ロマンアルバム21 無敵超人ザンボット3

 

79年に発売された「ロマンアルバム21 無敵超人ザンボット3」です。

多くの人々をトラウマに陥れ、現在も世代を超えて陥れ続けているであろうあのザンボット3のロマンアルバムですよ!!私がこのアニメを見たのは2000年頃、大学生の時でした。当時読み漁っていたいろんなアニメ研究本で「このアニメは絶対見とけ!すごいから。」みたいに紹介されていたのと、単純に絵柄が好きだったのがきっかけです。期待を裏切らない、評判通りいろんな意味ですごい内容でしたが、これが結構気に入って未だに忘れられない心に残るアニメの一つになっています。有名なエピソードだけがクローズアップされがちですが、普通にイイ話的な回もあるんですよね。

 

この本を購入したのは視聴から数年経ってからですが、放映当時の雰囲気が感じられて素晴らしいです。本全体から70年代特有の古臭さを感じます。このムックに限らず他のジャンルの本や雑誌にしてもそうなんですが、80年代に入ってからの本は今読んでもそんなに古臭さを感じないのに70年代の物は本当に「古い!」と感じます。単に自分が「80年代は子供だったとはいえ、その時代を知っているけど、70年代は一切わからない未知の世界」・・・だからそう感じるんでしょうか。60年代や90年代生まれの方に読み比べてもらえばそのあたりがはっきりするかもしれません。

 

そんなことはどうでもいいとして、声優さんのインタビューが載ってるのがイイですね。大山のぶ代さんがドラえもん以外の役について語っているのはあまり見たことがないので、すごく貴重だと思います。しかも、肯定的に語られてるところがファンにはまた嬉しい所ですね。

内容としては、この声優さんのインタビューと各話あらすじ、名場面集(有名なトラウマシーンは全て網羅)、スタッフのコメント、キャラ&メカ設定、ファンの方々の対談やグッズ紹介、付録の巻頭ポスター(表は勝平・裏は恵子スペシャル)など充実の一冊!

この頃の安彦さんの絵柄が好きで、主役の勝平・宇宙太・恵子の3人のキャラデザインがとても気に入っています。すごくバランスがイイんですよね。昆虫みたいなヘルメットと戦闘服も可愛い、そして私服も70年代らしくてオシャレ!3人とも小柄に描かれてるので最初は小学生かと思ったんですが、実は中学生だった所もツボでした。小学生じゃちょっと子供すぎて個人的にノレなかったりするので、私としては中学生がちょうどいいです。

ツッコミ所(?)としては、富野さんの写真が載ってますが、めちゃめちゃ若いです!!髪の毛があります!!金八先生みたいです!!ダンバインのムックに載っていた写真も若いけどそこまで衝撃を受けなかったというか・・やっぱり金八ヘアがインパクト大なんでしょうね(笑)。裏表紙がまた素敵ですよね。往年のアニメ歌手の方々が若い!!アニキの典型的な70年代スタイル・・。

富野さんも、アニキもこのムックに載っているスタッフの方々もみんなきっと30代ですよね。今の自分と同世代か、もしかしたら私の方が上なのか・・・。今の30代と全然違う・・。若いのに大御所の貫録ありすぎ!!

                                                                            

 

 

                                                                             13年3月10日 記