Javaがブロックされる!

パソコン変えたり、アップデートしたら、Javaがブロックされて動画が見られなくなった



今まで普通に表示されていたWebカメラ動画を開こうとしたら
「セキュリティー設定によってブロックされたアプリケーション」なんて画面が出て、表示されなくなった。
セキュリティー設定によってブロックされたアプリケーション

Windowsのアップデートか、Javaのアップデートが理由のようだが、真剣に観察していないので詳細は不明。

ちなみに、この時の環境
IE:10.0.9200.1675
Java:1.7.0_51-b13
2014.1月期のWindowsアップデート適用
ノートンインターネットセキュリティー使用


 
回避成功例

スタートメニューから、[コントロールパネル] → [プログラム] → [Java]

を選択。Javaコントロールパネルを開く
コントロールパネル

Java

Javaコントロールパネルから、[セキュリティー]のタグを選択し、セキュリティーレベルを[中]に下げる。
セキュリティーレベルを下げる


IEを再起動させると
アプリケーションを実行しますか

「このアプリケーションを実行しますか」と尋ねてきて、[実行]を選択すれば従来通りwebカメラが見られるようになった。


一応、回避は成功した。ただし、セキュリティーレベルが落ちているので「正しい回避」であるかどうかは不明。




回避失敗例

最初に試したのは、IEのオプション設定

[ツール] → [インターネットオプション] → [セキュリティー] → [信頼済みサイト] → [サイト]

と移動し、webサイトにwebカメラのサイトを入れてみた。

信頼済みサイト

が結果は変わらず。

javaの仕様が変わったのだろうか…。
         


戻る