失業のない社会へ 西日本新聞でも紹介された ! 初版4,400部在庫あり。

人間機械と失業第三次産業革命からみた社会・経済論


 
安達謙治郎【著】
  ISBN4‐931472‐16‐ 8
   長崎出島文庫 2000-6-30出版) B6 91頁
  本体価格1143円(定価1200円)
   NDC8 366.28

 
目次
  1 トランジスタと第三次産業革命
  2 人間機械の機能と役割
  3 人間機械と失業
  4 人間機械と減価償却
  5 人間機械と雇用の創出

 
特徴
  小学生・高学年から一般まで読める本。

 
ご注文・お問い合わせ
  
(ハガキ) 〒852-8022長崎市富士見町24-7あだち化粧品店
  (TEL ) 095-861-0341
 
  
代金のお支払いは
  
【頒価】 単価 (振替料・送料、共込) 900円
   卸売り致します (初版4,400部在庫有り)。価格はご相談に応じます。
  商品受け取り後、同封の郵便振替用紙にてお払込み下さい。
  (口座番号 01770 8 43861 あだち化粧品店)

手作り集音器; 1式 8,000円 (送料込)

そもそも、「人間機械」 とは何か?
 少なくともインターネット・サイトを閲覧する限りでは、その多くが、17世紀〜18世紀の唯物論的な 「人間は一種の機械」 を論ずる哲学者の 「人間機械論」 をとり上げています。ところが、これとは異なるノーバート・ウィーナーの “人間をする機械” を論じた 『人間機械論』 についても、これらと同一に扱かわれています。
 つまり、「人間機械論」 と言う、言葉の意味をお互い認識していない、同床異夢という現状です。

 当サイトで論ずる 「人間機械」 とは、 “人間をする機械” のことで、ノーバート・ウィーナー の 『人間機械論』 を発展させたものです。現在、沢山の国々が、この “人間機械” によって、「生活必需品の普及度100%の社会」 に成り、圧倒的多数の国民はその恩恵を受けていますが、反面、この “人間機械” によって、少数の貧困層が年々拡大しています。
 なお、本書 『人間機械と失業』 は、豊かな社会に於ける失業増大の必然性を明らかにし、失業問題の解決を目指したつもりです。


新・経済学理論
     経済学に於いて機械を労働人口とみなす考え方
      図解論文 ・ 『人間機械労働人口・論』
「機械の労働量」 と労働価値説の成立
剰余価値には 「利潤」 と 「現物」
第三次産業革命 (人間機械) とは ?

人件費と政策金利によるインフレターゲット

『商品 (製品)』 は性能の具現物

『労働価値説・性能価値論』 : もう一つの国内総生産 Efficiency GDP

性能価値

財政歳入・日銀から紙幣を購入し、歳出に当てる

著者の自己紹介
安達謙治郎 (1939年・生、長崎県西有家町・出身、
三菱重工長崎造船所技術学校・卒) 。家族は、妻 と三男。
趣味のオーディオ  手作り集音機  風力発電の時代  賃貸住宅

2014年 2月 28日 最新版

“IT社会” 発展のために、7時間労働制・労働制度の改革と減価償却資産・耐用年数30%伸長 の実現を。

Yahooブログ

Gooブログ  ジオログ 

  ゲストプックへ

世界の失業者数 (millions) ILO発表
Year 1993 1998 2003 2008 2013
Total 140.5 170.4 185.9 190.2 215
Youth, total 69.5 79.3 88.2


社会・経済を第三次産業革命の観点から見るコンテンツ
1 グローバル化
2 トランジスタと産業革命
2-1 産業革命とは何か
3 アルゼンチンとアメリカ
4 朝鮮半島
4-1 東欧・ソ連の体制崩壊の原因
5 戦争のイベント
5-1 アメリカ・FRBによる錬金術
9 新・経済学理論
9-1 二つの労働人口
9-2 「商品の価値」とその値段
 9-3 インフレターゲットの必要性
9-4 「時短」・原資は 「耐用年数」 伸長で
9-5 ヒステリシス現象の正体
9-6 生活必需品の普及度100%
9-7 もう一つの “GDP”
9-8 性能価値論
9-9 集音器 (補聴器)
14 香具師の手法
15 失業問題と少子高齢化
16 出版のきっかけ
17 ストレスと脳
18 1930年代の不景気
7時間労働制は何故必要か
6 失業者のサポート
7 慈善事業
8 貧困の鏡
10 ワークセェアリングの限界
11 企業会計制度の盲点
12 外形標準課税
19 企業財務のゆがみ
20 主計局と耐用年数算定
21 縮小する社会
since 2002/01/02     
アクセス数の推移