ミスター味っ子 うまいぞーBOOK

 

89年に発売された「ミスター味っ子 うまいぞーBOOK」です。

ミスター味っ子は小学生の頃にリアルタイムで見ていたとても思い入れのあるアニメです。再放送も多かったため見る機会が多く、放送終了後も数年周期で「ハマり」の波が訪れるのですが、これは3〜4年前にそのハマり周期が訪れた時、DVD購入に合わせて入手した物です。

 

文庫小説サイズの小さな本で、内容はキャラ紹介と名場面集、そして今川監督のロングインタビューになっています。キャラ設定や各話あらすじ等、アニメムック定番の記事はありませんが、味っ子唯一のムックなので貴重ですね。最終話までやった後に発売された物なので、ロングインタビューがすごくまとまってます。読んでて「なるほどなぁ」と納得の愛あるコメントが素晴らしいです。ただ、残念なのがインタビュー以外は放送途中ですでに仕上がっていた物なのか、終盤の記事がないことです。それであのある意味トラウマ必至(少なくとも、私はそう思います・・(^_^;))の怒涛の超展開までの流れが追えていないのが中途半端だなぁという感じです。これまでの無駄にハイテンションだった人情グルメアニメが最終話にかけて急にエライことになってしまうんですよ。あのあたりはぜひ解説付きで読みたかったです。

味っ子は99話もあって、どれがどんなエピソードだったのかサブタイトルを見ただけでは思い出せないので、簡単なあらすじ紹介も欲しかったところ・・。そしてやっぱり設定資料も・・。あと、良い点はアニメーターさんの描き下ろしカラーイラストが可愛いですよ。

とても人気のある作品だったのに、このミニサイズのムックしか発売されなかったなんて意外でした。アニメディアやファンロードが出してそうなイメージだったんですけどね。

 

ウケたのが、陽一君達メインのキャラ以外の料理人を紹介するコーナーのタイトルが「ヘンタイ料理人図鑑」となっていた所です(笑)。確かに、登場する料理人達はどいつもこいつもアクの強い変な奴ばっかりなんですけど、堂々と公式で「ヘンタイ」呼ばわりされてるところが・・(^_^;)。あと、味っ子名物のトリップシーン特集!味王様が大阪城を破壊するシーン(巨大化した味王様のあおりの構図がまた笑える・・)とかお茶漬けから桜の木が生えてくるシーンとかが名場面扱いされていて笑えます。入院していた味王様が車イスに乗ったまま病院の階段をかけあがるシーンもあったっけ・・w

味っ子って日常生活を舞台にしたアニメなのに、光ったり爆発したりするシーンがアクションアニメ並みに多いと思います(笑)。そういえば、パロディなのかどうなのかわからないけど全裸飛行シーンもあったっけ・・・。とにかく一見の価値ありなアニメです。

 

                                                                            

 

 

                                                                             13年3月10日 記