京都学園大学 サッカー部 ホームページにようこそ

Counter

 

 

受験生の方へ

 

 

 

 5/21vs近畿大学 最後のPKをセーブし、本学を勝利に導いたGK21衣川です。

 

 

 5/21vs近畿大学 祈りが通じました。

 


 

 5/21vs近畿大学 途中出場して名誉の負傷の15パイナップルユウキです。本人ご希望によりムリヤリ登場です。

 

 


 



 
 

 

 
 
 
 
 
 
INFORMATION 

2016.5.21

 

【速報】

 5/21(土)関西学生サッカー選手権大会 vs近畿大学(京都学園大学G)○0:0(0:0)延長0:0(0:0)PK(10:9)で勝利です。

 

 現在1部リーグ4位の近畿大学を相手に、今季最高の試合を見せました。まさしくフルセットの上の今日の勝利は、リーグ戦後半の大きな弾みとなります。明日(5/22)はvs関西大学(大阪体育大学G)15:30kickoffです。応援よろしくお願いします。

 

 

2016.5.15

 5/15(日)関西学生サッカー選手権大会 vs滋賀大学教育学部(京都学園大学G)○14:0(5:0)で勝利です。

 快晴。給水タイムが設定された暑い日差しの中、13:00kickoff。開始早々から相手エリア内での攻防。ゴールを狙います。そして【4分】66内田のセンタリングに18福井がジャストミートで先制点です。【15分】今度は18福井がセンタリング、7今野が走りこんでの2点目です。【19分】59長束センタリングに18福井が合わせて3点目。【34分】59長束のパスに8西村シュート4点目。【44分】18福井から8西村へのパスで5点目となり、ハーフタイムです。【HT】55中村in43中川out、10八田in59長束outで2枚代えて、攻撃力upします。

 後半も開始早々から相手ゴールに迫りますが、シュートは枠を捉えません。何度かの決定機を逃しながらも【53分】18福井から8西村へのきれいなパスで6点目となります。相手のプレッシャーも弱くなり、足も止まり始めた【57分】7今野からのパスを10八田がドリブルでDFをかわして7点目。直後の【59分】18福井へのスルーパスが通ってそのままゴール前までドリブルしてシュート8点目です。【62分】今度は10八田へのスルーパス。出てきたGKをきれいにかわして9点目です。【64分】8西村が10点目。【67分】15メンデスがドリブルで持ち込んで11点目です。【70分】15メンデスが12点目。【90+1分】オウンゴールで13点目。【90+2分】15メンデスが14点目を決めて、ゲームセットです。

 前半で試合を決めたゲームで、守備も今季初の0点です。左右中央と多彩な攻撃も展開できましたが、決定的なチャンスを逃す場面も多く、フィニッシュが課題です。次の相手は一部の近畿大学。強いプレッシャーで、ミスも少なく、こちらのミスを見逃さない相手です。少なくなるであろう決定機を決めきらなければ勝ち切れません。プレーの精度とフィニッシュの精度を高めて挑みます。今日も多くの応援感謝いたします。来週もホームゲーム応援よろしくお願いいたします。

2016.5.7

 5/7(土) I リーグ vs京都大学(京都学園大学G)△2:2(1:2)で引き分けです。
 曇り空、13:00kickoff。序盤、本学ペース。そして【9分】10八田がドリブルで持ち込んでセンタリング、15メンデスがきっちり決めて先制点を奪います。流れに乗りたい本学ですが、パスのタイミングが合わず、前にボールが出せない中、【15分】本学ゴール前の混戦で一瞬フリーとなった相手FWに同点にされてしまいます。その後は相手に流れを持っていかれ攻め込まれるシーンが多くなります。GK小野とDF陣が踏ん張りますが【40分】GK小野のはじいたボールを詰められて逆転を許してしまいます。本学の攻撃はつながらないまま、ハーフタイムです。

 後半、HTで修正したDF陣が安定した守備を見せます。相乗して攻撃陣も流れをつかみます。相手は前線からプレッシャーを厳しくしてきますが、【75分】15メンデスが短いドリブルで相手DFをかわして、同点打を決めます。本学の流れは変わらず波状攻撃となります。しかし再三のチャンスはバーにはじかれ、追加点を挙げらないままゲームセットです。

 結果は引き分けでしたが、前半の課題をHTで修正して、後半、本学らしい攻撃を久しぶりに見ることができました。本学のシュート数は19本。相手GK,DFの好セーブもありましたが、チーム全体にとってこれまでの流れを断ち切ることができたような気がします。後半戦、ご期待ください。

2016.5.6

 5/4(火祝)vs神戸国際大学(京都大学農学部G)×0:1(0:0)で敗戦です。

 曇り空、15:15kickoff。ボールは廻すものの、最前線に通りません。何度かシュートに持ち込みますが、GK正面。展開は五分五分でハーフタイム。

 後半、相手ゴール前にセンタリングは入るようになりますが、最後が合いません。そんな中、【55分】中盤の攻防からロングパスをゴール正面に合わされて、先制点を与えてしまいます。【59分】10八田in(43中川out)、55中村in(59長束out)2枚を同時に変え攻撃に変化を求めます。しかし、ドリブルも相手に挟まれ、細かなパス廻しもカットされて前に出ることが出来ません。【77分】88栢原in(95野原out)前線に厚みを持たせます。しかし、相手の守備が固く最後まで崩せずフィニッシュできないままゲームセットです。

 後半守りに入った相手を崩せず、ロングパス一本に泣いた試合でした。本学の後半のシュート数は0本。全ての課題がここにあります。

 今日は連休の中日。多くのOBが見守る試合でしたが、申し訳ない結果となってしまいました。前期5試合終了して1勝3敗1分、リーグ9位、関西選手権でしばらくリーグ戦は休みです。残り4試合、上位陣との戦いに向かってチームを立て直します。これからも応援よろしくお願いします。

 


 5/3(月祝)vs大阪学院大学X(大阪学院大学千里山G)×0:3(0:1)で敗戦です。

 曇り中、14:15kickoff。 I リーグ開幕戦。本学精力的に前に出ますが、【16分】サイドを抜けられ先制点を奪われます。その後、本学は決定機を何度か迎えますが、ゴール枠をとらえることが出来ないまま、ハーフタイム。
 後半も、本学は決定機を何度か作りますが、フィニッシュが決まりません。【65分】17黒田in(81日下部out)サイドの展開を広げます。しかし、【77分】スルーパスを通されて2点目を失います。【84分】ロングパスを通されて3点目を失います。本学は【89分】6山田in(40木造out)して何とか打開を図りますが、そのままゲームセット。
 決定的なシュートを決めていれば、引き分けのチャンスもあったでしょう。決めたか、決めなかったかが全てです。

2016.5.4

 速報

 5/4(火祝)vs神戸国際大学(京都大学農学部G)×0:1(0:0)で敗戦です。

 5/3(月祝)vs大阪学院大学X(大阪学院大学千里山G)×0:3(0:1)で敗戦です。

2016.5.1

 5/1(日)vs大阪大谷大学(京都学園大学G)○2:1(1:0)で勝利しました。
 快晴の中、13:00kickoff。双方様子を見ながらのゆっくりとした出だし。そして【10分】55中村がドリブルで抜け出しセンタリング、43中川が合わせて今季初の先制点を奪います。リズムに乗りたい本学ですが、ボール支配するものの前へのボールがつながりません。逆にゴール前の混戦に持ち込まれるシーンが多くなりますが、GK衣川の好セーブでしのぎ、ハーフタイムです。HT10八田in(8西村out)

 後半、開始早々【48分】代わったばかりの10八田がスピードに乗ったドリブルで崩してセンタリング、中央43中川がヘディングで決めて、待望の追加点です(43中川todays2goal)。【64分】サイドをパスで崩されて中央ノーマークで失点します。【71分】22東in(59長束out)して足を使います。【75分】24中風in(66内田out)守備を固めます。終盤、相手の足は止まり始めますが、パスカットされて逆にゴール前までボールを運ばれてしまいます。GK衣川が踏ん張って、ゲームセットです。本学の時間帯にリズムに乗れず、シュート数も少なく相手の精度の甘さに助けられたゲームでした。

 待望の初勝利です。交代選手も活躍し良い感じで試合終了できました。中二日のGW連戦、この流れを維持して次節に挑みます。今日はOBも来てくださり、汗ばむ暑さの中、多くの応援に助けられました。次節も応援よろしくお願いします。

2016.4.27

 4/27(水)過去の写真をupしました。2011年度〜2006年度分です。とりあえずリーグ戦の過去10年間の写真の整理が出来ました。その他の写真も順次upしていきます。

 OBの皆さんにはご迷惑をおかけしました。昔のユニホーム、土のグラウンド、懐かしい顔です。ご家族でお楽しみください。
 ギラギラしたハングリーな時代を思い出し、初心に戻って今を戦います。

2016.4.25

 4/24(日)vs大阪大学(京都大学農学部G)△1:1(1:1)で引き分けです。
 快晴の中、15:15kickoff。序盤からボールが良く動きます。本学は積極的に前を向きますが、フィニッシュのリズムが合いません。そんな中、【22分】サイドをパスで崩されてのセンタリングに、中央ノーマークでヘディングされ先制点を奪われます。失点後も本学はあせらず何度もチャンスメイクし、徐々にリズムが合い始めた【32分】43中川がサイドをドリブルで切り込みセンタリング、それを中央に走り込んだ8西村がジャストミートして同点とします。攻撃のリズムに乗り始めた本学は、その後も決定機を作りますが、相手GKの好セーブに阻まれ追加点を上げられないままハーフタイムです。

 後半、本学は相手エリアに攻め込みますが、相手もゴールを脅かし、終盤まで一進一退、ぎりぎりのゴール前の攻防が続きます。最後は、相手に攻め込まれましたが、ゴールポストに助けられ、ゲームセットです。

 徐々に調子は上げているものの、開幕からの3試合、同一時間に先制点を奪われ、苦しい展開に自ら陥っています。特にパスを奪われる場面も多く、本日後半は、攻撃出来ているもののシュート数が2本と少なく、課題は明白です。一週間で修正して次節は勝利を目指します。応援よろしくお願いします。

2016.4.19

 4/19 2014年度、2013年度、2012年度のリーグ戦写真をupしました。

2016.4.19

 4/17(日)vs関西福祉大学(流通科学大学G)×2:9(0:4)で敗戦です。

 管理人は、観戦できていませんのでコメントは控えます。

2016.4.13

 2015年度のリーグ戦写真の一部が完了しました。

2016.4.13

 4/9(土)vs和歌山大学(J-GREEN堺S15フィールド)×1:2(0:1)で敗戦です。
  開幕戦、快晴の中15:00kickoff。本学は慎重にゲームinします。序盤は優位に進めるもフィニッシュまでが遠く思うように出来ません。【22分】ゴール前混戦のクリヤーが短く相手のミドル気味のシュートで先制点を奪われてしまいます。その後、本学はボール保持をしますが最終ラインでのパス廻しから、なかなか前にボールを運べません。パスカットからのカウンターに苦しむ状況を脱せないままハーフタイム。

 後半、立ち上がりから本学の波状攻撃です。タテを意識し何度もゴール前にボールを運びますが、最後の一手に欠けます。【43分】2木村in(57長谷川out)し、サイドをスピードアップします。【55分】10八田in(22東out)し、前線での動きを活性化します。しかし、【56分】パスミスからのカウンターにDFが間に合わず、前に出たGKもかわされて2点目を奪われます。本学の攻撃のリズムが合い始めた【63分】2木村からのセンタリングに10八田が走り込み1点を返します。その後もゴール前の混戦に何度も持ち込みますが、相手の堅守を崩し切れないままゲームセットです。

 良い準備が出来ていたにもかかわらず開幕戦の緊張からか、相手に合わせてしまい、本学のリズムを掴みきれなかった試合でした。第二節、関福大も侮れない相手です。攻守の切り替え、パスの精度、課題を修正して次節に挑みます。応援よろしくお願いします。

 しばらく休んでいた写真を、Googleに準備しました。

 過去写真も順次、更新する予定です。 

 

2016.4.6

  今季は、二部Bとなり、一から出直しです。

 4月9日(土)大阪J-GREEN堺のS15フィールド15:00〜vs和歌山大学が開幕戦です。
 今季も熱いご声援よろしくお願いします。

2015.119

 11/15(日)vs龍谷大学(追手門学院大学G)×2:5(0:3)で敗戦です。
  雨上がりの晴れた中、15:15kickoff。序盤、慎重にゲームinした本学ですが【9分】左サイドのドリブルから中央へのパスに走りこまれて先制点を奪われます。立て直しを図る本学ですが、直後の【11分】左サイドからドリブル突破され、2点目を失います。懸命にボールを追いますが【29分】右サイドからのFKをヘディングで決められ3点目を失います。本学はなかなか攻撃に結び付けることができないまま、ハーフタイム。
 後半、序盤は一進一退。【67分】14田中in(18福井out)し、前線をスピードアップします。【84分】左サイドで得たFKに、交代した14田中が頭で合わせて、1点を返します。流れが本学に傾きかけた【88分】右サイドからのパスを頭で合わされ、4点目を失います。本学はあきらめることなく攻め【90分】12谷口が左サイドをドリブルで仕掛けて2点目を奪い4回生の意地を見せます。アディショナルタイムも果敢に攻め込みますが、【90+4分】ゴール前でのパスに振られて5点目を失い。ゲームセットです。

 失点直後の失点。得点直後の失点。いずれもリスタートの入り方に課題が集中したゲームでした。相手に引き出された後の、スペースのカバーがうまく機能せず、苦しい展開を自ら招いてしまった前半。修正して臨んだ後半は、最後まであきらめることなく走りましたが、追いつくことが出来ませんでした。
 今日も、OBの方にご声援いただきありがとうございました。次節は最終戦、4回生最後の公式戦です。良い形で時期につなげるため頑張りますので、応援よろしくお願いします。

2015.119

 11/8(日)vs大阪経済大学(大阪経済大学G)×0:1(0:1)で敗戦です。

  雨の中、13:00kickoff。立ち上がりからボールが大きく動き、双方に相手エリアに攻め込みます。そんな中【8分】左サイドからのドリブルにDFがつられ、低い弾道のシュートがGK手前でイレギュラーし先制点を奪われてしまいます。その後、落ち着きを取り戻した本学は、追加点を許しませんが本学も攻め手に欠いたままハーフタイム。

 後半、本学は良いリズムでゲームinします。【66分】8西村in(18福井out)し、前に押し出します。一方、相手の攻撃も厳しくなりゴールへの波状攻撃を受けますが、体を張ったDFとGK亀川のスーパーセーブの連続で阻止します。本学も相手ゴール前で何度もチャンスメイクしますが、ボールを大切にしすぎてシュートを阻まれます。最後の最後まで攻防が続きますが、追加点を許さない一方、一点が奪えないままゲームセットです。

 アウェーでの雨天、本学には不利な状況でしたが、後半のリズムが前半立ち上がりから出せれば、結果は違っていたでしょう。今期1得点が4試合の後、2試合連続の得点なしです。今日のような雨天では、ゴール前、何が起こるかわかりません。スマートでなくてもチャンスにシュートを打ち、泥臭いゴールを勝ち取る執念で次節に臨みます。

 雨天の中、OBの方にも声援いただきありがとうございました。残り2試合頑張りますので、最後まで応援よろしくお願いします。

2015.11.3

 マネージャーSNSアドレスです。速報などはこちらから。
 
https://twitter.com/kyouendaisoccer

2015.11.3

 11/1(日)vs大阪教育大学(京都学園大学G)×0:3(0:1)で敗戦です。
  秋晴れの中、13:00kickoff。序盤は一進一退、本学果敢に攻め込みますがフィニッシュができません。中盤、しだいに相手のボール支配となりますが、本学は食い下がります。しかし終了間際の【44分】右サイドからのドリブルにDFがつられ、中央にフリーのパスを通されて先制点を奪われてしまい、ハーフタイム。

 後半、立ち上がりは本学のリズム。【58分】12谷口in(31池田out)し、前に押し出します。しかし【63分】右サイドからのパスをまたも中央フリーに通され、2点目を失います。【71分】70渡部in(14田中out)さらに前に押し出します。【77分】カウンターのパスが通り、3点目を失います。最後まで本学はあきらめることなく攻めますが、攻めきることができずに、ゲームセットです。

 ゲーム全体を通せば相手のペースでしたが、支配されたわけではなく本学も多くの得点チャンスがありました。しかし攻め時にゴールへのタイミングが合わず、無得点の結果となってしまいました。
 本日、ホームゲーム最終節には多く方に応援していただきありがとうございました。攻撃イメージを全員が共有して残り3試合頑張りますので、ご声援よろしくお願いいたします。

2015.10.27

  10/25(日)vs大阪商業大学(大阪商業大学G)×1:3(0:1)で敗戦です。
  風に少し冷たさを感じる秋晴れの中、13:00kickoff、序盤、相手ペースながら本学もチャンスメイクしますがフィニッシュができません。徐々に相手のボール支配となり、本学は防戦に回ります。【16分】左サイドからドリブルで中央に切り込まれ、そのまま先制点を許します。その後も相手のボール支配は続きます。【40分】12谷口in(31池田out)し、リズムを変え追加点は許さずハーフタイム。

 後半、立ち上がり本学はリズムを変え流れを引き寄せます。【57分】8西村in(70渡部out)し、スピードを増します。そして【66分】88栢原からのセンタリングに、37今野が頭でジャストミート。同点打とします。ゲームは本学の流れとなりますが、前掛りの本学に【72分】カウンターのロングパスをゴール前に頭で落とされ、フリーでシュートされ2点目を許しリードされます。その後も本学は良いところまでボールを運びますが、ゴール前の人数が足りず、フィニッシュになりません。【77分】セットプレーのロングボールを中継者がゴール前にうまく落とし、フリーでシュートを打たれて3点目を失います。その後も本学は果敢に攻めますが決め手に欠け、相手はカウンターとロングスローで本学を脅かしゲームセットです。

 相手支配のゲーム。本学が受けたシュートは18本。引き寄せた本学の時間帯に得点チャンスを生かせませんでした。2点目3点目の失点は同じパターンの失点。守備とシュートへのイメージを練習で磨き、残り4試合頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

2015.10.18

 10/18(日)vs関西国際大学(京都学園大学G)×1:3(0:1)で敗戦です。
  秋晴れの中、13:00kickoff、序盤から相手にボールを支配され、本学ゴール前での攻防となります。本学もよく防いで攻撃の芽を摘みますが、【29分】左サイドの相手ドリブルに、ゴール前のマークが甘くなった所をつかれて先制点を許します。その後も相手ペースを崩せません。クリアーボールも相手の網にかかり、奪ったボールもパスがつながらず、寄せの早い相手に防戦に終始しハーフタイム。前半本学のシュートはゼロ。【HT】18福井in(今日、なぜか調子の上がらない88栢原out)

 後半、変わらず相手のボール支配となります。本学も徐々にボールタッチが増えますが、最終ラインから先へはつながらず、【60分】38財部in(イエロー1枚の70渡部out)。直後の【64分】ゴール前の混戦から2点目を失います。そして【69分】ゴールエリア内で不運にもハンド、相手にPKを与えてしまい3点目を失います。【70分】16矢後in(14田中out)して最後のカードで本学に流れを引き寄せます。本学のリズムに相手が対応しきれない【88分】31池田からのパスに反応した18福井がようやく1点を返します。攻撃の流れができた本学は、再三チャンスを演出しますが、相手GKの好セーブに阻まれ追加点にならず、相手は最終ラインでボールを回し時間を使い始め、ゲームセットです。

 ゲームは終始相手ペース。特に前半は圧倒的でした。本学も辛抱強く守りましたが、一瞬の守備のずれで相手をフリーにしてしました。後半も良く守りましたが追加点を許しますが、訪れた本学時間に1点を返すことができたのは今日の収穫です。
 次節も順位争いの相手、大阪商業大学戦です。応援よろしくお願いいたします。

2015.10.05

 10/4(日)vs天理大学(天理大学G)○1:0(1:0)で勝利です。
  秋晴れの中、13:00kickoff、序盤からボールは、激しく動きます。相手が流れをつかみかけた【28分】8西村が左サイドをドリブルで持ち込みシュート、相手GKが右に弾いたところに詰めていた56奥井がシュート、これをGKは好セーブで弾きますが、中央に走り込んだ37今野がフィニッシュを決め、待望の先制点を奪います。本学は流れを掴みたいところですが、相手ペースを崩せません。押され気味ながら相手の攻撃を防いでハーフタイム。【HT】80メンデスin(70渡部out)

 日差しが和らぎ影が覆い始めた後半、攻撃の流れをつかみたい本学ですが相手のペースを変えることが出来ず、本学は相手フィールドにボールを運ぶことが出来ません。【69分】12谷口in(本日先制点をお膳立てした56奥井out)攻撃の手をゆるめません。一進一退の中【82分】11山田in(88栢原out)最後のカードで守備固めです。終盤、夕日が眩しく苦しい守備となりますが、本学は時間を使って相手の反撃をうまく抑えてゲームセットです。

 今季2戦目で初勝利、待望の勝ち点3を得ました。勝利したとはいえ、ゲーム全体は相手の流れ、いつ失点してもおかしくない戦いで、数少ないチャンスをものにすることが出来た我慢の試合でした。次節は厳しい順位争いの相手、神戸大学です。隙を見せない相手です。ミスをいかにカバーするかがキーポイントになります。
 本日もご声援ありがとうございました。

 2015.09.29

 9/27(日)vs同志社大学(京都学園大学G)×2:3(1:1)で敗戦です。
  汗ばむ秋晴れ、13:00kickoff、序盤から激しい攻防となりますが、互いにフィニッシュまで持ち込めません。中盤、徐々に相手ペース。ゴールは許さず終盤も持ちこたえていましたが、【42分】カウンター気味にサイドをドリブルで突破され、いやな時間帯に先制点を奪われます。残り時間の少ない中、本学は落ち着いて再スタート、そして終了間際の【45+2分】88栢原のCKを37今野が相手DFとのヘディングの競り合いに勝って絶好のタイミングで同点にします。そしてハーフタイム。
 気温が上がり始めた後半、十分に話し合った本学は落ち着いてゲームinします。開始直後の【46分】8西村のパスを受けた70渡部がサイドから相手DFの裏を抜けるドリブルでゴール中央に運び、逆転打を決めます。リズムに乗った本学は波状攻撃でシュートを浴びせますが、相手GKの好セーブに阻まれ追加点に至りません。そんな中【58分】CKを頭であわされて同点とされます。【65分】80メンデスin(今日逆転打の70渡部out)攻撃のスピードを落としません。しかし【75分】またもサイドをドリブルで抜けられ逆転を許してしまいます。相手リズムの中【80分】12谷口in(今日同点打の37今野out)ベテランを投入して、焦るチームを落ち着かせ攻撃のバリエーションを増やします。しかし本学は流れを取り戻すことができないままゲームセットです。

 後期初戦。リーグトップチームとの戦いで敗戦となりましたが、今季初出場選手も活躍し今後に期待が持てました。失点シーンは繰り返し練習した展開でした。一週間で修正して次節に臨みます。

 ご声援ありがとうございました。

2015.06.22

 6/21(日)vs神戸大学(同志社大学京田辺G)×2:3(0:2)で敗戦です。
  晴れのち豪雨、15:15kickoff、序盤からボールは、激しく動きます。何とか流れをつかみたい本学ですが【23分】左CKをマークを外されて頭であわさ
れ、先制点を奪われます。再スタート直後、【24分】攻撃に出ようとする本学の中央をDF裏にパスを通され、2点目を失います。その後ペースをつかんだ相手の攻撃にさらされますが、本学は崩れることなく懸命にしのぎ、追加点を許さずにハーフタイム。前半本学のシュートはゼロ。
 怪しい雲が空を覆いはじめた後半、修正をかけた本学は攻撃に転じますが、相手ゴール前までボールを運ぶもフィニッシュができません。そして空模様は一転し豪雨となります。視界も定まらない中、前掛かりになったところを、【61分】2点目と同様に中央をDF裏にパスを通され、3点目を失います。諦めない本学は【69分】88栢原の右CKを4串間が頭でジャストミート、1点を返します。そして【69分】89杉山、7山口in(28八坂、18福井out)2枚同時にカードを切り攻撃の手をゆるめません。集中豪雨でピッチは川のようになります。ボールが運べず戸惑いのプレーが続きます。そして本学は【76分】25荻野in(11山田out)最後のカードを切ります。【81分】左サイドの8西村のセンタリングを56奥井がPエリア中央で受け、滑るピッチで難しい中ダイ

レクトでシュートを放ち2点目となります。相手は守りを固め、残り時間を有効に使い始めてゲームセットです。

 落したくない戦いで敗戦となりました。前半のちぐはぐをハーフタイムで修正したものの、失点のシーンは同じパターン。前節同様に3点目が残念でなりません。次節は最終節、後期につながるよう諦めることなく頑張ります。ご声援ありがとうございました。

2015.06.15

 6/14(日)vs関西国際大学(関西国際大学G)×2:3(0:1)で敗戦です。
 曇り空の中、13:00kickoff、立ち上がり本学はリズムよくゲームに入ります。しかし徐々に相手に流れを持っていかれ、【22分】先制点を奪われます。その後も相手にボール支配され、苦しい試合展開となりますが追加点はゆるさずハーフタイム。
 後半、立ち上がりは相手ペース、懸命に防ぎますが一瞬の間を取られて【59分】2点目を失点します。本学は【61分】38財部投入(7山内out)、【70分】89杉山投入(28八坂out)、【77分】25荻野投入(77奥村out)攻撃の高さとスピード補強し、リズムを取り戻します。そして【87分】89杉山からの左サイドからのセンタリングを、右PKエリアに走りこんだ37今野が頭で合わせて、1点を返します。アディショナルタイムは4分。ポジションチェンジして攻撃に厚みを持たせた瞬間、DFの間をはドリブル突破されて【90+1分】3点目を失点してしまいます。最後まであきらめない本学は、【90+3分】88柏原の左CKを4串間が頭で合わせて2点目を返しますが、残り時間を相手にうまく使われ、ゲームセットです。

 敗戦となりましたが、内容は決して悪くなく次へとつながるゲームでした。チームの状態は悪くないのですが、前期、結果が残せていません。残り2試合後期につながるよう最後まで頑張りたいと思います。今日も多くのご声援ありがとうございました。 

 2015.06.01

  5/31 I リーグ 前期vs立命館大V(京都学園大学G)○1:0(1:0)で勝利です。
 真夏日のような快晴の中、12:00キックオフです。ゲームは序盤から、相手ペースで進みます。何度か裏を抜けられますが、相手フィニッシュの精度が悪く助けられます。本学も相手ゴールに迫りますがなかなかシュートまで持ち込めません。【19分】45宮城を投入(19田中out)こう着状態のゲームを打開します。そして【23分】カウンターとなるパスに右70渡部が反応しドルブルでDFを振り切って持ち込みます。相手DFがつられたところを45宮城が中央に走り込みフリーの状態でパスを受け、落ち着いて先制点を奪います。采配が的中です。しかし先制したもののゲームの流れを引き寄せることができないままハーフタイムです。。

 後半、開始から完全に相手の流れ、本学エリアでの攻防が続きます。クリアーボール・セカンドボールも相手に拾われ、本学の攻撃につながりません。【53分】87岡本投入(32岩山out)、【74分】42目方投入(19片岡out)し、何とか打開を図ろうとしますが、相手の勢いを止めることはできません。相手の猛攻、防戦一方の本学、いつ同点にされてもおかしくない中、本学の体を張ったDFとGK21衣川の守備が光ります。相手の精度の低さにも助けられ、そのままゲームセットです。

 ポジションも流動的で、さまざまなことを試している I リーグです。そんな中、先制点を守りきり勝利できたことは大きいですが、フィジカルな差は感じられない中、後半、反撃の糸口をつかむことが出来ずにシュートゼロのまま終わったことは大きな課題です。

 リーグ4連勝中です。本学の I リーグへの参戦は、勝利が最終目的ではありませんが、やはり勝てていることはチームにとってうれしい出来事です。 
 前期これからの後半戦、体力的に厳しい季節となります。次節6/7vs大阪学院大学戦(大阪学院大学千里山G )は、管理人は所用で応援に行けませんが、みなさん応援よろしくお願いします。 

 2015.05.28

 5/23 関西選手権3回戦 vs大阪教育大学(大阪教育大学G)×0:3(0:2)で敗戦です。
 管理者が観戦できていませんので、コメントは控えさせていただきます。
 次節は、 
I リーグ第四節vs立命館大学V 立命館原谷G 5月31日(日)12:00kickoffです。応援よろしくお願いいたします。

2015.05.18

 5/17 関西選手権。本学は2回戦から参戦です。vs大成学院大学(京都学園大学G)○5:0(1:0)で勝利です。
 快晴の中、13:00キックオフです。ゲームは序盤から、本学ペースで進みます。裏を取られてヒヤッとする瞬間はありましたが、問題なく処理します。本学攻撃が続きますが、いつゴールしてもおかしくない中、相手GKのファインセーブ、粘りのDFに阻まれて先制点が奪えません。前半終了間際の【43分】22東がドリブルで仕掛け相手DFを引きつけた後、フリーの89杉山へパス、GKの位置を確認にしてのシュートで待望の先制点です。自ら流れを作りDFを崩して理想的な一点です。ゲームはそのままハーフタイム。
【HT】75メンデス投入(89杉山out)
 後半、開始早々に本学は攻撃をしかけます。そして【50分】56奥井がドリブルでサイドを上がり、ゴール前にセンタリング、それを25荻野が頭でつないで、ゴール前の11山田がヘディングシュートで2点目を奪います。その後相手の懸命なDFに本学の攻撃は阻まれ続けます。【82分】59長束投入(22」東out)し攻撃のリズムを変えます。本学の波状攻撃が続く中、【86分】37今野のFKをゴール前、相手DFとクロスする中、25今野がワンタッチの難しいシュートを決めて3点目を奪います。直後の【87分】7手のミスをついて7山内がドリブルで持ち込み自らシュートして4点目です。終了間際の【89分】7山内のセンタリングを75福永が決めて5点目をうないゲームセットです。
 本学は今後のリーグ戦を見据えて個を活かすチーム力の強化を目標に挑みました。相手は3部とは言え3点目を決めるまでは、厳しい展開が続きましたが、終盤、良い形で勝利する事が出来、先の I リーグ勝利と併せて控えの選手も含めてチーム全体の底上げが出来ました。
 次節5/23の関西選手権3回戦は、vs大阪教育大学です。リーグ戦では勝利したものの、力の差はなく厳しい試合になると思われます。応援よろしくお願いします。

 5/9 I リーグ前期第二戦vs京都大学(京都学園大学G)○2:0(0:0)で勝利しました。
 晴天の中、13:30キックオフです。立ち上がりから本学のリズムは悪くありませんが、一進一退の状況が続きます。ボールは回しますが攻めきれません。スコアーレスドローで
、ハーフタイムです。 【HT】33河村投入(23兵頭out)、2木村投入(11山田out)、47鍋島投入(70渡辺out)、80メンデス投入(7山口out)攻撃と守備を一気に変えて異なるチームを編成します。
 後半、立ち上がりは相手ペース本学ゴール前で混戦となりますが、GK33河村が落ち着いて処理します。直後の本学の攻撃が相手ゴール前の混戦となり【50分】オウンゴールを誘い先制点となります。その後、ファールから相手にFKを与えますが、またも33河村のファインセーブでしのぎ、」その後のCKもDFとの連携で防ぎます。【62分】45宮城投入(37今野out)し、攻撃力を高めます。相手の守備は堅いものの本学はセカンドボールを制し波状攻撃をしかけます。そして【82分】80メンデスがドリブルで持ち込み2点目を決めます。その後も何度となくゴール前の攻防となりますが、相手は最後まで崩れることなく追加点を奪えずゲームセットです。
 前節に続き I リーグは連勝となりました。勝利は部全体の雰囲気を高めます。この勢いで関西選手権に臨みます。

 2015.05.06

 5/6 第六戦vs大阪商業大学(京都学園大学G)△2:2(2:0)で引き分けです。
 晴天の中、13:00キックオフです。序盤、相手のペースで進みますが、本学のリズムも悪くありません。【20分】相手エリアでパスを回し相手にずれが出たところに、88栢原のラストパスがフリーになった18福井に通りゴール前まで運んで先制点を得ます。【25分】89杉山投入(59長束out)その後も相手ペースでゲームが進みます。本学エリアでの攻防が多くなる中、前半終了間際の【45分】28八坂のFKをまたもゴール前フリーとなった18福井が頭で合わせてtodays2点目で待望の追加点を得て、ハーフタイムです。
 後半、本学が攻撃のリズムに乗り波状攻撃をしかけますが、フィニッシュに持ち込めません。GKとの1対1のチャンスもファインセーブに阻まれます。【53分】77奥村投入(40木造out)して高さと守備を固めますが、ゲームは徐々に相手の流れとなります。【76分】ゴール前でDFをかわされ1点を失います。その後も相手はゴールエリアにボールを蹴り込み波状攻撃受けます。【85分】蹴り込まれたボールを頭で落とされシュートが決まり同点とされてしまいます。本学は最後まで諦めずチャンスを作りますが、追加点を上げられないままゲームセット。

 前節を見事に修正してゲームに臨めました。ゲームは引き分けとなりましたが、流れの中で得点を上げることも出来、セットプレーも決まって一歩前進です。貴重な勝ち点1を上げて前節は一旦休止です。次週からは関西選手権が始まります。 I リーグも始まりました。後半戦に向けて挑戦する本学のサッカーが徹底できるよう練習です。

2015.05.03

 5/3 第五戦vs追手門学園大学(追手門学院大学G)×1:3(0:2)で敗戦です。
 晴天の中、13:00キックオフです。立ち上がりは本学のリズム相手ゴール前までボールを運びます。しかしDF裏にボールを通され【6分】先制点を奪われます。本学は焦ることなくボールを回しますが相手を崩すことができず攻撃のチャンスはつぶされます。【38分】11山田投入(25荻野OUT)し、DFを立て直しますが、前半終了間際【43分】Pエリアで相手を倒しPKを与えてしまい2点目を奪われます。本学は攻撃のリズムをつかめないまま、ハーフタイムです。
 【HT】56奥井投入(28八坂out)、89杉山投入(18福井out)
 後半、同時に2枚のカードを切った本学は、攻撃のスピードが上がり波状攻撃をしかけますが、相手GKのファインセーブに阻まれゴールを奪えません。ミドルシュートもポストに阻まれます。相手も本学のリズムに徐々に慣れ、【76分】相手FKが直接入り3点目を奪われます。本学は最後まで諦めず攻撃を続けます。【82分】セットプレーからの混戦、相手DFが崩れる中、75福永からのパスを11山田がシュートを決めて一点返します。その後も果敢に攻めますが追加点を上げられないままゲームセット。
 ボールを支配しながらも相手を崩せず、同じパターンの点の失い方の試合が続きます。GW連戦が続きます。挑戦者として勝ち点への貪欲さを修正して次節に挑みます。

2015.04.26

 4/26 第四戦vs天理大学(京都学園大学G)○0:1(0:1)で敗戦です。
 晴天の中、13:00キックオフです。序盤から一進一退、激しくボールが動きます。徐々に本学の流れとなります。相手ゴールサイドまでボールを運び、本学が攻撃のリズムに乗る中、【26分】クリアーボールが本学DFの裏に抜けカウンターとなり先制点を与えてしまいます。その後も本学の攻撃は続きますが、最後が合いません。前半終了です。
 【HT】40木造投入(75福永out)
 後半、本学のペースが続きます。攻撃もつながり波状攻撃、ゴール前の混戦に再三持ち込みますが決めきれません。相手のカウンターもGK亀川の安定したセーブでクリアーします。【67分】56奥井投入(28八坂out)し、攻撃のリズムを変えます。【80分】80メンデス投入(31池田out)、攻撃の手をゆるめませんが決めきれないままゲームセット。
 本学がボールを支配しリズムは悪く有りませんでしたが、一本のカウンター速攻にやられました。攻撃のスピードを修正し、決定力に磨きをかけて次節に望みます。

2015.04.20

 4/19 第三戦vs大阪教育大学(大阪教育大学G)○2:1(1:1)で勝利です。
 汗ばむ晴天の中、13:00キックオフです。本学は良いリズムでゲーム入りしますが、徐々に相手の流れとなります。我慢のDFの中【17分】バランスを崩されて先制点を与えます。その後も相手ペースが続く中、少ないチャンスを活かしドリブルで相手エリアに持ち込んだところを倒されPKを得ます。【26分】12谷口がPKを落ち着いて決めて同点とします。本学の攻撃は相手の堅い守備に阻まれフィニッシュに持ち込めないまま、前半終了です。
 【HT】40木造投入(75福永out)
 後半、本学の攻撃が繋がります。31池田(記録では88柏原)からの相手Pエリア前への絶妙なパスに相手GKが引き出されDFと28八坂がクロスする中、【57分】28八坂のシュートが空っぽのゴールに吸い込まれます。逆転後は一進一退の状態【84分】56奥井投入(28八坂out)し、攻撃の手をゆるめません。【90+2分】89杉山投入(18福井out)、残り時間を有効に使いゲームセット。
 今期、初勝利。相手の猛攻の中、本学は本学のリズムを守り崩れることなく勝利をつかみました。やっとチームに笑顔が戻りました。

 4/12 第二戦vs同志社大学(同志社大学G)×0:1(0:1)で敗戦です。
 管理人が観戦できていませんのでコメントは控えさせていただきます。

 4/5 リーグ初戦vs大阪経済大学(京都学園大学G)×1:2(0:0)で敗戦です。
 雨天の中、13:00キックオフです。序盤から一進一退、流れは徐々に本学がつかみますが、シュートはGK正面。本学ペースのままハーフタイム。
 後半、本学のリズムが続きます。そんな中ようやく【55分】88柏原のCKを18福井が頭でジャストミート、待望の先制点です。相手の攻撃の芽をうまく摘み流れを変えさせませんが、【75分】ゴール前相手シュートのクリアーが不運にもゴールに吸い込まれ、オウンゴールで同点を許します。その後【75分】89杉山投入(59長束out)、【83分】81メンデス投入(31池田out)し、攻撃のリズムを変えますが、最後の最後【90+2分】相手に追加点を許しゲームセット、逆転負けです。
 今季初戦、本学ペースの試合内容、シュートは相手5本に対し本学12本。決して悪くない状況ながら、決定機に決めきれませんでした。

2015.2.7

 2月のスケジュールです。
2/1(日)vs三菱京都11:00 vs八幡13:00
2/2(月)off
2/3(火)TR16:00
2/4(水)TR16:00
2/5(木)TR10:00
2/6(金)TR15:00
2/7(土)vs大阪ガス13:00@京園大
2/8(日)vs立命館大10:00@京園大
2/9(月)off
2/10(火)TR10:00/14:30
2/11(水)vs守山北高校13:30@京園大
2/12(木)TR10:00/14:30
2/13(金)学内合宿TR10:00/14:30
2/14(土)      amTR
2/15(日)      vs綾羽高校11:00
2/16(月)off
2/17(火)TR10:00/14:30
2/18(水)TR10:00/14:30
2/19(木)vs近畿大学9:00@近大G
2/20(金)TR14:30
2/21(土)vs追手門学院大学9:00@京園大
2/22(日)vsディアプロッサ奈良11:00@京園大
2/23(月)off
2/24(火)TR10:00/14:30
2/25(水)東海遠征 TR10:00
2/26(木)(3/1まで)

2014.11.30

 

 11/29 二部A-B入替戦 vs神戸学院大学(J-GREEN堺S13フィールド)○2:1(2:0)の勝利で、二部A残留を決めました。
 曇り空の中、13:00キックオフです。相手は二部B-3位の神戸学院大学。静かな出だしですがボールは良く動き、本学の攻撃が連携します。【37分】相手エリアでのFKから、ゴール前の混戦に持ち込み、相手クリアーボールを6村上が正面からミドルシュート、気持ちよくゴールネットに吸い込まれて先制点。ゲームは本学の流れ【42分】相手DFのクリアーボールを10角野が、Pエリア左からシュート、ゴールポストに当たりながらネットを揺らし2点目、相手を無得点に抑えハーフタイム。
 【HT】17重信投入(8楠田out)
 後半、相手の攻撃が繋がります。【58分】9濱松投入(13藤岡田out)前線のプレッシャーを高めますが、相手の攻撃が続きます。【64分】相手FKがそのまま決まり1点返されます。 【80分】7山口投入(70西村out)、ポジション交代してボールポゼッションを高めようとしますが、捨て身の相手の流れを変えることができません。しかし本学はGKとDFの集中した連携が機能し、相手に追加点を許しません。前掛かりの相手に対し何度かカウンターのチャンスがありましたが本学も追加点が出来ないままにゲームセット。
 入替戦を勝利し残留を決めることができました。4回生の最終戦を勝利で終えることができました。4年間ありがとうございました。来期も一部を目指すポジションにつく事が出来ました。
 今日も多くのOBに囲まれての勝利でした。ご声援ありがとうございました。一部リーグを目指しているはずが、下位リーグとの入替戦となってしまった今期でしたが、協会のリーグ編成の変更により、本学の本当の実力を知ることができた一年だったと言えます。た大学が力を伸ばしてきている中、今期以上に厳しいい試合の連続トなる来期です。在学生は今期を分析し、フィジカル、メンタル、連携、戦術、テクニックのあらゆる弱点を克服するため、これまで以上の練習を重ね新たなチームを作ります。これからも応援よろしくお願いいたします。

 4回生のみなさん有難うございました。

2014.11.22

 

 11/22 後期第九節リーグ最終戦 vs神戸大学(京都学園大学G)○1:0(0:0)で勝利です。
 汗ばむ秋晴の中、12:00キックオフです。相手は上位リーグを目指すために絶対に負けることが出来ない一戦です。前に出たい本学ですが、相手のポゼッションが続き本学のエリアでの攻防が続きます。本学は序盤早いプレシャーで攻撃の芽を摘みますが、DFラインがばらつきゴール前までボールを運ばれます。我慢のDFで無得点に抑えハーフタイム。
 後半、序盤は前半の流れを変えることができません。しかしHTで修正したDFは安定しています。【57分】9濱松投入(13藤岡out)ボールを集め前線の空中戦で優位に立ちます。【65分】56奥井投入(8楠田out)、サイドをドリブル突破します。徐々に本学の攻撃がかみ合い相手ゴールに迫ります。そして【73分】56奥井がドリブルで持ち込み10角野にパス。引き続き角野もドリブルでゴール右Pエリアに運びます。相手DFとGKが交差する中、技ありの先制点です。その後も交代選手を中心に攻撃の流れに乗り相手ゴールにシュートを浴びせますが追加点が決まりません。【90分】7山口投入(6村上out)足で相手の攻撃の芽を摘みゲームセット。
 最終節を勝利で終えることができました。後半の失点で競り負ける試合が多かった今期ですが、守備と攻撃をチームで連携する事で得た勝利です。途中交代の選手も狙い通りに活躍しました。
 次週11月29日(土)は2部B3位の神戸学院大学との入れ替え戦です。J-GREEN堺(S13フィールド)13:00kickoffです。勝利して残留を目指します。
 今日は多くのOBに囲まれての勝利でした。ご声援ありがとうございました。入れ替え戦も応援よろしくお願いいたします。

 11/16 後期第八節 vs関西国際大学(京都学園大学G)×2:5(1:1)で敗戦です。
 晴天の中、12:00キックオフです。序盤から激しくボールが動きます。開始【9分】ゴール前の混戦から失点します。その後も猛攻を浴びますが、追加点は許しません。我慢の中前半アディショナルタイム【45+1】10角野がドリブルで持ち込み同点です。ゲームはそのままハーフタイム。
  後半も相手の流れが続きます。【55分】9濱松を投入(13藤岡out)しますが、直後の【55分】2点目を失います。苦しい時間が続く中、わずかなチャンスで相手ゴールに向かいます。そして【66分】ドリブルで持ち込んだ70西村がゴール前で倒され、PKとなります。これを落ち着いて決めて再度同点とします。勢いに乗り前掛になったところを【67分】に失点し3点目を奪われます。失うものの無い本学はさらに攻撃に出ますが【68分】4点目を失い。【87分】5点目を失いゲームを決定付けられます。本学は最後まであきらめることなく攻撃しますが、追加点を得ることが出来ないままゲームセットです。
 瞬間の意識のずれがチームとしての一体的なプレーに繋がっていません。崩れているわけでもなく、諦めてもいないのですが個々の思いを集中出来るきっかけが欲しいものです。残留に向け最終節に修正して望みます。  

2014.11.11

 

 11/9 後期第七節 vs神戸国際大学(甲南大学南インフィールドG)○2:0(1:0)で勝利です。
 曇り時々雨の中、14:15キックオフです。序盤から本学のペース、ボールを支配し相手ゴール前に運びます。【37分】10角野のセンタリングを13藤岡がシュート、相手GKが弾いたところを詰めていた66内田が体ごと押し込んで先制点です(公式記録では13藤岡の得点となっていますが・・・)。その後もチームの勢いは止まりません。再三シュートを放ちますがゴールネットに度々かぬままハーフタイム。
 後半、前半の勢いのまま相手ゴールに迫ります。そして【49分】8楠田のFKをペナルティーエリア内で受けた24串間が決めて2点目です。【63分】9濱松投入(13藤岡out)攻撃のリズムを変えますがゲームは拮抗状態。【78分】7山口投入(8楠田out)攻撃をリフレッシュします。【86分】6村上投入(88栢原out)し本学に勢いが戻ります。再び相手ゴールに迫り再三のシュートを放ちますが、決めきれないままゲームセット。
 久々の勝利です。相手のシュートを3本に抑え、1対1でも競り勝ち本学のシュート数は19本、勝利しましたが2点差で迎えた終盤の時間の使い方など、確実な試合運びの視点では不安が残りました。試合巧者へチームを成長させ上位を目指します。リーグ残留を目指し残り試合、修正して望みます。
 今日もご声援ありがとうございました。次節も応援よろしくお願いいたします。

 11/2 後期第六節 vs龍谷大学(京都学園大学G)×0:1(0:0)で敗戦です。
 曇り空の中、12:00キックオフです。序盤から相手のボール支配となります。早いプレシャーと高いDFラインに苦しめられ、リズムがつかめません。相手の攻撃が続きますが、我慢のDFで防ぎます。互いのゴールがないままにハーフタイム。
  後半も相手ペース。本学はDFのボール回しから前に運ぶことが出来ません。【58分】ゴール前左右にボールを振られ、DFが対応できずに先制点を許してしまいます。【63分】8楠田、70西村を投入(22吉田、9濱松out)して攻撃陣をリフレッシュし前に出ようとしますがボールが繋がりません。【83分】13藤岡投入(15中島out)し相手の裏を狙いますが、相手ライン制御にチャンスを得ることができません。相手のDFは最後まで崩れることなく本学の攻撃を阻み、そのままゲームセットです。
 本学の攻撃を完全に封じられ、大切な一戦を落としてしまいました。終始相手ペース、パスが通らずドリブルで流れを本学に引き寄せる工夫も見られましたが、単発で連携が見られませんでした。厳しい結果を真摯に受け止め、次節に向け修正して望みます。

2014.10.27

 

 10/26 後期第五節 vs大阪商業大学(京都学園大学G)×1:2(0:0)で敗戦です。
 汗ばむ秋晴れの中、12:00キックオフです。序盤、互いにゆっくりとした立ち上がりです。一進一退の状態から徐々に本学は、ボールを支配し、ゴール前にも迫りますがネットが揺らせません。DFも相手のカウンターに落ち着いて対応できています。攻撃のタイミングも合い始めますがゴールがないままにハーフタイム。
  【HT】6村上投入(31池田out)
  後半立ち上がり、相手の攻撃にも冷静に対応し、まずまずのゲーム入りです。そして【60分】10角野がドリブルでサイドを駆け上がりDFを十分に引きつけ、中央にセンタリングそれを17重信が完全フリーのジャストタイミングで先制点を得ます。本学の流れの中【66分】ゴール前の混戦から同点打を許します。その後も本学のぺーズが続きますが相手のファールが多く、流れが中断され徐々にタイミングがずれてきます。【66分】70西村投入(22吉田out)【75分】8楠田投入(15中島out)し、流れを引き寄せようとしますが【87分】またもゴール前の混戦から逆転を許してしまい、そのままゲームセットです。
 前節同様に先制点を取りながら逆転され、悔しい結果となりました。先制点までは本学の流れ、同点に追いつかれてから終盤、落ち着きがなくなり相手にすきを与えてしまいました。前半の連携した攻撃が、後半は息切れするように失速してしまい崩れて負けてしまう試合が続いています。失点で浮足立つことなく、最後まで自分たちのサッカーをやりきる事が出来れば、十分に上位が狙えるチームです。リーグ残留を目指し残り試合、修正して望みます。
 今日は久々のホームゲーム、多くのOBの声援に応えることができず、残念でした。次節も応援よろしくお願いいたします。

2014.10.20

 

 10/19 後期第四節 vs近畿大学(大阪商業大学G)×2:3(1:0)で敗戦です。
 秋晴れの中、14:15キックオフです。序盤から本学は流れをつかみます。【29分】CKのチャンス、キッカーは31池田、これを9濱松が頭でジャストミート、先制点です。その後も本学のボール支配は続きシュートまで持ち込みますが、追加点が得られずハーフタイム。
 後半、立ち上がり直後に相手GKのロングキックをヘディングで一気にゴール前まで運ばれ【46分】同点打を許します。その後は本学のボール支配が続きますが追加点が決められません。【73分】70西村投入(22吉田out)、【77分】8楠田投入(31池田out)、攻撃陣のリズムを変えます。しかし【80分】ファールからの相手の素早いリスタートに対応しきれず逆転を許してしまいます。【82分】7山口投入(15中島out)します。その直後の【82分】左サイドを切り込んだ66内田からのセンタリングを70西村が決めて同点とします。しかし【84分】相手CK決められて再逆転となりゲームセットです。
 前節と共に圧倒的にボール支配し、相手の倍のシュート数12で多くのチャンスを作りながら決めきれない悔しい試合でした。先制点を取りながら逆転され、いつもならここで崩れるところですが、同点にまで追いつき最後は負けてしまいましたが、現在リーグ最強大学との試合でやりきれることも見えてきました。3連敗となりましたが、立ち上がり、リスタートと課題は明確です。残り試合、修正して望みます。

 10/12 後期第三節 vs甲南大学(京都大学農学部G)×0:1(0:0)で敗戦です。
 台風の影響で強風の曇り空、16:15キックオフです。序盤から本学のペース、果敢に攻めシュートを放ちますがネットに届きません。前半相手シュートを1本に抑えてハーフタイム。
 後半も本学の流れ、相手を攻め立てます。しかし【55分】中央のパスが通り先制点を奪われます。【60分】9濱松投入(13藤岡out)、【70分】70西村投入(22吉田out)攻撃陣を整えます。その後も相手ゴールに攻め込みますが、ギリギリのところでゴールを奪えません。
  放ったシュートは11本、直接FK22本と圧倒的な攻撃でしたが、堅守に阻まれ一本のパスに泣きました。
 今日は初めてのフィールド応援に来てくださりありがとうございました。ご声援ありがとうございました。

2014.10.6

 

 10/5 後期第二節 vs大阪経済大学(大阪商業大学G)×0:2(0:1)で敗戦です。
 台風の影響下、曇り時々小雨、14:15キックオフです。序盤、相手ペースの中【7分】DFの後ろにパスが通り、前に出たGKの頭を越えて先制点を取られます。中盤は一進一退の中、徐々に本学が流れを取り戻します。終盤本学ペース、幾度となくチャンスは作りますが相手の好セーブに阻まれハーフタイム。
 後半、本学ペース、相手を攻め立てます。【58分】13藤岡投入(9濱松out)、【68分】70西村投入(22吉田out)、攻撃陣をリフレッシュし、リズムを変えます。しかし前に意識が集中する中【76分】DFの頭を越えてカウンター気味のパスが通り、GKとの1:1を決められて2点目を取られます。【79分】7山口投入(15中島out)本学の猛攻が続きますが、最後が決めきれません。アディショナルタイム、左サイドの66内田からのパスを17重信が頭で落とし、7山口が1点を返します。残り時間わずか、相手が時間を使う中、ボールを奪い攻撃をしかけますが時間なくゲームセット。
  良い形で攻撃は出来ていたものの、攻め急ぎ逆にカウンターで追加点を取られるという相手の策にはまってしまいました。しかし最後まであきらめることなく、一点返せたことは次節に繋げることができました。
 今日はOBも家族連れで応援に来てくださりありがとうございました。ご声援ありがとうございました。次節は初めてのグラウンドとなります。応援よろしくお願いいたします。

2014.9.28

 9/28 後期第一節(開幕戦) vs姫路獨協大学(姫路獨協大学北G)○3:2(3:0)で勝利しました。
 スポーツ日和の秋晴れ、12:00キックオフです。序盤、一進一退の拮抗した状態が続く中で、最初のシュートは相手、これをGK亀川が落ち着いて処理して、【14分】右サイドからの15中島のセンタリングに中央の9濱松のヘディングシュートで合わせて先制点です。その後は本学ペース。【17分】相手ファールで左サイドからのFK、キッカーは88柏原、これが直接ゴールに吸い込まれ2点目となります。本学ペースが続きます。そして【24分】相手ゴール前の混戦でハンドによるPKを得ます。キッカーは10角野、落ち着いて3点目を決めます。その後も何度かチャンスを作りますが、相手も崩れることなくそのままハーフタイム。
 後半、相手は立て直して本学を攻め立てます。そして【55分】左サイドからの中央へのセンタリングが通り、フリーにしてしまった相手FWに1点を返されます。【60分】本学は25荻度を投入(15中島out)し、守備を固めます。しかし勢いに乗る相手に【62分】2点目を奪われます。相手の勢いも収まり本学は落ち着いて試合を進めます。【68分】17藤岡投入(17重信out)し攻撃にリズムを与えます。徐々に本学がリズムを戻します。【83分】7山口投入(9濱松out)し、攻撃陣をリフレッシュします。終盤、相手の足が止まりボールキープできるようになりますが、追加点を上げるまでには至らず、ゲームセットです。
 早期に3得点したものの、最後まで苦しい展開でした。勝利でスタートする事が出来たのは大きいです。ご声援ありがとうございました。
 マネージャー日記は、システム変更によりお休みします。

2014.4.27

 4/27第四節vs関西国際大学(姫路獨協大学G)△2:2(0:2)で引き分けです。    汗ばむ快晴の中、15:15キックオフです。前半、本学がリズムをつかめない中、序盤から攻め込まれます。我慢の時間、何とかチャンスをうかがいますが、フィニッシュできません。そして【38分】ゴール脇でのクリアーが警告となりPKを決められて先制点を奪われます。その後も我慢の時間が続き、終了間際の【45分】カウンター気味に中央をドリブルで突破され2点目を奪われます。ゲームはそのままハーフタイム。前半終わって本学のシュート数は1本、相手は9本という状況、2点奪われたもののDFは落ち着いています。しっかりと修正して後半に向かいます。      後半、風上に立つ本学の攻撃が爆発します。圧倒的なボゼッションで左右にボールを散らします。そして【54分】13藤岡が左サイドから裏を抜けドリブルでGKと1対1、良く見て待望の1点目。勢いに乗る本学は波状攻撃ですが追加点は遠いです。【72分】7山口in(10角野out)、9M松in(18高松out)攻撃陣をリフレッシュにします。【81分】24串間in(15中島out)守備を固めます。その後も本学の攻撃が続き、相手のファールも多くなり、【82分】左サイドからの7山口のFKに4吉田が合わせて同点打です。何度もチャンスメイクしながらも決められないままゲームセットです。    2点先制されながら。崩れることなく同点に追いつきましたが、あと一歩で勝利を逃してしまいました。前半を引きずらず、ハーフタイムでしっかりと修正できるチームとなりました。後半も相手のシュートを完封。今日も途中交代の選手の活躍が大きかったです。      遠方まで応援ありがとうございました。今日から3連戦、体力勝負です。チームの総合力が試されます。      次節はホームでの近畿大学戦。リーグ開幕以降1位、1試合平均3点という、調子のよい近畿大学ですが、その近畿大学に白星を上げられるようしっかりと調整していきます。次節も応援よろしくお願いします。
 マネージャー日記のほうも更新させていただきましたので、ぜひご覧ください。

2014.420

 4/20 第三節vs神戸国際大学(京都学園大学G)○8:1(1:0)で大勝利です。  曇天の中、13:00キックオフです。開始直後【2分】セットプレーからのゴール前混戦、クリアーボールに反応した10角野が1点目、先制点を奪って一気に流れを引き寄せい本学ですが、相手は崩れることなく逆に攻め込みます。DFとGKが落ち着いて処理し、本学のチャンスにつなげますが、追加点を決めることができません。一進一退のままハーフタイム。
 後半、次の得点が試合の流れに大きく影響します。しかし【61分】相手CKからヘディングで同点とされてしまいます。流れをつかもうとする相手ですが、本学は【63分】9M松投入(12谷口out)し攻撃のバリエーションを増やします。そして、【79分】ロングボールを9M松が落し、走りこんだ13藤岡が2点目、待望の追加点を奪います。相手は早いプレッシャーで前掛かりに仕掛けてきます。本学は【75分】15中島投入(24串間out)し、守備も攻撃的にします。そして、【79分】10角野が放ったシュートを相手GKが弾き、9M松がきれいにフィニッシュして3点目、相手の足が止まった【84分】6村上のスルーパスに17重信が反応し相手GKと1対1を落ち着いて決め4点目、試合に決着をつけます。本学の勢いは止まらず【85分】右サイドでパスを受けた9M松が相手GKの位置を確認して、頭を超えるロングシュートを決め5点目です。【86分】14名知投入(6村上out)して守備を固めます。【86分】13藤岡がスルーパスに抜け出し、ドリブルで持ち込んで6点目です。【88分】9M松がヘディングでつないで10角野が7点目。【89分】9M松が出したパスに17重信が反応して8点目。大量得点でゲームセットです。
 勝利はしましたが先制点後、追加点が取れない中、逆に追いつかれ苦しい展開のゲームでした。後半交代した選手が期待通りの働きを見せてくれました。特に、9M松は自ら2得点、そしてアシスト3の大活躍です。前節の「もやもや」ろ吹き飛ばすには十分すぎる勝利です。この勢いに乗って次節に挑みたいところですが、大量得点後の試合は逆に気を引き締めないといけません。相手が崩れなければ得点差ほどに力の差はなく、我慢してチャンスをものにするミスの許されない厳しいリーグ戦が続きます。  今日はホームゲーム。多くのサポーターが見守る中、名誉顧問の大西先生も観戦にお見えになり勝利でお礼ができました。ご声援ありがとうございました。  今年より、マネージャー日記として日々の練習、練習試合、試合後のことなど、マネージャー目線でのサッカー部日記を書かせていただいております。是非、ご覧になってください。

2014.4.13

 4/13 第二節vs甲南大学(甲南大学G)×1:2(0:1)で敗戦です。  曇り、13:00キックオフです。前半【9分】24串間が力強いシュートを放ちますが、枠をとらえることはできませんでした。 【17分】甲南大学のCKからの相手9番によるシュートは、ゴールキーパー1亀川のナイスセーブにより憚れました。その後、甲南大学の攻撃が続き、なかなか流れをつかむことができず、【41分】クリアミスからの、クロスを拾われそのまま押し込まれ甲南大学に先制点を奪われてしまいました。しかし、ハーフタイム中、選手の表情に諦めはなくチーム内で前半での反省点や注意点、良い点などを話し合い、良い雰囲気が出ていました。  後半、88栢原投入(18高松out)
 後半攻撃、主義を繰り返し【16分】70西村投入(23森上out)サイドからの流れを変えていきます。【23分】本学のCKからの【25分】直接FK17重信→12谷口のシュートは惜しくも枠をとらえることはできませんでした。しかし【28分】24串間が相手ペナルティエリアで倒されPKとなり、10角野が冷静に決め本学一点目となり、一点差へと追いつきます。【34分】13藤岡投入(9M松out)攻撃を強め、積極的にゴールを狙っていきます。【39分】本学のバックパスを相手にカットされ、切り替えしからの右から左へ入れられ相手にヘッドで決められてしまいました。最後の最後まで、諦めず戦い続けた本学ですが、 そのままゲームセットとなり、暗しい敗戦となってしまいました。 次節はホームでの神戸国際大学戦です。今後とも、一部昇格を目指して、チーム一丸となり努力をしていきますので、ご声援をよろしくお願いします。

2014.4.6

 4/6 第一節(開幕戦) vs龍谷大学(龍谷大学南大日G)○1:0(1:0)で勝利しました。
 晴れ時々曇り、13:00キックオフです。序盤、ゴール前までボールを運ぶものの、フィニッシュ出来ません。一進一退の拮抗した状態が続く中で、【25分】12谷口がドリブルで中央に切り込みます。相手DFを十分に引きつけパス。そこに走りこんだ10角野がダイレクトで合わせて先制点です。その後は本学ペース。しかし追加点を挙げることができません。【44分】相手の退場により流れは完全に本学に移りますが、そのままハーフタイム。
 後半、数的優位に立つ本学ですが、立ち上がりから左右に攻め込まれ、逆にペースを乱します。【75分】13藤岡投入(12谷口out)し攻撃のリズムを戻そうとしますが、相手の早いプレッシャーにボールが落ち着きません。【89分】7山口投入(10角野out)し、攻撃に変化を待たせ相手陣中でボールキープできるようになります。【90+2分】88柏原投入(6村上out)守備を固め、ゲームセットです。
 勝利したものの、数的優位に立ちながら自分たちで流れを乱し、追加点を上げることができないまま、最後まで苦しい展開でした。ルール改正により厳しいリーグ編成となった今季。勝利でスタートする事が出来たのは大きいです。
 今日は、開幕戦。多くのサポーターが見守る中でゲームを勝利で終える事ができました。ご声援ありがとうございました。
 次節以降も全試合気が抜けないシーズンの始まりです。ご期待ください。  

2014.4.4

 今年度は、2部Aブロックで厳しい戦いが始まります。開幕戦は4/6 vs龍谷大学(龍谷大学 南大日G)です。
 1部リーグへの夢を実現すべく、チーム一丸となって頑張ります。今年も応援よろしくお願いいたします。

2013.11.17

 11/17 第九節(最終戦) vs成美大学(京都学園大学G)○3:1(1:1)で勝利しました。
 曇り空の中、12:00キックオフです。序盤、本学はボール支配しながら、フィニッシュ出来ません。逆に攻め込まれてしまいます。前線からのプレッシャーを高める中、【19分】80重信が相手DFのバックパスをインターセプト、GKとの1対1を一度は弾かれながら、最後まで決めきり先制点を得ます。その後も本学は攻め込みますが、チャンスを作り出すことが出来ません。逆に【32分】相手CKの折り返しでマークを崩され、同点にされます。その後も何度かシュートまで持ち込みますが、枠を捉えることなく、ハーフタイム。
【HT】33濱松投入(80重信out)
 後半、立ち上がりから攻め込みます。そして、【49分】ドリブルで持ち込んだ3藤岡が倒され、PKを得ます。これをキャプテン9村尾が落ち着いて決め、2点目。直後の【51分】63新井が左サイドを切り込み相手DF3人を置き去りにして、中央へのパス、これを3藤岡が決めきり3点目。【64分】65北村投入(72名知out)守備も攻撃的にします。さらに【73分】41高田投入(78高松out)攻撃のエンジンをかけますが、あと少しが決めきれないままゲームセットです。
 前半、ボール支配しながらセットプレーで同点に追いつかれ、厳しい試合運びとなりましたが、HTできちんと修正して、後半は12本のシュートで勝利しました。
 今日は、最終戦&ホームゲーム。多くのOB、在校生、ご家族の方が見守る中でゲームを勝利で終える事ができ、ご声援ありがとうございました。
 結果、今期は2部Aブロック4位でリーグ戦を終え、1部リーグへの夢は来期に持ち越しです。4回生は、今日が最後となります。4年間ご苦労様でした。残る部員は、今期の悔しさをバネにさらに精進し、這い上がります。来季にご期待下さい。

2013.11.13

 11/10 第八節 vs和歌山大学(京都学園大学G)○6:2(1:1)で勝利しました。
 管理人が観戦出来ていないため、コメントはマネージャーからです。
 ここ最近、敗戦が続いていた本学サッカー部ですが、6ー2という結果で勝つことができ、チームは久々の笑顔に囲まれました。 前節から選手とポジションを変更して挑み、積極的にゴールを狙い、チャンスを作り上げ勝利をものにする事が出来ました。33濱松のハットトリックです。
 次節はいよいよ最終節です。4回生にとって、最後の公式戦であり、引退試合ともなります。チーム一丸となり、勝利という形で今期を締めくくれるよう日々の練習に励んでいきますので、応援よろしくお願いします。

2013.11.6

 更新が大変遅くなり、申し訳ございません。
 11/3 第七節 vs大阪教育大学(大阪教育大学G)×2:3(0:1)で敗戦です。
 曇り空の中、12:00キックオフです。薄い霧が懸かったピッチは、水を含みよく滑ります。序盤立ち上がり、本学はペースをつかめません。そんな中、【12分】左サイドからのシュートが決まり先制を許します。ゲームは相手の流れ、本学はなかなか攻撃を組み立てられません。ボールを回すもフィニッシュまで持ち込めないまま、ハーフタイム。前半、本学の放ったシュートは1本でした。
 後半、立ち上がりを注意していましたが【52分】左サイドから中央へのパスがとおり、2点目を奪われます。本学は【55分】33M松と3藤岡を投入(18谷口、63新井out)し攻撃のチャンスを作ります。そして【64分】2中島のシュートをGKがはじき、それを3藤岡がゴール前にパス。33M松のシュートで1点を返します。しかし、直後の【63分】DFを越えるループパスがとおり3点目を奪われます。【69分】78高松を投入(2中島out)し、攻撃に厚みを持たせます。そして、【79分】CKからのゴール前の混戦が空中戦となり、最後は71吉田のヘディングが決まり2点目です。1点差となり本学の攻撃にようやくエンジンがかかりますが、あと少しが決めきれないままゲームセットです。
 先制、追加点共に、ゲームの立ち上がり、得点後と、注意しなければいけないところでの失点を重ねてしまいました。最後は、良い形には持っていきましたが、残念な結果となりました。
 今日は、遠いところを懐かしい方も応援に駆け付けてくださりました。アウェーの中、応援も負けることなくありがとうございました。次節もご声援よろしくお願いします。
  10/27 第六節 vs大阪経済大学(京都学園大学G)×2:4(1:1)で敗戦です。
 晴天の中、12:00キックオフです。試合記録が取れておらず申し訳ありませんがコメントを控えさせていただきます。
  10/20 第五節 vs甲南大学(甲南大学南インフィールドG)△1:1(0:0)で引き分けです。
 雨天の中、12:00キックオフです。序盤から相手ペース、続けさまにゴールを脅かされますが、DFが粘ります。本学の攻撃はなかなかフィニッシュまで持ち込めません。ゲーム中盤、本学も徐々にシュートを放ちますが、枠をとらえるには至りません。流れは相手ペースの中、互いにゴールを奪えないままに、ハーフタイム。
 【HT】3藤岡投入(2中島out)し攻撃の流れを変えます。後半、相手の流れは変わりません。そして【50分】相手のロングパスが中央を抜け、そのままドリブルで持ち込まれて、先制点を奪われてしまします。波に乗る相手は、早いプレッシャーでボールを奪い、再三本学ゴールに迫りますが、GK1亀川の落ち着いた処理で追加点を許しません。本学は【56分】41高田を投入(65北村out)します。中盤、本学も攻撃のチャンスを作りシュートを放ちます。そして、【74分】CKからのゴール前の混戦で63新井のループが相手GKの頭上を越え、待望の1点目、同点に追いつきます。本学の攻撃にようやくエンジンがかかり、相手ゴールに迫りますが、最後が決めきれません。【88分】33M松を投入(80重信out)し、攻撃に集中しますが、決めきれないままゲームセットです。
 天候も厳しい中、相手のホームゲームで先制され苦しい展開となりましたが、相手に追加点を与えず貴重な勝ち点を得たゲームでした。
 遠方にもかかわらず、多くのご声援ありがとうございました。次節も応援よろしくお願いします。
 10/13 第四節 vs流通科学大学(京都学園大学G)は、○5:1(0:1)で勝利しました。管理人が観戦出来ていないため、コメントは控えさせていただきます。

2013.10.6

  10/6 第三節 vs神戸学院大学(姫路獨協大学G)○4:3(3:1)で勝利です。
 晴天の中、14:15キックオフです。序盤は相手ペース、【7分】サイドをえぐられ、中央からのシュートで先制点を許します。しかし、本学は落ち着いて徐々に流れを引き寄せます。そして【28分】65北村がドリブルで持ち込みシュート、キーパーが弾いたボールは、65北村正面にこぼれこれをきっちり決めて、同点です。その後は本学の攻撃で圧倒し【32分】67豊永からのパスを受けた18谷口がドリブルで切り込み、2点目を決め逆転です。前半アディショナルタイム【45+3】9村尾がPエリアで後ろからのチャージで倒され、PKを得ます。9村尾がピッチの外で治療の間、キッカーは68豊永、きっちり決めて3点目、引き離して、ハーフタイムです。  後半、序盤は本学ペース。シュートを放つもゴールを奪えません。ゲームはこう着状態、本学は【57分】8楠田を投入(72名知out)し、ゲームの打開を図ります。続く、【76分】41高田投入(18谷口out)しますが、相手は攻撃のリズムをつかみます。懸命にDFする本学ですが、【85分】パスでDFを崩され、中央から2点目を奪われます。続く【86分】またもや中央から3点目を奪われ同点とされます。本学は【88分】3藤岡投入(80重信out)し攻撃をリフレッシュします。そして、後半アディショナルタイム【90+1分】キャプテン9村尾がフリーでパスを受け、ドリブルでDFをかわし、出てきたGKと1対1、落ち着いて決めて決勝打となりゲームセットです。
 先制されても、落ち着いて自分たちに流れを引き寄せたゲームでした。しかし、自分たちの時間に追加点を奪えなかったことが、苦しい展開を生んでしまい。反省点も多いゲーム内容でした。特に後半の2失点は冷静に対応すれば防げたはずで、今のチームの大きな課題です。
 前節の流れを断ち切り、貴重な勝ち点を上げることができました。遠方にもかかわらず、多くのご声援ありがとうございました。次節も応援よろしくお願いします。
 前日の10/5は、I リーグ第7節vs阪南大学V(京都学園大学G)が行われました。結果は、×0:5(0:4)で敗戦でした。管理人が観戦出来ていないため、コメントは控えさせていただきます。

2013.10.1

  9/29 第二節 vs近畿大学(京都学園大学G)×1:4(1:3)で敗戦です。
 晴天の中、12:00キックオフです。序盤から相手ペース、押し込まれます。【8分】CKをヘディングで決められ、先制点を許します。ボールは回すも、前線に運べない中、【14分】サイドを破られ、2点目となります。その後も果敢に攻めますが、相手DFは固く、シュートに持ち込めない中、【22分】67豊永の豪快なミドルシュートが決まり、一点を返します。本学が良いリズムをつかみかける中、【39分】パスでDFを崩され、3点目を取られます。相手を崩し切れないままハーフタイム。
 後半も相手が押し込みます。本学も懸命に防ぎ一進一退のこう着状態が続きます。本学は【62分】41高田を投入(65北村out)。続く、【63分】3藤岡投入(78高松out)しますが、【69分】またもやパスでDFを崩され、4点目を取られます。【73分】33M松投入(80重信out)し攻撃をリフレッシュします。【81分】本学のCKのチャンスにキッカーは3藤岡、そのボールをヘディングで33M松が決めて、フレッシュな2人の活躍で2点差となります。その後も本学は果敢に攻めますが、相手ゴールを揺らすことなくゲームセットです。
 最後まであきらめることなく果敢に攻めましたが、相手の早いプレッシャーと堅いDFを最後まで崩し切れませんでした。
 ホームゲームということで、多くのOBの方も応援に駆けつけてくださいましたが、残念な結果となりました。今日も多くのご声援ありがとうございました。
 前日の9/28は、Iリーグ第4節vs京都産業大学(京都学園大学G)は、×1:4(1:2)で敗戦でした。管理人が観戦出来ていないため、コメントは控えさせていただきます。

2013.9.25

 9/22 開幕戦 vs天理大学(天理大学白川G)○1:0(0:0)で勝利しました。
 晴天の中、12:00キックオフです。序盤は本学ペース、シュートまで持ち込みますが決めきれません。中盤からは一進一退、相手もカウンター気味にボールを運びますが、本学DFは落ち着いて処理します。終盤は再び本学のリズム、相手を崩しながらもゴールをとらえられないままハーフタイム。
 後半、立ち上がりは相手が押し込みます。本学はマークを確認して対応し、相手に流れを与えません。ゲームは徐々に本学ペース、ゴール前の攻防に持ち込みますがフィニッシュを決めきれません。こう着状態の中、本学は【76分】3藤岡を投入(7山口out)し攻撃のリズムを変えます。そして、【81分】交代した3藤岡からのロングパスを9村尾が受け、ドリブルで持ち込み、キーパーの位置を冷静に判断したシュートで先制点を上げます。ゲームの終盤、捨て身の相手の波状攻撃にさらされます。DFとGK1亀川が耐える中、終了間際【90分】豊永を投入(78高松out)し、最後の守備を固めてセットプレーをしのぎそのままゲームセットです。
 粘りあるゲーム展開で、
最後に勝利をものにしました。双方共に一枚の警告もなく開幕戦にふさわしいゲームです。この調子で後期を制し、一部リーグへの昇格を目指します。
 今日も多くのご声援ありがとうございました。
 前日の9/21は、I リーグ第3節vs関西学院大学V(関学大第4フィールド)が行われ、×0:3(0:1)で敗戦でした。管理人が観戦出来ていないため、コメントはマネージャからです。
 晴天の中、15:30キックオフです。開始早々3藤岡がシュートを放つも枠を外します。直後に相手にPKを与えるも、GK46廣中がコースを読んでスーパーセーブです。【14分】にDFを崩され、先制点を与えます。ゲーム中盤は一進一退、終盤は本学のリズム、パスをつなぐもフィニッシュまで持ち込めません。終了間際は、本学の怒涛の攻撃で攻めますが、相手GKのスーパーセーブもあり、1点ビハインドのままハーフタイム。
 後半、立ち上がりは本学ペース、再三チャンスを作るも決めきれません。そうした中【15分】DFの裏を取られ、GKと1対1を許し2点目を決められてしまいます。【17分】95吉田を投入(39上貞out)し、前線のプレッシャーと高めます。【33分】33浜松を投入(3藤岡out)し攻撃のリズムを整えます。【40分】99加藤を投入(90村上out)しDFを固めますが、【44分】一瞬のスキを突かれて、3点目を許し、そのままゲームセット。
 ハーフタイム中も互いのプレイを確認しあい、高いコミュニケーションのとれたゲーム運びが出来ました。勝利には至りませんでしたが、最後まで前向きな姿勢は、チーム全体に勢いを付けるゲーム内容でした。

2013.9.17

 9月22日 後期戦開幕です。  vs天理大12:00(天理大G)です。応援よろしくお願いします。
 9/7 Iリーグ第1節vs立命館大学V(立命館大学原谷G)×0:3(0:1)で敗戦でした。
 9/15 Iリーグ第2節vs大阪教育大学T2(京都学園大学G)×2:4(1:1)で敗戦です。管理人は観戦できていませんので、マネージャーからのコメントです。
 雨の中、12:00kickoffです。開始【7分】先制点を決められますが、そこから目を覚ましたようにチームが一丸となり攻め続け、【44分】53番4回生の山本が決めて同点。前半を折り返します。
 後半、開始早々【46分】にまたしても53番がゴールネットを揺らし逆転しますが、直後に同点を決められ、その後【86分】PKを相手に与えてしまい逆転され、終了間際の【88分】に追加点を奪われ、ゲームセットです。
 2戦連敗ですが、全員の気持ちは勝ちにこだわり常に上をめざし続けています。
 22日から関西リーグも始まるのでIリーグ、関西リーグとお互いに刺激しあえる戦いができるように今後もサッカー部にご期待ください。

2013.9.7

9月22日 後期戦開幕です。
        vs天理大12:00(天理大G)です。応援よろしくお願いします。
当面の予定です。
8月30日 東海遠征
       vs愛知学泉大学@学泉大学11:00練習試合45分×3本
8月31日 vs愛知学院大学@愛知学院11:00練習試合45分×3本
       vs南山大学  練習試合 45分×2本 45分×2本
9月1日 vs名古屋商科大学@名商大10:00
9月2日 vs環太平洋大学(岡山)@環太平洋11:00
9月3日OFF
9月4日OFF
9月5日TR(トレーニング)
9月6日Aチーム vs名古屋大学@京園大 10:00 45×3予定
      Bチーム TR
9月7日Aチーム TR+応援
     Bチーム Iリーグ開幕
9月8日vsいなべ総合高校11:00
      vsFCコリエンテ(社会人)15:00 共に@京園大
9月9日vs京都パープルサンガ@サンガタウン 時間未定
9月10日OFF
9月11〜13日TR
9月14日TR.G/vs西舞鶴@京園大15:00/
      Iリーグ戦前TRの3グループ
9月15日Iリーグ、前日ゲームグループはTR+応援
9月16日OFF 9月17〜19日TR
9月20日通常TR(授業開始)
9月21日TR 9月22日リーグ開幕
9月23日Aチーム OFF予定
      Bチーム vs大院大U@大院大14:00
9月24日Aチーム TR
      Bチーム OFF予定
9月25〜27日TR
9月28日Aチーム TR
      Bチーム Iリーグ
9月29日Aチーム リーグ戦
      Bチーム TR
9月30日OFF

2013.6.30

 6/30 最終節 vs近畿大学(追手門学院大学G)○2:1(0:0)で勝利しました。
 曇り空の中、13:15キックオフです。序盤は一進一退の攻防、互いにシュートまで持ち込みますが決めきれません。ゲームは徐々に押されぎみとなりますが、守備も踏ん張り、相手のペースに呑まれません。【37分】ゴール前の接触で負傷した10角野out、89立本in。ゲームは相手に流れを掴ませないままハーフタイム。
 後半、風上に立つ本学は前線のプレッシャーを高め、良いリズムに乗ります。 【48分】相手DFのクリアーボールをインターセプトした89立本が強烈なミドルシュートを放ちます。GKがこれを弾いたところに走りこんだ9村尾が先制点。この後も本学の時間が続きます。80重信、18谷口が献身的にボールを追います。そして【52分】63新井からの縦パスを9村尾がDFを背負いながらワンタッチで落し、そこに走りこんだ89立本がミドルシュート、今度はきっちり決めて2点目を決めます。しかし、その後は相手が猛攻に出ます。守備が続き、厳しい時間が続く中、【71分】CKをヘディングで決められ1失点します。本学は【76分】3藤岡を投入(20柏原out)し攻撃陣を整え、再三前線にボールを運びフィニッシュまで持ち込みますが、枠を捉える事が出来ません。【90+2分】6串間を投入(89立本out)し最後の守備を固めます。相手の波状攻撃に崩されながらも体を張ったDFとGK1亀川のスーパーセーブでしのぎ、ゲームセットです。
 本日(6/30)で前期終了です。結果、5勝3敗1引分、勝ち点16、得失点差15の成績で前期を4位で折り返します。厳しい結果ですが、あきらめることなく後期を制し、一部リーグへの昇格を目指します。
 今日も多くのご声援ありがとうございました。残るは、I リーグ1試合です。最後まで応援よろしくお願いします。
 先週(6/23)vs成美大学(京都学園大学G) は、×0:1(0:0)で敗戦でした。管理人が観戦出来ていないため、コメントは控えさせていただきます。

2013.6.16

 6/16(日)前期リーグ第7戦 vs甲南大学(京都学園大学G)○4:1(0:0)で勝利です。
 汗ばむ青空の中、13:00kickoff、立ち上がりから本学ペースです。逆光、逆風の中、圧倒的にボールを支配します。シュートまで持ち込みますが、今、一歩が足りません。相手のシュートを2本に抑えて、ハーフタイム
 後半も序盤は本学ペース、そして【47分】10角野が相手サイドをドリブルで崩し、空いた中央にセンタリング、そこに走り込んだ41高田がジャストミート、相手ネットを突き刺さして先制点です。ゲームは完全に本学の流れ、サイド深くから再三ゴールを狙います。そうした中、またもや10角野がドリブルで中央に切り込みます。相手DFを引きつけてパスを出します。9村尾が完全フリーでパスを受け、落ち着いて2点目。この後は、捨て身の相手が流れを掴みます。再三ゴールを脅かされますが、GK1亀川のファインセーブでしのぎます。【65分】3藤岡を投入(9村尾out)し流れを引き寄せます。【71分】89立本を投入(80重信out)し攻撃の手をゆるめません。本学の守備が続く中【77分】18谷口の速攻のサイドチェンジを3藤岡が受け、相手DFをドリブルでかわして中央に切り込み、GKの位置を確認し、落ち着いて3点目を奪います。しかし直後の【78分】中央へのパスからドリブルで待ちこまれ、1点を失います。【80分】6串間を投入(41高田out)守備を固めます。その後は一進一退、本学は、うまく時間を使ってチャンスをねらいます。【84分】18谷口がドリブルで持ち込みそのままシュートで4点目を奪い相手の戦意を奪います。本学も再三ゴール前まで迫られますが、追加点は許さず、ゲームセット。
 前節の敗戦を見事に修正しすばらしいゲームを展開してくれました。残念なのは3点先取後の1失点です。こうしたミスを修正して2部を戦い抜き、1部で戦えるチームとなります。
 今日は、内山学長もグラウンドに応援に来て下さいました。学長の目の前でゴールを決め勝利する事が出来ました。多くの皆さまのご声援に支えられ、チームは運営されています。次節のホームゲームも、応援よろしくお願いします。

2013.6.9

 6/9(日)前期リーグ第6戦 vs大阪教育大学(京都学園大学G)×0:4(0:2)で敗戦です。
 曇り空の中、13:00kickoff、立ち上がりは良いリズムで入ることが出来ました。序盤は本学ペース、シュートも積極的に放ちます。しかし相手も本学ゴールを脅かします。そして【28分】本学ゴール前の混戦からの浅いクリアーボールを拾われ、先制点を許します。その後は一進一退、互いに決定機を決めきれない中、【45分】相手CKが直接決まり2点目を与え、ハーフタイム。
 後半のスタートも本学ペース、しかし相手の堅い守りを崩せません。【49分】3藤岡を投入(9村尾out)し裏を狙います。【55分】6串間を投入(78高松out)、その後【75分】33濱松を投入(20栢原out)しポジションチェンジします。しかし直後の【75分】中央をドリブルで抜けた相手に3点目をうばわれ、【76分】またも中央へのスルーパスを通され4点目を奪われました。本学も再三相手ゴールに迫りますが、最後までゴールを割ることができず、ゲームセット。
 残念な結果となりました。点差ほど力の差がある相手とは思えませんが、敗因は選手・コーチ・監督共に判っています。残り3戦に向けチーム一丸となって立て直します。
 今日も多くのご声援ありがとうございました。しばらくホームゲームが続きます。これからもよろしくお願いします。

2013.5.17

  明日5月18日(土)は、関西学生サッカー選手権大会3回戦です。対戦相手が決まりました。vs大阪商業大学と阪南大学Gで15:15kickoffです。よろしくお願いします。

2013.5.3

 5/3(金祝)前期リーグ第5戦 vs大阪経済大学(大阪経済大学 江口G)○2:0(0:0)で勝利しました。
 風が冷たい快晴の中、13:00本学ボールでkickoff、立ち上がりは良いリズムで入ることが出来ました。序盤は本学ペース、シュートまで持ち込みますが枠の外。中盤は相手が流れをつかみます。スペースにうまくボールを運ばれシュートを放たれるも粘り強くディフェンスします。終盤は一進一退、互いに決定機を決めきれないまま、ハーフタイム。
 後半のスタートは相手が流れをつかみます。ゴール前まで運ばれますが、我慢のディフェンスです。徐々に本学がペースをつかみ、相手のDFを崩しての攻撃がリズムに乗り始めます。そして【70分】CKのチャンスにゴール前で2中島が倒されPKを得ます。キャプテン9村尾が落ち着いて決めて、待ちに待った先制点です。本学の勢いが一気に噴出します。そしてゲーム再開直後の【71分】相手ボールを奪った10角野のスールーパスに9村尾が抜け出しドリブル、出てきたGKをフェイントでかわして落ち着いて2点目です。その後は、捨て身の相手に守備の時間が続き、日差しが強くなり気温が高くなるにつれ動きが徐々に鈍くなります。【87分】65北村を投入(41高田out)守備を固めます。【86分】33濱松を投入(3藤岡out)し、前線の守備を意識しつつ攻撃のチャンスをうかがいます。90分7山口を準備するも、ゲームはそのまま終了。
 先制点の後、2点目を早くに決めたことが勝因でした。本学の攻撃の芽を摘みながらスペースを作られ、攻撃されるシーンが多く、PKが無ければどうなっていたかわかりません。上位大学の一角を崩したものの、混戦気味のAグループです。「勝って兜の緒を締めよ」のことわざどおり、今日は今日の課題を修正し、ピッチもベンチもチーム全体を準備段階から引き締めます。
 今日も多くのご声援ありがとうございました。次節は、関西学生サッカー選手権大会を挟んで、6月9日(日)13:00kickoff、ホームに大阪教育大学を迎えての第6戦です。よろしくお願いします。
  関西学生サッカー選手権大会の本学は5月18日(土)3回戦から出場です。四天王寺大学vs大阪商業大学との勝者と阪南大学Gで15:15kickoffです。
 明日(5/4)は、I リーグの開幕戦です。vsびわこ成蹊スポーツ大学 14:15kickoff びわこ成蹊スポーツ大学Gです。こちらもよろしくお願いします。

2013.4.28

 4/28(日)前期リーグ第4戦 vs天理大学(京都学園大学G)△1:1(1:0)で引き分けです。
 汗ばむほどの快晴の中、13:00kickoff、立ち上がりは一進一退、互いに決定機を作れない中、【29分】20栢原のロングパスが相手GKの足元へ流れます。そこに80重信がプレッシャー、あわてたGKがミスキック、それを3藤岡がインターセプト、落ち着いてシュート、先制点を決めます。その後は本学ペース、猛攻を仕掛けます。しかし相手ゴールを揺らすことが出来ないままハーフタイム。
 後半のスタートは相手が流れを握ります。何度かゴール前まで運ばれますが、DFががんばります。そして【57分】67豊永を投入(20栢原out)し、ゲームを落ち着かせて流れを変えます。何度か相手ゴールを脅かしますが、GKの好セーブに阻まれてゴールを割れません。【73分】7山口を投入(3藤岡out)しスピードを増します。【87分】68北村を投入(80重信out)高さで押します。しかし終了間際の【89分】セットプレーからゴール前の混戦を押し込まれて、同点とされてしまいます。そのままゲームセット。
 待望の先制点の後、相手の堅い守備を崩して、追加点のチャンスを再三作りながらも好セーブに阻まれました。これからは、上位大学との対戦となり、より厳しさが増します。もっと多くのチャンスを作るため各自の課題を修正し、次節はチームの本領を発揮します。
 連休初日の今日は、多くのOBが見守る中での試合となりました。貴重な勝ち点1、多くのご声援ありがとうございました。次節もよろしくお願いします。

2013.4.21

 4/21(日)前期リーグ第3戦 vs流通科学大学(京都学園大学G)○5:1(0:1)で勝利しました。
 曇り時々雨の中、13:00kickoff、立ち上がり、互いが様子を見る中、【9分】相手FKのチャンスに準備できないまま、早いリスタートのボールはそのままゴールに吸い込まれ、痛恨の先制点を与えてしまいます。その後、相手は勢い付きますが本学は落ち着いて対処します。終盤、本学の攻撃も徐々に流れをつかみかけますが、ゴールを決めきれないままハーフタイム。
 後半のスタートは相手ペース、何度かゴール前まで運ばれますが、フィニッシュまで行かせません。そして【51分】8楠田からのパスを80重信が胸で落とし、走りこんだ67豊永が決めて、待望の同点打。その後、本学は攻撃の流れに乗ります。【65分】8楠田のCKからゴール前の混戦を80重信が決めて、2点目、逆転します。【65分】3藤岡を投入(7山口out)、ゲームは完全に本学ペース。【68分】投入直後の3藤岡のパスを9村尾がドリブルでゴール前まで運び、相手DFと絡み、倒れながらもボレーシュートで3点目。【69分】9村尾のCKに、2中島がヘディングで4点目。【73分】14西村を投入(80out)しスピードを増します。【79分】20柏原を投入(67豊永out)終盤を落ち着かせます。そして終了間際の【90+4分】9村尾が、3藤岡との1.2で5点目(Today's goal2)、大量得点でゲームセットです。
 相手、先制点の嫌なムードに呑まれることもなく、同点打以降は、本学の本領発揮です。前節を見事に修正しての勝利です。
 時折降る冷たい雨の中、今日も多くのご声援ありがとうございました。次節もよろしくお願いします。

2013.4.14

 4/14(日)前期リーグ第2戦 vs神戸学院大学(追手門大学G)×1:4(1:2)で敗戦です。
 風は強いものの快晴の中、15:15kickoff、立ち上がりは本学ペースに見えましたが【4分】サイドを突破され、戻りが遅れて先制点を決められてしまいます。その後は慌てることなく落ち着いてチャンスを狙いますが、【21分】またもやカウンターで2点目を決められてしまいます。【39分】FKのチャンス、8楠田が上げたボールに2中島が合わせて1点を返します。その後は本学の波状攻撃、再三シュートを打ちますが、最後を決めきれないままハーフタイム。
 【ハーフタイム】41高田を投入(65北村out)。
 後半スタートは本学ペース、相手ゴールを脅かしますが、決められません。【59分】10角野を投入(7山口out)し攻撃のリズムを作ります。しかし【61分】またもやカウンターで3点目を奪われます。【69分】31福永投入(80重信out)最後まであきらめることなく、ボールを追いますが【81分】4点目を取られ、大量失点でゲームセットです。
 相手は試合を通してシュートは7本で4得点。カウンターチャンスをシンプルに決められてしまいました。本学はボールは回すも球際が甘く、ロングパスはカットされ、最後まで攻撃の歯車が合わないまま、引き締めるべき試合で大量失点。
 スタッフ、選手が準備段階からコンディションを作り直して、次節に挑みます。今日も多くのご声援ありがとうございました。最後まで応援よろしくお願いします。

2013.4.6

 4/6(土)2013年度前期リーグ開幕戦 vs和歌山大学(J-GREEN堺S6フィールド)○14:1(6:0)で勝利しました。
 大雨と強風の悪天候の中、15:00kickoff、立ち上がりからファーストシュートを意識します。そして開始【3分】7山口からのパスを左サイドで受けた63新井が先制点。これで本学ペース。相手の攻撃の芽を摘みながら【26分】今度は3藤岡からのパスを63新井が中央からシュート2点目も決めます。続く【29分】3藤岡がドリブルで持ち込んでそのまま3点目。【36分】7山口からのパスを3藤岡が中央で受け4点目。【39分】20相原のスルーパスを3藤岡が決め5点目(3藤岡ハットトリック)。前半終了間際の【45分】3藤岡CKを71吉田がきっちり決めて6点目。相手シュートを1本に抑えてハーフタイム。
 【ハーフタイム】41高田を投入(65北村out)。
 後半も流れは本学のまま、そして、【48分】63新井からのパスを9村尾が決めて7点目。【50分】20相原のシュートが弾かれたところを67豊永が詰めて8点目。【58分】67豊永からのスルーパスを3藤岡が決めて9点目(3藤岡Today's goal 4)。【59分】7山口がドルブルで抜けて10点目。【60分】20相原からのスルーを7山口が11点目。【63分】31福永を投入(7山口out)し攻撃力を増し、【75分】15井上を投入(46廣中out)して守備を固めます。【78分】3藤岡のパスを20相原が12点目。【81分】63新井がミドルシュートで13点目(63新井ハットトリック)。しかし【89分】DFの乱れから中央をドリブルで持ち込まれ、失点1。終了間際の【90分】3藤岡のスルーパスを9村尾が14点目。大量得点でゲームセット。
 悪コンディションの中、リーグ初戦をベテランが引き締め新メンバーが大活躍と言う最高の試合運びでした。2週間前の京都選手権での敗戦から見事に修正し、常にゴールを狙いフィニッシュする気迫が感じられました。
 大量得点におごらず、次節は引き締めて挑戦し続けます。悪天候の中、今日も多くのご声援ありがとうございました。一部復帰を目指し最後まで応援よろしくお願いします。


2013.
03.24

2008.05.31

 2009.12.06〜2013.03.24の情報は、こちらをご覧ください。

 


 5/21(土)関西学生サッカー選手権大会 vs近畿大学 PK戦に勝利して喜ぶイレブンです。


マネージャー現在5名です。
大学生活、一緒にグラウンドで汗を流しませんか。仕事は一杯あります。 更に募集しています。興味のある方、グラウンドで会いましょう。