舌の病気 症状

舌の病気の症状【しびれ・痛み・舌がん・色(白い黒い赤い)・味覚】などを解説

舌の大きな役割は味覚を感じることです。そのほか、舌は食べたり話したりする時や食べ物の消化を助けるなど舌には重要な役割があります。舌の病気や症状を見てみると、「舌苔」(ぜったい)は白い苔のようなものが舌の表面につく症状が見られる病気で、食べカスや細菌、白血球の死がいなどがその正体です。舌苔は口臭の原因になるので、歯を磨く時には一緒に舌も磨くようにすると口臭を予防できます。ただし、舌の磨き過ぎには注意が必要です。

舌の病気である「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、舌そのものには特に異常がないのに、舌の先や舌の縁にしびれやピリピリ痛む症状があります。「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌に多数の深い溝がある状態で、溝の位置、形、数、深さは一定していません。ほとんどの場合、症状はありませんが、溝の内部が不潔になりやすいために炎症が起こり、舌に痛みや味覚に障害が出ることがある病気です。溝状舌だけであれば、放置しておいても問題はありません。溝の内部が不潔にならないように、軟らかくてコシのある歯ブラシで軽くそうじをし、よくうがいをするとよいでしょう。

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白い斑点や、赤い斑点の症状が現れるもので、男性は女性の2倍と多く、年齢では50〜70代に多い舌の病気です。数%はガンになると言われています。このため、舌にこれらの異常が見られた場合には大学病院など、設備が充実した病院で検査を受けることをおすすめします。黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌に黒色または褐色の毛が生えたように見える症状がでます。黒毛舌は中年期以降に見られることが多い症状で、特に治療の必要はありませんが、不潔になりやすいので舌を常に清潔にしておくように心がける必要があります。

舌の病気の一つである味覚障害は、「味がよくわからない」、「口の中が苦い」など味覚の異常を訴える症状です。味覚障害の患者の数は年々増加しているといわれます。味覚障害の症状の主なものとしては、■味が鈍い(味覚減退)、■まったく味がしない(味覚消失)、■口の中に何も入っていないのに味を感じる(自発性異常味覚)の3つがあります。「舌がん」は口の中にできるがんでは最も多いがんです。舌がんは95%以上が舌の側縁にできて、舌の中央部にできるのはまれです。初期の舌がんはアフタ性口内炎とまちがえられやすく、放置していると進行がんになってしまいます。舌がんには、表面に薄く広がるタイプ、深部に向かって腫瘤(しゅりゅう)ができるタイプ、潰瘍が深部に浸潤(しんじゅん)するタイプがあります。

舌が白い色の病気の症状

舌は味覚を感じる機能が最も大きな役割ですが、食べるときや話すときにも舌は大切な役割を果たしています。舌の病気を紹介しますと、「舌苔」(ぜったい)は白い色の苔のようなものが舌の表面に付く病気で、白い苔のようなものは、食べカスや細菌、白血球の死がいなどです。舌苔は口臭の原因になるため、歯を磨く時に舌も一緒に磨くようにすると口臭の予防に効果があります。しかし、舌は磨き過ぎないように注意して下さい。病気でない舌苔と病的な舌苔の2種類があります。

舌がピリピリ痛みしびれる。炎症の症状がでる病気

「舌痛症」(ぜっつうしょう)は、読んで字のごとく、舌が痛む病気です。その症状は、外見的には特に異常がないにもかかわらず、舌がしびれ、ピリピリと痛み、特に舌の先が痛むことが多く、舌全体が痛むケースもあるようです。
「溝状舌」(こうじょうぜつ)は、舌の表面に多数の溝がみられる状態をいいます。ほとんど症状は伴いませんが、溝の内部が不潔になりやすく、そのため炎症が起こり、舌に痛みや味覚に異常を来すことがあります。

舌が白い、赤い、黒い色の病気の症状

「白板症」(はくばんしょう)、「紅板症」(こうはんしょう)は、舌などに白い色で、少し盛り上がったザラザラした異常や、紅色(赤い色)の、境界がハッキリしたビロード状などの異常が見られる症状です。これらはそのまま放置しておくと、がんになりやすいと言われています。舌にこのような症状が現れた場合は、大学病院などの設備の整った病院で検査を受けることをおすすめします。
黒毛舌(こくもうぜつ)は、舌の糸状乳頭が異常に長くなるもので、黒い色の毛が生えているように見えるため、このような名前がつけられたものです。黒毛舌は中年以降の人に多い症状で、治療の必要はありませんが、舌をいつも清潔にしておきましょう。

味覚障害と舌がんの病気の症状

味覚障害は、「味がハッキリしない」、「口の中が苦い」など味覚異常の病気をいいます。味覚障害の患者数は年々増加傾向にあるといわれます。味覚障害のうち主な症状としては、1.味を感じるのが鈍い、2. まったく味が感じない、3. 口に何もないが味を感じる、の3つの症状です。
舌の病気で最も怖いものは舌がんです。しかし、早期の治療で治すことができる病気です。舌がんは口腔がんの5割を占めています。「舌がん」は口の中では最も発生頻度が高いがんです。(口腔がんは体全体のがんの約2〜4%の割合です)。舌がんは、そのほとんどが舌の側縁(横側)にできます。舌がんの初期はアフタ性口内炎と間違えられやすく、そのまま放置しておくと進行がんになります。舌がんは早期治療で90%は治るがんですので、早期発見、診断が大切です。