昔の日記です。


●インプレッサ日記(1999下半期) | 前の日記 | 次の日記

1999年 12月 18日 ついに付きました! 等長タコ足!! タコ足サイコー!!!
…はあはあ。詳しくはインプレで。
1999年 12月 5日サラリーマンになって初の海外出張、しかも5日間も行ってきました。お陰で身体はボロボロ。頼んでいたタコ足がようやく完成したが、取付けに群馬まで行くのは諦めました。
  
完成した等長タコ足@BAKU謹製。待ってろよおぉぉぉぉぉおおお!!!(写真提供:高橋名人)

しかし、せっかくの休日に何もしないのは悔しいのでスタビブッシュにグリスを塗ってみた。前回はブッシュ用を塗って全然駄目だったので、今回はモリブデングリスを塗ってみました。とりあえず今の所はグー。乗り心地も良くなった気がする。
1999年 11月 14日千葉県は浅間台スポーツランドで開催されたJAFカップを観戦してきました。全日本とはまた違う、サッカーでいう天皇杯をジムカーナ版にしたみたいなイベントです。インプレッサMLメンバーでもあるAQUAカラーの森吉選手が2位、ふともも星人こと黒崎選手が6位に入賞しました。おめでとう!
さて、イベント終了後のパドックにて
もも崎選手「等長やめとけって、トルク無くなるって!」
とか、
馬場@ばあご〜さん「エキマニ? 外しちゃったよ。Ver.1〜4になら効果あるんじゃない?」
きちきち「って、あの…。ウチのバージョン番号つかないっすけど(涙)」
とか言われました。かなり考えたけど、やっぱり自分で試乗した時の感覚を信じることに決定。
1999年 11月 13日まずは気になってる人のための「アクチュエーターロッド1回転」の件ですが、ジムカーナ3本,高速道路で4速フル加速など試しましたが、今のトコ問題なしっす。3速定常値でブースト0.92、オーバーシュートで1.00かかりました。4速定常値で0.95くらい。
んで、今日は今年最後のジムカーナイベント、C'ジムカーナ第3戦に出場しました。クラスはA4。
  
ここでサイドブレーキぃ! って、ちょっと引くの早くな〜い?って感じぃ〜(写真提供:大久保まう〜さん)

初めてFISCOのNコースを走りましたが、広くてなかなか楽しいコースでした。ただ全体的に傾斜してるので、ブレーキが早すぎたり間に合わなかったり、多少の慣れが必要じゃないかなと。あとはFISCOの入場料がもう少し安ければ言うこと無いんだけど(笑)。え? 結果? 聞かないで。
★リザルト★
1999年 10月 31日タービン煙突を外しました。ミッションおろし&タコ足交換の作業性アップのため、あらかじめ外しておく方が良いとスバル関係者から助言いただいたので。え? タービン煙突って何だって? エンジンルームの中見たらわかるでしょ。
これがまた、ただの遮熱板のくせして、やたらボルトが多いでやんの。しかもタービンの近くだから錆びて固まってるのもありました。1本だけどうしても取れなくて、結局折れちゃうし。で、ボルトを全部外して引っ張ってみるが、何かに引っかかってるらしい。当然の如く、力を入れてグリグリ引っ張りました。そしたら何かが曲がった様な嫌〜な手応え。良く見たら(ってか、下からしか見えないんだけど)触媒のあたりにもう1本ボルトがありました。そいつを抜いて作業終了。ステーがひん曲がったので、2度と付かないでしょう。
でね? そこまでやってタダで終わらないのがこの私。アクチュエーターのロッドを1回転ほど詰めてしまいましたとさ。ブーストがどう変わるか、近々報告できる…かな? ブローしたりして…
1999年 10月 24日知る人ぞ知る、麦(BAKU)スペシャルエンジニアリングに行って相談してきました。いやあ、ショップじゃなくって工場でしたね。無い物は作ってしまおうってな感じで、店(?)のなかは溶接機やら旋盤やら何やら工作機械だらけ。
んで、最初はクロスミッションの相談のつもりだったんだけど…。気がついたら等長タコ足を注文している自分がいました!いや、とにかくパワーが出てるんすよ、これがまた。え? クロスはどうするって? 何の事だっけ?
そうそう、個人売買でGETした中古のクロモリフライホイール、元々はマルシェ製らしいんだけど、BAKUの社長さん曰く「金属が硬すぎて割れる危険性があり、そのままでは使えない」と言われました。熱処理屋さんに持って行って、少し柔らかくするそうです。
1999年 10月 17日筑波ビギナーズの最終戦に出てきました。1本目は細かいサイドを使うセクションで失敗して練習走行の2秒落ち。2本目はタイムアップするも痛恨のパイロンアタック。ようは撃沈。
★リザルト★
1999年 10月 16日10/8の続きだけど、そのスバル関係者の方が、親切にも部品を調べてくれました。その結果、どうやら主な部品代だけで12万くらいとのこと。ちなみに、オリジナルボックスからは依然として連絡なし。連絡来たら報告します。きっと来ないでしょうけど。
1999年 10月 15日はい、コソ練で〜す。群馬県にある関越スポーツランドで練習会があったので行ってきました。
久々だったのでつい、終了後のオフィシャルの走行時間に混じって走っちゃいました。主催者さん、ごめんなさいね。16本も走ったので翌日は筋肉痛になりました。う〜ん、じじいだ。
1999年 10月 11日めっちゃ久しぶりの更新〜♪です、いや仕事が忙しかったんす。9月の残業129.5時間で自己ベスト更新してしまいました。
ひさびさの更新を試みるもネタが無いのですなこれがまた。そうそう、全日本見てきましたよ関越スポーツランドまで行って。で貼るだけでお金が入ってくるカモ(謎)知れないAirWalkerステッカーを入手したのでフォグランプに貼ってみました。それとライセンスBのステッカーをドアミラーの下にペタリ。ステッカー計4枚、気分も4馬力アップで今週末の筑波ビギナーズ最終戦に臨むのであった…。その前にコソ練するけどね。
1999年 10月 8日インプレッサML栃木支部掲示板に出入りしているスバル関係者に質問してみる。ふ〜む、やはりメインシャフトは交換かもしれないとの回答。部品代が結構イキそうですねえ…。その方の行き付けでもある、BAKUという群馬県のショップに相談しに行ってみようという話になりました。ちなみに、オリジナルボックスからは連絡なし。
1999年 10月 4日厚木のオリジナルボックスに足を運んでみる。クロスミッションの話はどうやらうろ覚えで、パーツ代だけで20万なのか工賃も込みなのかハッキリしないとのこと。調べて電話くれるとのことなので、電話番号を告げで帰ることにする。本当はデフのイニシャルの話や、クラッチの状態など相談したかったのだが、忙しそうだった。
1999年 9月 29日STi東京に電話し、ミッションをクロスにしたい旨を告げる。パーツが山ほどあるだろうに、回答は速攻で返ってきた。さすがはSTi。しかし価格は工賃コミで50万とのこと。高い、高すぎる。
1999年 9月 28日カモメで持込みのフロントデフに難色を示された事もあり、持込みOKという広告を出している厚木のオリジナルボックスに電話してみる。クラッチ交換で5万,フロントデフで+3万,クロスミッションは+20万位じゃないかと言われる。
1999年 9月 23日再度カモメを訪ねる。が、インプレッサのミッションはやりたくないと言われる。また、STi東京は良心的な価格でやってくれるだろうとの助言を頂く。ついでに「ウチが断ったと言っても引き受けるショップは、相当な自信があるところだろう。」とも言っていた。
1999年 9月 19日ふと、クロスミッションが欲しくなり、インプレッサWRX RA-STi Ver5でジムカーナしている馬場選手に紹介されたモーターショップカモメに相談しに行ってみる…が、休み。
1999年 9月 12日全日本ジムカーナの観戦に、浅間台スポーツランドに行ってきました。A4クラスの黒崎選手の応援がメインでしたが、抽選で山野選手のサイン入りTシャツを頂いてしまいました。(喜)
昼休みにパドックが開放されたので、全日本のインプレッサでも見てやろうかと思ったら、なんか見慣れたエンジンルームの車がおりました。そう、その車はSTiのVersion2でした。まあ、私のはSTiじゃないけど、古い型でも頑張ってるんだなと思ったら、なんか今の車でもまだまだイケるんじゃないか?って気になりました。う〜練習したい。
ところで、インプレッサのパドックに255サイズのタイヤが置いてあったんですけど…幻? こんなん本当に入るのか!?う〜ん全日本って全日本って…。
1999年 8月 26日とある場所で4速全開でリミッター手前まで加速してみました、クラッチが滑らないか確認してみたかったのよ。カーブが恐いのでちょっとアクセルをオフしたら、これまでに聞いた事が無いくらい大きなバシュ〜って音。ん?ウエイストゲートの大気開放ってこんな感じ??
でも、このクルマにそんな物は付いてない。エンジンが失火したのかノッキングしたのかよくわからんが、とにかくクラッチ切るとエンストしそうだし、空ぶかしでも1000rpm以上あがらない。終わった…。
エンジン降ろすならマウント強化しちゃおうっと♪なんて考えが頭をよぎったが、それどころではない、このままじゃ帰れないもんね! とりあえずエンジンルームを覗いてみる。う〜ん、別にエンジンからはオイル吹いてないみたいだし、排ガスに煙も混ざってない。なにより、回転数は変だけどアイドリングもできる。それにしてもガソリンくさいなあ… と見てたら、見覚えのあるパイプが!?なんか最近外したなあ、そういえば…。賢明な読者諸君はそろそろ気付くだろう、そう、ピッチングストッパー交換の時に外したインタークーラーのパイプが抜けているのだ。
その場でまた作業やり直して、事無きを得ましたが、工具を積みっぱなしにしていて良かったよ、いやホント、マジで。
1999年 8月 22日え〜っと、何だったっけ? そうだ、レゾネータの加工の話ですよね?
レゾネータの取り外しての感想はというと、なんでもっと早く試さなかったの!?って感じ。ブーストがかかっちゃうと違いは良くわかんないんだけど、発進の時にトルク感が増したように思う。
それと、ピッチングストッパーの話は、3速全開からエンブレした時とかに、エンジンと駆動系の間でぐわんぐわんって振動が来てたけど、それが来なくなった。

そうそう、筑波サーキットでジムカーナがあったらしいのよ。
  
嗚呼、こんなにカウンター当ててちゃダメだって・・・(写真提供:高橋名人)

でもね、きちきちインプレッサは練習不足が祟ったのと、2速だか1速だか判断しかねるようなコーナーは苦手だとかで、かなり成績が芳しくなかったらしいですよ。でも本人はフロントにLSDさえ入っていれば…なんてワケわかんない事考えてるらしいです。
★リザルト★
1999年 8月 21日明日のジムカーナにむけて、レゾネータの加工なんつー小細工に挑戦してみました。例によって画像がなくて申し訳ないんだけど作業の内容を説明してみよう…

(1)先ずはジャッキアップして右前タイヤを外しましょう。
(2)続いてフェンダーの内張りとブレーキダクトを外します。
なお、内張りを止めてるピンはディーラーで買っておくと良いでしょう。キレイに外すのは骨が折れますから。私は破壊してしまいました。
(3)Cタイプではレゾネータがバンパーの中に入っています。白い箱のような奴がそう。こいつを取り外します。
(4)ウインカーの下のエアダクトはブレーキダクトに直行してるけど、これの上側にこれでもか!ってくらい穴を空けます
(5)ブレーキダクトとフェンダー内張りを戻して出来上がり。

ここまで作業して本日は終了〜 明日のジムカーナで試します。低速トルク無くなってたらどうしよ。
1999年 8月 14日先週、燃料フィルター交換したじゃないすか、そん時に火災でも出したらシャレにならんので、バッテリーを外したんだわさ。その後は1mも走る事なく土曜日を迎えました。そしたら、エンジンがかからんのよ。
原因はたぶん、ECUの学習内容がリセットされた為だと思う。結局、20〜30秒くらいセル回してたら何とか復活。でも超怪しかった。何らかの設定が飛んだのか、燃料フィルターが詰まってたのか解らないけど、前よりも低速トルクが出るようになりました。
この週末は買い物しただけなので、アクセルを踏み込む機会なし。よって燃料フィルターの効果は不明です。そういや、ピッチングストッパーも換えたんだよな…わからんかった…。
1999年 8月 7日そろそろオイル交換しなきゃヤバイでしょ。っちゅーことで、オイル交換しました。オイルはいつもと同じものをチョイス。
Castrol MTF-S(4缶)  \7,520
TOTAL ZZ-X SPORT\1,580
Castrol XF-08(リッター売り)\3,280
オイルフィルター\1,020
オイルパックリ(4リッター用では入りきらず(-_-;))\380
計(税込)\14,469
それと、走行距離が3万7千超えていたので、燃料フィルターなんつー物も替えてみました。詰まったら悲惨なので早めの交換という感じ。
ついでにSTiのピッチングストッパーに変更。こちらは装着してから走行してないので不明。インタークーラーの脱着が面倒だったので、もうやりたくないと思った。ただ、インタークーラーの下から、クラッチの機構の一部が見えたので、そこにCRC-556を吹き付けたら、クラッチを踏んだ時にギギ〜と言ってたのが収まった。クラッチ板そのものにCRCがかかっていませんように。(−人−)
1999年 8月 1日第4次足回り強化計画 パーツリスト
オートウェーブで東東京のオフ会でした。っつーか、駐車場で足交換しちゃおうという極悪なプロジェクト。オートウェーブさんごめんなさい。m(_ _)m
今回のメニューはというと、アイバッハのバネはちと柔らかすぎるのではないか? ということで、タナベのバネに戻しました。んで、アイバッハは転売〜♪
結果として、車高はまた少し上がってしまいましたが、こっちの足の方がタイムが出せそうながした。
1999年 7月 24日富士高原サーキットで開催されたC’ジムカーナ第2戦に出場しました。クラスはFからA4にアップ。知る人ぞ知る富士高原サーキットは、林の中のカートコースといった感じ。練習走行で1台、本番で1台、インプレッサが刺さっていました(汗)。そういや、リップを吹き飛ばした人も居たな。
で、私はというと、A4クラス20台中5位に終わりました。1本目4位で優勝狙えそうな感じだったのに、2速全開の右ターンから3速にシフトしようとしたら、ギヤがいつもの場所にない・・・(涙)。日光SPのスピマイアタックでも山下りから3速にシフトしようとすると、同じ事が起きるんだよなあ。筑波みたいに3速に入らない所は関係ないけど、M/T降ろす時にはついでにマウントを交換した方が良さそうだ。
1999年 7月 11日日光SPのフリー走行に行ってきました。天気予報が雨だったのでタイヤは持って行きませんでした。
午前中はもうスケートリンクのようでしたが、午後から天気が回復してドライ路面。んでスピマイのコースで1分3秒台のヘタレなタイムでした。ウエットを走った後だと、ドライではブレーキングが早めになりますね。感覚の修正がなかなか出来ずに苦労しました。
水漏れの続報。
リアスポ付け根の水が漏れてきそうな所は、ビニテなんかでとりあえず塞いでみたのよ。んで日曜日にトランク開けたら、また大洪水。どうやら水漏れポイントは左テールランプが怪しいかも。
1999年 7月 4日最近、ジムカーナ始めたせいで、スペアタイヤを降ろす機会が増えたのね。で、時々、水が溜まってる時があるのよ。スペアタイヤの所に。
常々気にはなっていたんだけど、この数日は広島で死者が出るくらい雨が降ったんだわさ。そしたらあんた、スペアタイヤが水没するくらい並々と水が溜まってるじゃありませんか! 原因は…リアスポの付け根のようです。ノーマルからSTiタイプに交換したのが原因のようですね。はい、今回の教訓。リアスポを付け外しする時は、パッキンを換えましょう。私もディーラーに注文しに行ってきます。とほほ。


前の日記 | 次の日記 | 戻る | トップページ