けんきょカト連

 

 

    (憲法・教育基本法を守ろうカトリック連絡会)

Home | 資料 | リンク | けんきょカト連ブログ | 催し予定 |

    

 

    憲法と教育基本法を守ろう、カトリックのみなさん大集合!

 

カトリック島原教会 放蕩息子と

寛大な父の像

 

【教育基本法】 (前文)

 われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。

 

第一条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

教育基本法が、06年12月15日に安倍政権によって力づくで改悪されました。採決があんなに無理矢理に行われたのは、これが次に憲法を変えるための布石だからでしょう。

 

これから憲法を守り通せるかどうかはわたしたち市民の一人ひとりが良心の声を多くの人々と一つ響かせていけるかどうかにかかっています。

 

前教育基本法の精神を保ち続け、真理と愛において子どもの一人ひとりを見つめる教育を推し進めること。

 

そしてそれを通して、わたしたちの憲法が世界にうったえる平和・人権・民主主義の精神を邪悪な力から守っていけるように、知恵と情報を分かち合いましょう。

 

 

    「けんきょカト連」ブログ:

ここをクリック。最新の記事とコメントでコミュニケーション。ニュース・ご投稿をお寄せください。

 

発起人:

イエズス会社会使徒職委員会

憲法・教育基本法タスクチーム

連絡先:kenkyokatoren@gmail.com