頻尿 原因 症状 病気 治療 予防 対策 改善

頻尿の原因と症状を知り、病気の治療・予防・対策・改善しましょう

頻尿は年齢が進むにつれて増える病気ですが、人に相談できないで一人で悩んでいる人も少なくないようです。頻尿の症状は、正常な人のトイレの回数は1日4〜7回で、トイレへ1日8回以上へ行く人は頻尿の疑いがあります。頻尿の目安は昼間10回以上、就寝時2回以上となっています。夜2回以上トイレに起きる人は、睡眠障害からいろんな体の不調などの病気を起こしやすくなるため、早めに病院で受診や治療することをおすすめします。また、普段の食生活から、頻尿を予防して改善もできます。まずは、原因を知り対策しましょう。

頻尿の原因のトップは男性・女性とも「過活動膀胱」です。過活動膀胱の状態になると頻尿と尿意切迫感という症状が出ます。過活動膀胱の人は40歳以上で12%、約800万人とも言われます。過活動膀胱の原因は、老化、神経障害、脳梗塞、前立腺肥大症、ホルモンバランスの崩れなどが原因で起きます。頻尿はこのほかに、前立腺肥大症・前立腺がん、膀胱炎、腎臓や心臓の機能の低下、精神的な原因からも起こります。

頻尿の治療法としては、まず病気からくる頻尿であれば、頻尿の原因となっている病気をしっかり治すか、病気をコントロールすることが大事です。膀胱炎などは、治療すればすぐよくなりますので早めに治療を受けるようにしましょう。次に夕食を早めに摂って、就寝までの時間に水分をあまりとり過ぎないようにします。それでも頻尿が治らないようなら泌尿器科での専門医の治療を受けることをおすすめします。

頻尿の予防や改善としての対策は、まず膀胱炎による頻尿に罹らないようにするため、水、お茶などの水分を普段から多めに飲むようにして、排尿は我慢しないように対策しましょう。神経性頻尿は、膀胱に異常がないのに尿意を気にしすぎることが原因ですので、排尿回数に無関心になることが予防、改善策です。糖尿病や脳梗塞などからくる神経因性膀胱による頻尿の予防・改善は、その原因になる病気を予防することが一番の対策です。

頻尿の病気の症状

頻尿とはトイレの回数の多い症状をいいます。頻尿は高齢になると進む病気で、人に相談できないで悩んでいる人も多いようです。トイレの回数は、正常な人であれば昼間が4〜7回、夜間が0回ですが、1日8回以上トイレへ行く症状のある人は、頻尿の疑いがあります。昼間はトイレの回数が正常でも夜1回だけトイレに起きる人も頻尿の病気の疑いがあります。

頻尿の原因

頻尿の原因で一番多いのは男女とも「過活動膀胱」の病気です。過活動膀胱の症状として頻尿と尿意切迫感が起こります。過活動膀胱の人は、40歳以上で約800万人が持つ病気と言われています。過活動膀胱の原因は、老化や前立腺肥大症、脳梗塞、神経障害、ホルモンバランスの崩れなどです。頻尿の原因としてはこのほかに、前立腺肥大症、膀胱炎、腎臓や心臓の機能の低下、緊張など精神的な原因からも起こります。

頻尿の治療と改善

頻尿を治療し改善するには、頻尿の基礎疾患となる病気があれば、まずその病気をしっかりと治療して治すか、その病気をうまくコントロールすることが必要です。食事の改善方法は、夕食を少し早めに摂って、寝るまでの間に水分の摂り過ぎに注意します。それでも頻尿に効果がないようであれば泌尿器科外来で医師に治療、診察してもらいましょう。

頻尿の改善・予防・対策

頻尿の予防・対策方法としては、膀胱炎にならないようにするため、水、お茶、牛乳などの水分を日常多めに飲むようにし、トイレは我慢しないようにしましょう。神経性頻尿は、膀胱にはとくに異常がないのに、何らかのきっかけから尿意を気にしすぎるようになることが原因ですので、排尿の回数にとらわれないことが、改善・予防法です。糖尿病や脳梗塞などを原因とする神経因性膀胱による頻尿は、その原因となる病気を予防することが肝心です。自分の対策を考えて、頻尿を改善しましょう。