ノロウイルス 症状 潜伏期間 感染症 原因 対策 予防

ノロウイルスの症状…潜伏期間・感染症・原因・対策・予防を解説

冬の食中毒はウイルスによる細菌性食中毒の多い夏とは異なり、特にノロウイルスが原因の多くを占めることはよく知られていす。ノロウイルスはウイルス性食中毒の主要な原因ウイルスでここ数年で患者数が急激に増えており、生カキの喫食に起因する食中毒事例がよく知られています。また、保育園や学校、病院や高齢者施設などでは、ヒトからヒトへの感染や汚染された器具を介したノロウイルス感染症による急性胃腸炎の集団発生が起きているので注意が必要です。このような事例の発生時期はインフルエンザの流行期とちょうど重なることから、従来はこのような事例の多くは集団かぜ、胃腸カゼの集団発生として取り扱われてきていたようです。

ノロウイルスの潜伏期間(感染してから症状が出るまでの時間)は24〜48時間で、一番多い症状は突然始まる吐き気(気持ちが悪い)・嘔吐(吐いてしまう)です。下痢、腹痛を伴うことも多いですが、発熱は軽度です。潜伏期間中に、これらの症状が1〜3日続いた後、治り後遺症もありません。ただし、体力の弱い幼児や老人はノロウイルス感染により死亡する場合もあるので注意が必要です。ノロウイルスは下痢等の症状が改善した後も、1週間程度(中には1ヵ月程度)ふん便中に排泄され続けるといわれています。また、感染しても症状が出ない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。この場合でも、ウイルスを排出していることが有ると言われています。

ノロウイルスはウイルスに汚染された飲食物を口にすることで感染します。またノロウイルスはヒトの腸壁細胞に感染して増殖し、ウイルスが腸管内に放出されます。。ウイルスは感染者の糞便と共に排出されるほか、嘔吐がある場合は胃にわずかに逆流した腸管内容物とともに、嘔吐物にも排出されます。糞便や嘔吐物がごくわずかに混入した飲食物を摂取したり、汚物を処理したときに少数のウイルスが手指や衣服、器物などに付着し、そこから食品などを介して再び経口的に感染します。またノロウイルスの場合、少数のウイルスが侵入しただけでも感染・発病が成立すると考えられており、わずかな糞便や嘔吐物が乾燥した中に含まれているウイルスが空気を介して(空気感染で)経口感染することもあると考えられています。

感染予防は特に飲食物を扱う人が十分に注意を払うことによって効果的な感染予防につながります。特に調理者が十分に手洗いすること、そして調理器具を衛生的に保つことが重要な対策であります。ノロウイルスは、逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)、消毒用エタノールには抵抗性が強いので、手洗いによって物理的に洗い流すことが感染の予防対策につながります。また、ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失うため、特にカキなどの食品は中心部まで充分加熱することが食中毒予防に重要です。生のカキを扱った包丁やまな板、食器などを、そのまま生野菜など生食するものに用いないよう、調理器具をよく洗浄・塩素系漂白剤による消毒をすることも大事な予防対策です。

ノロウイルス感染のウイルス性食中毒の状況

食中毒は夏場だけではなく、冬場でも起きています。夏の食中毒の多くは細菌によるものですが、冬の食中毒はウイルスが原因で、食中毒の大半がノロウイルスによって引き起こされています。ノロウイルスは1972年にアメリカの小学校で発生した急性胃腸炎患者便から発見されたものです。1997年5月に、食品衛生法改正で、食中毒病因物質に小型球形ウイルスが追加されました。さらに2003年8月に食品衛生法の病因物質は小型球形ウイルスからノロウイルスに改められました。ウイルス性食中毒のほとんどはノロウイルスが原因で特に最近では増加傾向にあります。
⇒ノロウイルス感染のウイルス性食中毒の状況

ノロウイルス感染の潜伏期間と症状

潜伏期間は24〜48時間(平均36時間)で、主症状は嘔気、嘔吐、下痢(激しい水様便)、差し込むような腹痛があり初期の水分補給が大切です。発熱はあまりみられまがあっても軽度で、症状は全般的に軽く、また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。潜伏期間は通常、2,3日で軽快しますが、老人や幼児、病弱な人はまれに重症化することがあります。ウイルス性胃腸炎集団発生の最も重要な病原因子であり、小児から成人までの全年齢層に感染し、小児に散発性の急性胃腸炎(主に嘔吐)を、年長児から成人に集団食中毒(主に下痢)を起します。ノロウイルス感染による食中毒事件は年間を通して報告され、冬季に多発する傾向が全国的に見られます。現在このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありませので、特に脱水症状がひどい場合には点滴を行うなどの対症療法が行われテいます。
⇒ノロウイルス感染の潜伏期間と症状

ノロウイルスの原因よる感染症

ノロウイルスの原因よる感染症は、ウイルスに汚染された二枚貝(カキ、アサリ、ハマグリ等)を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べて感染する場合やウイルスが付着した食品を調理した調理者の手指、器具から他の食品にウイルスが付着し(二次汚染)感染する場合があります。また、食品取扱者(食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭で調理を行う者などが含まれます。)が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べて感染する場合、感染者の便や嘔吐物に触れた手指にウイルスが付着して広がる場合や感染者の便や嘔吐物が乾燥し空気中に漂い、これが口に入って感染する場合があります。
⇒ノロウイルスの原因よる感染症

ノロウイルスの原因食品と予防・対策

ノロウイルスの予防と対策を見ていきましょう。食品を介した感染を予防するには、ウイルスで汚染された食品、特に貝類の調理は加熱を十分に行うことが効果的な予防です。食品中のウイルスは、食品中の中心温度85℃以上で1分間以上の加熱を行えば、感染性はなくなるとされています。二次感染の予防としては、手洗いの励行(外出先から帰った後、トイレの後、調理や食事の前)やうがいが有効です。ノロウイルスは各種の処理に対して抵抗性が強いので、殺菌効果・消毒効果を期待するよりも汚物に触れない、あるいは汚物を洗い流すことが重要です。調理従事者は下痢や嘔吐などの症状があるときは調理に従事しないことは勿論のこと、日頃から十分な手洗いとうがい、マスクや手袋の着用を習慣づけ、調理中は必要以上の会話を避けることが望ましいでしょう。また、まな板、包丁、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85度以上)で1分以上の加熱が有効です。
⇒ノロウイルスの原因食品と予防・対策