「テレビジョンドラマ 特集 太陽にほえろ!」

  

 

「テレビジョンドラマ」の86年1月号、「太陽にほえろ!」特集です。これは自分で入手した物ではなく、「太陽にほえろ!」にハマっていた時に交流させていただいていた方からの頂き物です。

 

表紙は、ドック・デューク・ボス・トシさん・マイコン・マミー・ブルースで、番組もかなり終盤に近付いた頃のシリーズですね。この頃になるともう全然流れがわからないです・・。

リアルタイムでは、小学1年生の頃なので記憶があるとすればこっちの方のはずなんですけど・・。でも、太陽にほえろ!を見た(というか、偶然TVで映してあった)記憶があるのは本当に小さい頃(幼児期)なので、逆に「こんな頃まで続いてたのか〜」と驚きでした。

 

それで内容の方なんですが、表紙・裏表紙は85〜86年なのに中身はかなりタイムスリップしていて、テキサス・ボン・スコッチの特集号になっています。この3人が出ていたのは75年頃なので、発売された当時としても随分懐かしい内容ですね。表紙の写真だけ見て購入して内容に驚いた人も多いのでは・・。85年組の刑事達の記事もほんの数ページだけ載ってますが、あとはみんな70年代。他は、賀来千賀子さんのインタビュー(「太陽!」関連ではなく他のドラマ)と大野克夫さんのインタビューが載っています。

特集と言っても、名場面と共に登場編(スコッチは異動編(?)も)の流れを振り返るというもので、スカパーやDVDで簡単に本編を視聴できる今となっては内容自体はたいしたことがないかも・・。

ただ、70年代の「太陽!」に関してはカラーページはありませんが、他では見たことがなかった写真が結構たくさん載っていてうれしかったです。撮影の合間のスナップ写真のような物から撮影終了後、撮影用にカメラ目線で笑顔、というのも多くてなかなかイイです。特にスコッチ編の最終回の撮影後の集合写真なんか、みんなニコニコ笑顔でかなり和みます。こうしてみると、本当にたくさんの写真が撮られていて、しかもいろんな所に散らばって載ってますね。他にも週刊誌等の芸能雑誌でもいろいろ特集が組まれていたりするし、集め始めるときりがないです。

 

それにしても、裏表紙のデューク刑事はカッコいいですね。私は金田さんって全然知らなかったんですけど、親に聞いたら「金田の息子やん」と言われました。まぁ、金田という名字の男性は全員「金田の息子」ですよね・・・。全然答えになってないと思うんですけど、ネットで調べたらその意味がわかりました。

そして、その後少ししてから「午後は○○おもいっきりテレビ」の生電話のコーナーにゲスト出演しているのに偶然遭遇して、「おお!この人かぁ〜!!」とビックリしたものです。結構面影が残ってました。

 

                                       

                                   13年7月1日 記

2