まな板&包丁いらずの捌き方

メバルを釣りに行ったら、たまには食べたいですよね。しかし、まな板が臭くなるとか、後かたづけが面倒だとか、奥様にお叱りを受けることもあると思います。そこで、お手軽なメバルの捌き方を紹介いたします。見てくれは悪いけど、お味は最高!

用意するものは、鱗落としと料理用ばさみ。

鱗落とし
鱗を包丁の背中で取っている方も多いと思いますが、包丁の背中を使うと鱗が周りに飛び散って臭くなるし後かたづけが大変です。鱗落としを巧く使うと鱗が飛び散らないのです。もし新しく買われるなら、写真のように鱗剥がしの爪が両側に付いているタイプを選んでください。このタイプだと、鱗を右から左に動かして剥がすとき、右側の爪で剥がすようにすると剥がれた鱗は左側の爪に当たって外に飛び散らないのです。(^_^)v

料理用ばさみ
料理用ばさみを使うようになったのは、メバルを捌くときに背びれや胸びれ、尾びれ等を料理ばさみで切り取っておけば、ヒレの先端で手を怪我することもないし、ヒレのにゅるにゅるを取る必要もない。見てくれは悪いけれど、煮付けにした場合臭みが無く美味しさ倍増だよ!とH師匠に教えて頂いてから。。。。面倒くさがり屋のわたしは、全部ハサミで捌けば、まな板も要らないから、後かたづけが楽だと始めました。




処理前の状態









尾ビレ、背ビレ、胸ビレなどすべて料理用ばさみで切り取ってゆきます






すべてのヒレが取り除かれた状態。
これで、どのようにメバルを握ってもヒレのトゲが刺さることはありません。

見てくれはちょっと不気味ちゃん!?





鱗をとりましょう。
鱗落とし器は、この写真場合右から左に動かしますので、右側の歯を主に使います。
そうすると、鱗は周りに飛び散りません









鱗を取り終わると、内臓を取り出す準備にかかります。
まずは、お尻からハサミを入れます。









このように、エラが付いているあごの先端まで切り開き、あご側のエラの付け根を切り取ります。










次に、内臓を取り出しやすくします。
内臓は食道の脇腹側の膜で、体とつながっていますので、左右の膜を切り離します。

ついでに、背骨側のエラの付け根を切り取ります。





食道を写真のように切り離します。
この状態で、エラを引っ張ればエラが取れますし、内臓を引っ張れば、内臓が取れます。

ちょっとしたキモ!もし、4匹捌くのなら、4匹ともこの状態にしてから内臓を引っ張り出します。そうすれば、ハサミの持つところや、鱗落としの握りの部分が内臓の油で汚れずにすみますので、後で洗うのが楽です。





取り出された内臓







ハイ!きれいに裁けました。
血の固まりのようなものを、きれいに取っておくことが料理を美味しくします。

あとは鱗落とし、料理ばさみ、シンクを洗うだけ。
まな板を使わないので、キッチンカウンターも汚れません。




メバルは煮付けてもお造りにしても美味しい魚ですが、
明日の釣り場を守るため乱獲はさけましょう。


メバルタックルの選び方トップへ戻る