戦後父と母が何か仕事をしたいが何をしようかと迷って

広い家と料理が好きなおばちゃんと、手器用な父と、人見知りをする母とで
やり始めた『お料理たなか』も早いものでもう60年。

毎日お客様の「楽しかった、ありがとう」「美味しかった」「又来ます」
此の声に喜びと、生き甲斐を感じて続けた60年でした。

懐かしいお客様のお顔、そして声
嬉しかったこと、楽しかったこと、少し辛かったこと
たくさんの数え切れない思い出たちが
店のあちらこちらに残っています。

がんばり続けた私たちも歳には勝てず足が、腰がと痛いところが出てきて
子供たちもそれぞれに自立し、残念なことに跡を継がないとのことで。。。
60年のピリオドを11月25日に打ちます。

私たちは普通のおばちゃん(おばあちゃんかな)になります。

兼六園と金沢城公園の散策のあと
金沢料理『たなか』が
皆様のお越しをお待ちしておりますのも。
優しい味の治部煮で心を暖めますのも
11月25日で終わります。


本当に長い間のお引き立て有り難うございました。

時は刻々と過ぎ。。。。。
胸が一杯です


女将

閉じる



金沢料理『たなか』





長い間御引立て頂き有難うございました。
11月25日を以って幕を閉じることになりました。
感謝m(__)m 女将
    


いらっしゃいませ♪『たなか』の入り口です

食べ応えある<ずわいがに>

金沢料理<じぶ煮>是非一度どうぞ♪

三月が見頃です<兼六園・梅林>

レストランのお座敷

客室より中庭を眺める

高価な<甲箱かに>味噌が美味です

一階の石廊下にあります

一階レストランの中央

Script by ako's cyberpage

1 1 1 1 1 1 1 1