Radis 公式ウェブサイト

Radis
DICOM形式医用画像ビューア
DICOM (Digital Imaging and Communications in Medicine) Viewer
Radisはフリー(無料)で使用できるDICOMビューアです。

引越しました。新しいサイトはこちらです。

(2011年2月15日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終更新日 2011年2月14日

最新版の情報

最新版ダウンロード Version 1.2.0  対応DICOMファイルを増やしました。

旧版ダウンロード version 1.1.1  LZH形式。

旧版ダウンロード version 1.0.0  LZH形式。


☆注意☆

●本ソフトウェアは厚生労働省の薬事承認を受けていませんので、実際の診断行為に使用すると問題が生じる(法令等に抵触する)可能性があります。
●実行には.NET Frameworkが必要です。お使いのPCにインストールされていない場合は、ダウンロードファイル内のreadme.txtをご参照ください。


主な機能

●フォルダドラッグによる画像のオープン
●画像のズーム、移動
●リアルタイムのウィンドウ変更
●長さの計測
●複数検査の比較表示
●ピクセルマッピング
●MPR -- multiplanar reconstruction
●DCMTKやMedConの機能を借りて、Jpeg圧縮されたDICOMファイルを開く

次期バージョンへの意欲(2011/2/5記載)

日常業務に忙殺されて、自分の作ったこのフリーソフトのことをすっかり忘れていました。2011年になったある日、radisとdicomでgoogle検索してみました。以前は、このウェブサイトや自分の書いたブログ、Vectorの登録サイトしか出てきませんでしたが、今回は違いました。Radisのことを書いたネット記事がいくつか見つかったのです。

http://blogs.yahoo.co.jp/shima_gonn/11532334.html

http://enjoy-job.cocolog-nifty.com/rsbase/2010/01/dicom-viewer-mp.html

http://iryofree.sblo.jp/article/36060501.html

http://freesoft.atgj.net/Entry/4/

思いもよらないことです。重い腰をあげて、再び開発に着手しようという気になりました。

5年前とはずいぶん状況が変化しています。(1)まずPCの進化には目を見張るものがあります。あの当時は、Pentium4(もちろんシングルコア)の2-3GHz程度のCPUと、1GBのメインメモリ、Windows XPが普通でした。現在なら、10万円のデスクトップPCには、Core i7 3GHzと8GBメモリがついてきます。私のプログラムは当時は遅いものでしたが、今ならすいすい動きます。これは、あまり最適化のできない素人プログラマーには願ってもないことです。(2)CT,MRI,PETの進化もすさまじいものがあります。当時は64列CTが出始め、PETからPET-CTに変わり始めたころでしたが、今ではこれらが普通になっています。(3)ところが、フリーのビューアーはあまり進化していません。MacであればOsiriXがあるので問題ないのですが、Windowsには良いフリーのビューアーがありません。PET-CTをすいすい表示できるようなものはありません。ImageJとか、XMedConとか、DICOMプラグインをつけたIrfanViewなどで、とりあえず表示はできるものの、快適とはいえません。

そんなわけで、5年前の自分が書いたプログラムを読み直しているところです。

最優先にしている課題は、読めないDICOMファイルを減らすことです。おそらくダウンロードしてくださった方の多くが、1度目の起動で、読みたいファイルが開けなくて、2度と起動しないという状況になっているだろうと想像しています。

リリース時期は、2月中を目標にします。

 

未実装の機能:これらが必要な方は高性能なビューアをご使用下さい。

●以下に示す3次元機能はいずれも未実装
 ○MIP(maximum intensity projection)
 ○surface rendering
 ○volume rendering
●スライス厚が異なる場合にスライスレベルの整合性を保つ
●PET-CTの表示
●DICOM通信(サーバとの交信)


既知の不具合、仕様の問題

●BigEndian形式のDICOMファイルを読めない。
●2検査でスライスレベルを合わせての移動ができない。画像単位で移動してしまう。
●3画像以上開いたときに特定2画像のみを選択する機能がない。全選択 or NOTしか選べない。

更新履歴

2011/2/5 なんと5年ぶりに更新した。

2006/2/3 見た目を手直し。スクリーンショットを加えた。

2006/2/2 バグを修正したVersion 1.1.1を公開しました。同時にVectorにも差し替え依頼しました。

2006/1/31 MPRを可能としたVersion 1.1.0を暫定公開しました。数日間のバグチェックをクリアしたのち、Vectorにアップします。

2006/1/18 Vectorに登録され公開開始されました。今後もバージョンアップを施していく予定ですので、よろしくお願いいたします。

2006/1/17 リンク集にDICOMViewerを加えた。

2006/1/14 本サイトを立ち上げた。


前略 検索エンジン様  平素より大変お世話になっております。このウェブサイトは、以下のキーワードと関連付けてくださいますようお願いします。
DICOM,CT,MR,MRI,PET,RI,CR,MPR,multiplanar reconstruction,medical image,viewer,free,freesoft,Windows,PC,radiology,C#,
ダイコム,再構成,医用,画像,ビューア,ビューアー,ビューワ,ビューワー,フリー,フリーソフト,読影,放射線科,放射線医学,核医学

メール radis2006(アットマーク)gmail.com  平田健司 1