ジ・アニメ特別編集「機動戦士Zガンダム」PART1・2・3

 

85〜86年にかけて発売された ジ・アニメ特別編集「機動戦士Zガンダム」のPART1・2・3です。

Zガンダムの全話レビューをしている間に入手しました。画像はつい先程気が付いたのですが、間違えて左から3・2・1の順番に並んでます・・。「2」の表紙はよくある構図で普通ですが、1と3の表紙はなんか怖いです。特に3がヤバいです(笑)。あっちの世界に連れて行かれる寸前ですね・・。

Zガンダムほど資料本が必要なアニメも珍しいと思います。物語に相当入れ込んでいる人でなければ本編だけで付いていくのは難しいと思います。ちなみに私はレビュー中、1話ぶんのエピソードを語るのに資料本片手に本編の視聴を3回づつくらいしてました。それでもあまり理解できなくて、未だに半分くらいしかわかっていないかも・・・。

 

内容は、「1」に1〜17話、「2」に18〜34話、「3」に35〜50話(最終回)までのそれぞれの名場面・設定資料・スタッフの方々のインタビュー・パロディコミック・ポスター等の充実した内容になっています。ちなみに、「3」には後番組のZZの資料やポスターが付いています。

そんな感じで、一見普通の資料的価値あるムック本になっているのですが、この本が他のZガンダムの本と違っているところは、3冊に渡ってカミーユのエロティックなイラストが載っているということです!!!3冊あれば1冊くらいは女性ファンを喜ばすためのそういうイラストがあってもおかしくないと思うんですが、カミーユは3冊に渡って、1年間に渡って女性ファンの目の保養に一役買ってくれたのです!!どんなイラストかというと「1」は裸バスローブ、「2」は裸ネグリジェ(?いや、多分正式にはネグリジェではないと思うけど・・)

「3」はオールヌードで寝そべり という、今の言葉でいえばまさに「誰得」なイラストが描かれているのです・・・。このエロカミーユ3部作、しかもオチ(?)はオールヌード・全裸・ぜ・ん・ら(ハート)という27年越し(この本を入手したのが2012年だったから)の衝撃のサービスカットに私は眩暈がしました。生きててよかった、そして難しい訳のわからないストーリーを途中で投げ出さず、無理やり全話レビューしてよかった・・と改めて思ったのです。これはきっとカミーユからの「1年間応援してくれてありがとう」というメッセージだと勝手に解釈しています(爆)。カミーユは「中性的な美少年」という設定があるんですが、ヌードもそんな感じでもっちりすべすべツヤツヤという感じです。とにかくファンは一見の価値アリ!!

 

あと、カミーユだけでなく、他のキャラのサービスカット(?)もあって、ファの裸カッターシャツとかエマの水着とかベルトーチカのトレーニングウェア(パンチラ有)、そしてジェリドのホットパンツ姿(美脚披露!)等もあるので男女問わず楽しめると思います(笑)。普段本編では軍服かいつもの普段着しか出てこないので、こういうサービスカットは嬉しいですね。

 

それにしても「ジ・アニメ」というのが時代を感じますね・・。自分がアニメファン世代になった時には既になくなっていた雑誌です。当時は他にも「マイアニメ」とか「アニメック」とかいろいろあったようなんですが、まさか揃いも揃って翌年に廃刊になってしまうとは・・。

                                                                             

 

                                                                             13年1月30日 記