ドラえもん懐かし映画グッズ

映画公開時にもらえたグッズの紹介です。

今では映画館にいかなくても(行けなくても)「オークションでそのうちに出品されるだろう」とあまり貴重な感じはしませんが、昔はそこにいかなければ一生手に入らない(大袈裟だけど、子供の頃〜高校生くらいの時まで本当にそう思ってましたよ・・)と思っていたので、もらったグッズは大切に保存していました。

あとは、子供の頃限定だけど紙でできた帽子(サンバイザーみたいな物で後ろは輪ゴム等で止める・・)も貰えました。映画館で映画が始まるまでの空き時間に帽子を作り、被ったまま鑑賞し、映画が終わった後も被ったまま街を歩く・・・。街を歩いていると同じ帽子を被った子が何人もいて「あ、あの子も今日映画に行ったんだな・・」と勝手に親近感を感じるグッズでした(笑)。ああいう帽子は「東映まんがまつり」とかでももらえたと思います。今のア二メ映画でも貰えるんでしょうか。何はともあれ懐かしいグッズですね。

 

「魔界大冒険」か「宇宙小戦争」か「鉄人兵団」を見に行った時にもらったバッジです。

すごく大きく見えますが、画像が大きいだけで実物はこれよりも2回りくらい小さいです。外側の黄色い部分は蛍光(夜光?)塗料が塗ってあって暗いところで光るようになっています。

このバッジ以外にも、銀行とかのキャッシュカードやクレジットカードみたいな硬いプラスチックでできたメンバーズカード(?)のような物ももらえました。それはドラえもん・ハットリくん・パーマンのイラストが付いていたような気がします。

 

「ぼくたち21世紀人」ってまさに私達のことですよ。2001年っていうのも、当時は遥か先の話と思ったものなんですが、95年あたりからが、それはもう早かったですね〜(苦笑)。

そして、ドラえもんど真ん中世代の70年代半ば〜80年代半ば生まれの人達はちょうど21世紀初頭に成人する、期待された世代のはずだったんですが・・・まぁ、こんな感じでパッとせず結局子供時代を引きずったまま単に年だけ取ってしまったというのが数多くいる世代でして・・藤子先生や当時のア二メスタッフの方々には申し訳ないという思いでいっぱいです^_^;

 

「パラレル西遊記」を見に行った時にもらった3Dシールです。

 

角度を変えると光の加減でいろんな色に見えます。ただそれだけなんですが・・。当時の特典はこのシール1枚だけだったんでしょうか?

 

これ、写真に撮るのに苦労したんですが、なかなかイイ感じに撮れたと思います。

 

「雲の王国」を見に行った時の「ドラコプター」です。

私のはドラえもんカラーの青でしたが、赤とか黄色とかいろんな色があるんですよね。

 

当時はもう中学生だったんですが、「中学生でももらえるかな?」と心配したのを覚えています(笑)。でも、ちゃんともらえたのでとても嬉しかったです。ちなみに、次作の「ブリキの迷宮」の時は「小学生まで」ということでもらえなかったんですよ(泣)。

 

ドラえもんの頭の上のタケコプターに上から息を吹きかけると前に進むという物でした。80年代のバッジやシールに比べると豪華になってます。

 

右のは入っていた袋です。こういうのを保存しだすともう子供ではないというか、マニア道への入口ですよね・・。

 

 

「宇宙漂流記」の時の「ミニドラシャトル」です。

これはドラえもんはみんな同じで、シャトル部分にいろんな色があったんでしょうね。でも青+青の組み合わせ(あったんでしょうか??)が当たったらちょっとイヤかも・・・。

遊び方はチョロQと同じです。

 

実はこの映画は見てなくて、同時上映の「のび太の結婚前夜」のみ見たんですよ。この頃は「ドラえもんズ」が登場して、徐々に今までと違う方向に行き初めていた時期だったので、見送ったんだったと思います。

12年4月14日 記