何故日本では英国やイギリスという呼び方をするの?

 

私達日本人はよくUK全体をイギリス(England)、イギリス人(English)という様に
総称してしまっているのですが、愛国心の強いスコットランド人(Scotish)やウェールズ人(Welsh)を前に
あなた方イギリス人(English)は・・・・等
その様な表現を用いるとちょっと嫌な顔をされる事もあります。

それではこの『イギリス』や『英国』という言葉はどこから来たのか。。
ポルトガル語で『イギリス人の』や『英語の』等を意味する『inglez』が語源ではないかという説があります。
(ちなみに、ポルトガル語でイギリスを意味する単語は『inglaterra』。)
それが聞こえたままに表現したからなのか『エゲレス』と表現される様になり、
『エゲレス』→『イギリス』となったらしいです。
この『イギリス』という呼び名は、江戸時代から知識人の間では使われていたらしいです。

それでは『英国』という言葉はどこから来たのか。
『エゲレス』と表現される様になったカタカナに、『英吉利』という宛て漢字が付けられて、
それが短縮されて現在の『英国』となったという説が最も知られています。
また、漢字表記については、日本ではなく中国から来ているという考え方もあります。
中国語でイギリスを意味する単語は『yingguo/イングオ』で、起源はやはりポルトガル語。
言葉の音にそのまま漢字があてられた可能性もあるわけです。

早い話しが『イギリス』とは日本語で、日本でしか通用しない言葉という事、且つ
『イギリス』という国も存在しなければ『イギリス人』という人種も存在しないわけです。

Special Thanx Kabaさん