第7話・・「てふてふ」とは何か
(2004.7.25改訂)

これが「てふ」だ。掌で作った符号が左右に各一個、つまり「手符」が二つで「てふてふ」となる。


いきなり答えを出してしまった。この絵が「蝶」に見えるであろうか。見えた事にしていただいて話を進めるが、どうかお許し願いたい。もちろん古代人には見えたのである。
戦前までの国語教育では「歴史的仮名遣い」を用いた。「何々でせう」「くゎじ(火事)」「けふ(今日)」などである。現在でも使っている例では「何処へ」「何を」「ゆく(行く)」などがある。この場合に限り発音とは異なる表記をする「約束」である。
「い/ゐ」「え/ゑ」「お/を」の書き分けも同じだ。且つては音も違っていたかも知れないが、ここでは問題にはしない。

その「約束」は、少なくとも千年の間、かたく守られて来た。その「守り方」はハンパではない。士農工商、寺子屋に通う子供にまで、きちんと書かせたのである。もちろん日頃は「チョウチョ」と発音していた。だが文字に書く時には「てふてふ」と書かなければ満点は頂けないのである。
戦後、国語審議会は、これをあっさり捨ててしまったのであるが、その前に「なぜそのような約束がなされたのか」「なぜ千年もの間守られて来たのか」この2点を考えたであろうか。考えて、その理由がわかったのであろうか。

これは「ひらがな」の「歴史的仮名遣」の話だ。それ以前、「ひらがな」ができる前の「万葉仮名」の時代には、ほぼこれに対応する書き分けが行われていた。その事を発見したのが契沖である。つまり話は逆であって、万葉時代に書き分けていたから、「かな文字」の制作者は、当然の如くそれに対応する「ひらがな」を用意したのである。契沖の時代には、すでに契沖に「発見」してもらう必要があるほど「忘却」が進行していたというわけだ。

「てふてふ」は日本語である。これを「チョウチョウ」と発音するのはやむを得ない事であろう。だが明治までの為政者は、かたくなに「てふてふ」と書かせて来た。善悪の判断はあろうが、その信念は相当なものだ。「ことだま」を守って来たというべきではないか。
「てふてふ」と書けばその意味(ことだま)が伝達出来る。だが「ちょうちょう」では意味が消えてしまうのだ。「ちょうちょう」は日本語ではあるが、強いて言えば「幼児語」である。

さて契沖の発見(万葉仮名の書分け)によって、「歴史的仮名」と「万葉仮名」がイコールだという事がわかった。だが「その書き分けの理由」は考えなかったのであろうか。契沖自身は「歴史的仮名」を何のためらいもなく駆使していたはずだから、その発見だけで満足したとはとうてい考えられない。自分自身が、なぜ「い」と「ゐ」を書分けているのか、自分でもわからなかったのであろうか。もちろんこの質問は、昭和の時代までのすべての日本人に対する質問となるが、当然答えは得られないのである。「そう教えられたから・・」というのが正直な答えであろう。しかし契沖は学者だ。研究はしたが、遂に結論は出なかったと考えよう。その続きは橋本登場まで待たねばならなかった。

「蝶」を「てふ」と書くがゆえに、「飛ぶ蝶」を「いてふ」と書く。この絵は「銀杏の葉」を横から見たものだ。これからそのシーズンに入るが、木に付いた状態で見ていただきたい。これを「行てふ」と書けば意味がはっきりする。ここで日本語「い」は「行動」という概念を表わす言葉である。
銀杏の葉を見て「飛ぶ蝶々」と名付ける古代人の感性は、たとえ現代人の方が優れているとしても、なおかつ、決して劣るという事はないのである。

話は替わって「けんくゎ」「くゎじ」という言葉をご存じであろう。漢字では「喧嘩」「火事」と書く。これが万葉にどう書かれているかわからぬが(火事の歌があるだろうか?喧嘩の歌は?)、確かに戦前までは使われていた。
「ひらがな」を作ったとされる弘法大師がこのような書き方を指導したと考えてもよいが、その理由は何なのか。

いま仮に、古代には「ka」という音と「qa」という音があったとしよう。ひらがな制作者は、これに対応する「仮名」を用意しなければならないと考えるはずだ。だが「かな」は用意しなかった。替わりに「くゎ」と書くように定める。以後千年にわたって指導は行き届き、その日本文化は昭和20年までは存続した。

「Q」という音を仮に考えたと書いたが、実は仮ではない。
舞台や映画撮影の進行中「キュー」という信号が用いられている。意味は「急げ!」であり、その動作は「指をグルグルまわす」というものだ。ここでその「キュー」が何語であろうとかまわない。

これはローマ字「Q」の原形と推定した象形文字であるが、どこかで発見されたものではなく、私の創作品である。

「Quick」「Quiz」「Squeeze」「Queen」これらの言葉の意味が、すべて「急ぎ」の概念を持っている事にお気付きであろうか。
「クイーン」とは「急ぎの用を言いつける人」である。いずれも「Q」にその意味があるのだ。
次に漢字「急」の音は「キュー」であり、意味はもちろん「急ぎ」である。また日本語「けんくゎ」「くゎじ」はいずれも「急な事件」である。これらの言葉はすべて「Q」音とその意味から来ているかに見えないか。

これらの言葉の関連が偶然でないならば、「けんくゎ」と書き、また「てふてふ」と書く歴史的仮名遣いが、どういう文字なのかがわかって来るというものだ。すなわちこれらの言葉の中に、源日本語の秘密が隠されているのである。

「QA」音の表記が「くゎ」ならば「QI」「QU」「QE」「QO」それぞれ日本語音があったのかという疑問が湧く。だがこれらについては、それとわかる表記がない。だが例えば「KI」と「QI」の意味の違いは発見出来る。

KI----来た。木。気。着る。岸。
QI----嫌い。帰。奇。決まる。汚い。切る。−−いずれも「急な行動」がその概念の元になっている。

さて、上記の区別はいわゆる「上代特殊仮名遣」ではないが、どこか似ているようでもあるとお気付きであろう。
ご賢察の通り、これは橋本進吉のその説と重要な関係があるのだ。

本居宣長の弟子石塚龍麿が見付け、橋本進吉が再発見したという「上代特殊仮名遣」は、発見したその音の表記に甲乙2種あるというものである。現在私の考えでは、契沖の言う「い/ゐ」「え/ゑ」「お/を」の書分けが、この母音を用いる子音に影響を与えた結果として現れたもの、それが「上代仮名」であるというものだ。つまり「甲/乙」とは「い/ゐ」「え/ゑ」「お/を」にほかならない。例を示そう。

Kい−−−甲類「き」
Kゐ−−−乙類「き」
Mい−−−甲類「み」
Mゐ−−−乙類「み」

このようになる。
これが橋本進吉の研究の本質である。彼の研究は契沖とは異なるというものの、同じ穴を更に深く掘った事になるのだ。これでようやく「ひらがな制作者」のレベルに戻ったと言える。
「ひらがな」を作った弘法大師は、乙母音については別の文字「ゐ・ゑ・を」を用意した。だが子音乙については、いちいち別の文字を用意しなかったのである。理由は次に書くが、あまりに多くの文字となるからだ。実は橋本分類「き」の中には「K」音のほか「Q」「C」も含まれているのだ。

Kい−−−岐。吉。行動の発生。
Kゐ−−−寄。幾。木。居の発生。
Qい−−−棄。杵。急な行動。
Qゐ−−−忌。急な居(非行動)。
Cい−−−企。覆われた行動。
Cゐ−−−貴。城。覆われた居。

これらの音に区別があったとは思えない。6種の発音を区別できないからだ。だが意味は確かに6種あるのだ。念のため書いておくが、「ゐ・ゑ・を」は「わ行」ではない。甲母音「い・え・お」に対する乙母音という位置である。

そう解釈すると、橋本「上代特殊仮名遣」もすっきり理解出来るはずだ。甲/乙区別のある音は、甲/乙母音を含むものに限られているからである。また、同じ甲(乙)音の中に、いくつかの漢字が同居している理由も判明する。すなわち「甲」の中に「K.Q.C」3種が混在しているのだ。「乙」にも3種。また同様に「H.F」「J.Z」「B.V」「R.L」も混在してそれぞれ一群の漢字とされているのである。当然「H」と「F」では用いられている漢字の意味が違う。「R.L」も、違う。
漢字は表意文字であるから、このような書分けは可能だ。橋本進吉も、意味の書分けであるとはわかっていたらしいが、意味は発見出来なかった。


次回予告−−−−−第8話・・籐のツル