満州国が成立したばかりの頃。関東州は日本の租借地、威海衛はイギリス租借地(1930年に返還)、広州湾はフランス租借地でした。
モンゴルの独立は国際的に承認されておらず、現在ロシア領のトゥバ共和国(唐努烏梁海)とともに中国領。
中印国境はマクマホン・ライン(ヒマラヤ稜線近く)ではなく、ヒマラヤ山脈の麓に引かれています。(1933年発行)

解説:租界と租借地 解説:関東州(&満州国) 解説:鉄道付属地 
解説:威海衛 解説:広州湾 解説:香港 解説:九龍城砦 解説:マカオ 
解説:東トルキスタン共和国 解説:シッキム 解説:カイラス山とブータン

「古〜い世界地図」へ戻る

『世界飛び地領土研究会』TOPへ戻る