きれいな字を書こう 小学生の漢字   小学校で習う漢字を指導要綱に基づいてきれいに書くお手伝いができれば幸いです
HOME  きれいな字とは 無料講座 有料添削講座 お問合せ サイトマップ リンク
HOME>きれいな字とは>漢字・ひらがな・カタカナの書き方
きれいな字とは
きれいな字の書き方
正しい姿勢
正しい鉛筆の持ち方
字形の整え方
筆順の基本
漢字の書き方
ひらがなの書き方
カタカナの書き方
教科書体
教育漢字(小学校で習う漢字)

硬筆下敷き
 漢字の書き方
漢字(楷書)は紙の上に鉛筆を一度止めてから書き出します
字形がしっかり止まっていることが大切です
どっしりと落ち着きのある形に整えましょう


 基本線
 横画・・・始めは細くだんだん強く太く書きます  
      終わりのほうが強いので打ち込みません
 縦画・・・頭を強く太くしっかり打ち込み、下まで力を抜かないで引きます    
 右はらい・・・打ち込みます だんだん力を抜いて細い線にします
 横画は右上がり平行に 縦画はま下へ
 何本もある横画は右上がり平行にそろえます  あきもそろえます
 縦画のはらいは頭を強く力を入れて書き始め、下1/4程からはらいます
 折れ
 縦長い形・・・真下に折る
 横長い形・・・中へ折る
  *「口」の下の横画は右に出す
 手書き文字と活字体との違い
 「百白」活字体ではどちらも縦画はま下です
 「百」は縦長い形でま下 「白」は横長い形で中へ
 右はらい
 右はらいは一度止まってから横にはらいます
 一度止めること、方向を変えてはらうことがポイントです


 ひらがなの書き方
ひらがなは漢字から作られました
右の漢字がだんだん変化して左のかなになったのです

2つの結び方の違いも元の漢字の形が違うからです
・三角に結ぶ(三角結び)・・・ほまなす  
 123とリズムよく三角に結びましょう  
 メリハリがついてきれいに結べます
 
 真下より少し左に入れて軽く止めて三角にするときれいに結べます
 上の横画の左を長く
 結びは横画より出ない
 中心で止まって三角に結ぶ
 横画は左を長く
 左縦画より結びが下に出ない  縦画の中心で三角に結ぶ
 横画は左を長く

・平らに結ぶ(リボン結び)・・・はよぬ
 左横に引くときれいな形に結べます
 結んだら右下に長く引くと安定よい結びになります
 左縦画より結びが下に出ない
 結びの下をあける
 結びの下をあける
 横画は右上がり
 

・結びの形についてのまとめ
 ひらがなの結び方は元の形によって2つの形になります
 元の漢字がひらがなに変わっていく形を見るとどうして三角になるかがわかると思います
     
 三角結び・・・ほ保 ま未 な奈 ね祢
 リボン結び・・は波 よ与 ぬ奴 (結んだ形がリボン(蝶結び)片方のようなので) 

書写の専門の先生のいない小学校では全ての結びを下のようなリボン結びで教えていると思います
お子さんに教える時には注意してください
違いを理解できるようになるまではリボン結びで統一した方がいいでしょう


・丸く払う・・・もやお
 次に画があるときはその画に向けて丸くはらいます  つながりよくはらいましょう
 「も」と「し」はよく似ていますが、払う方向が違います
 次の横画に向け丸く払う  点に向け丸く払う
 点は右上の高い位置に打つ
 次の点に向け丸く払う
 長い斜画が上に長く出る


・縦画を中心の左にずらす・・・おむ ねれわ   
 字形は左右のバランスが大切です
 縦画の右側に大きく広がる字形は縦画を中心の左にずらしてバランスを整えます 
   
縦画は中心の左に
肩山は丸くしない
縦画は中心の左に
点は高い位置に
縦画は中心の左に
肩山は丸くしない
縦画は中心の左に
点は高い位置に
縦画は中心の左に
大きく回して中を広く

 カタカナの書き方
カタカナは漢字の一部分から作られました  漢字と同じ書き方です  力強い線で書きましょう
縦画と横画は力の入れ方が違います
 
 縦画・・書き出しを強くします  しっかり打ち込んで太い線で書き始めます  同じ力で下までゆっくり引きましょう
 横画・・だんだん強くします  書き始めは細い線でだんだん太くなって終ります
 左払い・・縦画と同じように打ち込みます  太い線で書き始めだんだん力を抜いて先が細くなるようにはらいましょう

 


▲このページのTOPへ