへの進入が大失敗。その後はリカバリーできず後半は大失敗に終わった。結果は予想通り、2人に抜かれて第1戦と同じ6位。今年は6位が定位置か…?
タイムの出る走り方が全然わかってないです私。押さえ気味に走っても抑えすぎちゃってダメなことが多いし。
★リザルト★
2001年 5月 6日 アーシングしてみました。場所は左右シリンダヘッドとオルタネータの計3箇所。作業の様子はDIYコーナーを見てくださいね。で、感想ですが、作業中はバッテリーを外していたので、当然ながらECUがリセットされちゃいます。なのでパワー感は上がりましたが、実際に効果が出たのかどうかはわかりませんでした。まあどっちにしろ、しばらく乗っていればスグにわからなくなる程度の違いしか現れなかったです。
2001年 5月 1日 成田で天寿をまっとうしたはずのAZENISですが、3年モノD01Jが終わったらジムカーナに出られなくなってしまうので酷使することに。おっと、今日はクラブジェニファーの練習会です。本数保証でタイム記録表の枠が20まであるって事は、20本は走れるわけで、これを全部D01Jで走ると、筑波の第2戦は撃沈必死なわけで…
ということでAZENISで走ってみました、この方が前回とのタイム差が…っと思ったらコースが変わって少し短くなってました。タイム計測の前にフリー練習が1時間あって、計26本走れました。D01Jで走ったらボーズになってたのかなあ…。やっぱり練習会はタイヤの減りを気にしないで済むラジアルタイヤが良いかも?と思いました。あと何と言っても運ぶのメンドくさいし。で、今回はゴール前にサブロクターンがあるんだけど、まだまだ駄目です。フロントLSDが生かしきれません。
★リザルト★
2001年 4月 14日 インプレッサML有志で成田MLを貸切って走行会を行いました。久々のカートコースでしかも初めての成田ML。
まだブレーキのアタリが出ていないせいもあって止まらないわノックバックは起きるわで、2本目くらいまでビビリ入ってましたが、タイムがあまりにも悪いので途中からキレて全開してました。
でもやっぱりタイムは良くなかったです。フロントだけスタビをノーマルに戻して、しかもリアの車高を推奨値よりも1cmくらい上げてあるので、森田名人のコースなら良いけど2速で行くようなコーナーではオーバーステアが酷くてアクセルをまったく踏めませんでした。
さらに帰ってからタイヤみたら剥離しちゃってました。3年ものAZENISもこれで天寿をまっとうした感じ。
★リザルト★
2001年 4月 1日 ブレーキを裏返しにしてから僅か100kmあまりの走行で臨んだジムカーナ開幕戦。やはり、というかアタリが出ないままに走る羽目になった。結果は…今日ってエイプリルフールだったよ。ね…?例年、第1戦のコースは簡単なのだが、今年はそうでもなかった。やはりリピーターが多いのを見越してのコース設定か? 特にギャラリーセクションに非常にいやらしいサブロクターンがある。全日本だってミスる奴いるぞコレじゃ。
  
これからはイベント前には洗車しよう…(写真提供:JASC)

まず練習走行。3年モノのD01Jはどうかな?と思いつつコースイン。前日からの雨でハーフウェットなせいもあり、ちっともグリップしない。で、タイムなんて見る気にもなれないような悲惨な走り。そして完全ドライとなった1本目、イケイケで踏んでみるがタイヤがついてこず、林に突っ込みそうになる。そして2本目はビビリまくって玉砕。車速がのせきれなかったため、ギャラリーセクションのサブロクは全部失敗。サイドを2回引いて無理矢理回りました。それと何故かサイドが効かなくてミスるようになってきたので練習しないとダメです。つーか雨の中をAZENISで走ったために変な癖がついたのかも?
★リザルト★
2001年 3月 24日 前後とか言っておいて何だけどフロントだけスタビを柔らかくした。えせ〜ずの道を歩むものとしては、やはりというかSTi3用のスタビをゲットした。径は18mmだからクスコの21mmに比べて3mmのダウンだ。
交換作業自体はDIYコーナーを見て欲しいのだが、車検前に見なかったブレーキパッドの残量をついでに見てみることにした。その時の写真がコレである。
  
なんと、外側のパッドの残厚3mm、内側が5mmと見事なまでに片減りしてました。しかし車検を通したばかりでパッドを買い換える予算が無いので、とりあえず内と外を入れ替えて見なかったことにします。ローターももうダメだし、金かかるなあ。
2001年 3月 17日 本数走れるという事で有名(?)なジェニファーパワートレーニングに参加してみた。結論から言おう。雨+3年モノAZENISはダメだ! なんのこっちゃ…
という事で、今年初めてのジムカーナだというのに、天気はあいにくの雨模様。しかしSタイヤは手元にない。仕方がないので街乗り用のAZENISで走ることに…。午前中はドライだったので、そこそこイケていたが、やはり雨ではダメでした。特にサイドターンが悲惨で、ブレーキングが終了して、もうほとんどペダルに足のせてる位のフロント荷重が抜けるギリギリなのに、サイド引くと四輪ロックしちゃいます。かと言って車速を落としすぎてもリアが出なくなるだけ。仕方がないのでアクセルで無理矢理曲げてみるが、そうすると曲がりすぎて大カウンターを当てる羽目に…
でも雨+AZENISの組み合わせは、ホント練習になりました。自分が如何にヘタクソか痛烈にわかります。車を前に進めることの難しさと、前に進めるためのヒントがわかったような気(あくまでも気)がしました。これからは、練習会はヘタレタイヤで出ると良いかもしんないとさえ思いました。ただし本番でヘタレタイヤとのグリップ力の違いで撃沈すること間違いなし!でもウデさえ上がれば結果もあとから付いて来る…かな。ついてきてください。マジお願い。
あとセッティングの問題点も見つかりました。フロントのバネもスタビも固すぎ。とりあえず前後のスタビを純正に戻すことを決意。今は前後とも21mmだが、純正はリアのほうが太くて前18mm/後19mmなんですよね。
そうそうジェニファーのパワートレーニングの謳い文句でもある「本数保証」ってヤツですけど本当でした。雨だし時間もおしてて予定の本数は無理だろうと思ったたんだけど、オフィシャルの走行枠を削ってまで走らせてくれました。実は後半は疲れてて、そろそろ帰ろうかと思ってたんだけど「あと2本ですね〜」とか言われて、ついつい走っちゃいました。久々のサル走り感覚。おなかいっぱいです。
2001年 3月 14日 会社をサボって車検を通しに行く。顛末についてはDIYコーナーを参照されたし。2回目であるという余裕から凡ミスをしでかしましたワタクシ。
2001年 3月 11日 そろそろ車検を通そうと思ったので、外観を取り繕うべく(^^; エアクリーナー交換、洗車、エンジンルームの洗浄など実施してみました。
本当は冷却水を交換したいんだけど、そろそろタイミングベルト交換する予定で、その時にはラジエターも外す予定なので、補充だけして交換は延期。筑波1000を走ってからエア抜きしていないのでブレーキフルードも交換したいんだけど、ブレーキキャリパーのO/H中なんで延期。E/G、T/M、DIFFの各オイルもサーキット走ったので終わりかけてますが、車検的には問題ない距離&期間なので、これまた延期(^^;;;
ということで、禁断のエンジンルームクリーナーを2缶買ってきまして、ブローバイとかで汚れている部分にブシュ〜っとやりました。汚れが酷いせいか、1本では足りなかったです。2本買っておいて大正解。
で、クリーナーを水でザバザバと流してエンジン始動。とりあえず快調に始動。そして水気が蒸発すると…うえっ、全然キレイじゃない…。部品に艶がなくなってしまうので、なんだかくすんだ感じで新車の輝きには程遠いです。仕方がないのでアーマオール(艶出し剤、ステアリングに塗ると最悪)をエンジンルームに散布してみました。が、見映えは良いとして焼けたニオイで車内が最悪。
しばらく放置した後、買い物に行くので走らせてみたら、ガクガクと失火しているような症状が出ました。そして、ついにはエンジン停止。終わった…。と、青ざめましたが、よくインパネを観察してみたら燃料系がEより下でした。そういえば筑波1000以来、ガソリン入れてなかったな。交差点でもガス欠症状出てたし。
2001年 2月 23日 インプレッサメーリングリスト(IIEA)の第4回全国オフミが筑波サーキットのコース1000(旧称:東コース)にて開催されました。第3回は欠席してしまったので、2年ぶりの参加となりました。
まあオフ会の方は見なれたメンバーと一緒に走ったりBBQしたりと楽しく過ごすことができたので良かったです。でもきっと皆さんが興味があるのは筑波のコース1000の方ですよね。じゃあ軽くインプレ書きます
まずはコースに出て思ったのは、道幅が広いということ。でも出口でキツくなる複合コーナーが多いので、進入は楽だけど直線で速度を乗せるのはナカナカ難しいと思いました。あとは私が走ったことのあるミニサーキット(他にはSLY,日光C)の中で最もエスケープゾーンが広く、外に飛び出してしまっても安全です。流石にこの辺は筑波サーキットだなあと思いました。あと占有しても筑波サーキットの職員が常に付いてくれています。あまり変なことすると怒られますので御注意を。
不満な点といえば、フラッグが出るのはメインストレートのポストだけで、他は回転灯なんですが、コレがまた目立たない&見にくいっす。それとコースが少し単調な気がしました。攻略できてないヤツが言っても説得力皆無ですけど。そうそう攻略といえば私のタイムなんですが、44秒台しか出なかったっす。マジ遅っ!
来年は全国オフを九州でやるとかいう噂もあります。果たして参加できるでしょうか…往復フェリーだとすると何日休みとればいいんだろ…
2001年 2月 18日 右わき腹が痛いなあと思っていたら盲腸でした。でも点滴打ったら回復してきたので、金曜日の走行会に向けてミッションオイルとデフオイルを交換しました。あれ? エンジンオイルっていつ換えたっけ??
で、今回入れたのは…DIYコーナーを見てもらうとして、トタルのFF用 80w-90の奴、良いですよコレ。まだ街乗りオンリーなので冷えてる時の状態しかわかりませんが、舵角が大きいときにアクセル踏み込んむとフロントLSDが油膜切れ(?)してガツンと衝撃があったんですけど、見事に解消しました。ただ、固めなので冷えている時にはちょっと1速に入りにくいです。
値段もクスコのやつより安いし、何だか得した気分っす。
2001年 2月 4日 昨日のおかげで筋肉痛です。が、やらねばなりませぬ。という事でバッテリー交換を実行。作業の様子はDIYページを見てくださいな。
作業はメッチャ余裕で鼻歌まじりに終了。ついでに計画中のアーシングの為にエンジンルーム内を観察しておく。バッテリーのマイナスから直で行ってる(っぽい)のは、ヘッドライト近辺のアースと、セルモーターまでの極太の線だけ(っぽい)。あと純正でアースしてる(っぽい)箇所は左右のストラットに1箇所づつ発見。
とりあえず左右のシリンダーヘッド〜バッテリー間に2本、オルタネーター〜バッテリー間に1本、左のストラット付近に1本の計4本ほどアース取ってみましょうかね。左右ストラット間はカーボンタワーバーがアース兼用ってことで<馬鹿(^^;
2001年 2月 3日 謎計画を実行。首尾は上々って感じ。でもNAはしばらく取っておこうっと。(謎
2001年 1月 27日 いやあ先週は大雪だったねえとか思ってたら、朝(と言っても10時ぐらいだったけど)起きてみたら…
   
家の窓から見た風景と、身動きが取れなくなった車の図

雪国に変わってました…すごい吹雪で家から一歩も動けず。こんなに降ったのは何年ぶりだろう。
2001年 1月 21日 久々にまともに雪が降りました。1/20の夕方から降り始めた雪は朝には止み、昼頃に車を使おうとしたときの写真がコレ。
  
雪降ろししてくれぇ〜の図

特に意味はないんだけど、雪が積もる事も少ないので記念です。
2001年 1月 14日 昨年末にサーキットを走ってみて車に想像以上のストレスがかかっているような気がしたので、日頃の苦労をねぎらう意味でタイミングベルトでも換えてみるか!とか思ってみた。10万キロで交換って書いてあってまだ5万キロくらいしか走ってないから、まあ大丈夫だろうとは思うんだけどね。
で、スバルディーラーに行ったのは日曜日でした。そういえば日曜日は部品課が休みだから、行っても見積もりは出ないかも? とか思ったんですが、まあ客商売だし何とかするでしょう。きっと。
で、30分くらい待ったかな? コーヒー2杯も頂いてしまいましたよ。そして出てきた見積がコレ。
コード作業内容/部品名称工賃/部品代
11154Wポンプ/パDOHCAC+PS 脱着交換\34,500
X2111AA082ウォーターポンプ&ガスケット\11,200
11550サーモスタット/GKT交換 
21200AA072サーモスタットAY\1,700
03859タイミングベルト脱着交換 
13160AA060T,ベルトセット13028AA072\10,500
13085AA010アイドラCP/ベルトNO2\3,300
13069AA063テンショナアセンブリ,ベルト\4,100
13068AA027アジャスタコンプリート,ベルト\4,950
13073AA142アイドラコンプリート,ベルト x 2\6,000
11350ホース/ラジエータIN交換\7,500
11500ホース/ラジエータOUT交換 
X4511AA000ラジエタホースキット\1,680
X4511AA010ラジエタホースキット\1,960
S0007GA100クーラント x 6\5,100
工賃計\42,000
部品計\50,490
消費税\4,625
やっぱりディーラーに頼むと工賃がけっこう行っちゃいますねえ。でもまあ、こんなもんかあ。と思いつつ、入庫する日が決まったら事前に電話入れますねと営業マンに告げて帰路に着こうとする。で、帰りがけにお約束のヒトコトを聞いてみました。
きち「この車、マニホールド換えてますけど大丈夫ですよね?」
営業「それはちょっと…ノーマルに戻して持ってきていただかないと…」
しかしノーマルは群馬県某所の某S社の寮に捨ててしまったし、第一そんな面倒な事するくらいならショップに頼むって。つーことでタイミングベルト交換は延期とあいなりました。別にハイカム組んでるとかボアアップしてる訳じゃないんだし「吸排気くらい良いじゃん」とか思ったんですけどねぇ。


前の日記 | 次の日記 | 戻る | トップページ