清水賢二 KEN G discography



What's New Records WNCJ-2263
2015年2月25日発売

ライブ会場, Amazon TOWER RECORDS
CATFISH RECORDS などのネット通販や全国のCDショップでご購入いただけます。

flyer
Japanese Standards / Kenji Shimizu
1. ああ人生に涙あり(水戸黄門テーマ曲)
2. 川の流れのように
3. ブルーシャトウ
4. あまちゃんオープニングテーマ
5. およげ!たいやきくん
6. ウキウキWATCHING(笑っていいともテーマ曲)
7. 恋の季節
8. 夜霧よ今夜もありがとう
9. First Love
10. 黒田節(福岡県福岡市の民謡)
11. 恋するフォーチュンクッキー
12. 花は咲く

清水賢二 (tenor sax)
清水武志 (piano)
礒金 弘 (bass)
倉知幸一郎 (drums)
Produced by Kenji Shimizu & Hiroshi Sato
Liner Notes : Shinya Takagi
Photos: Manabu Hieda, Ken Saimyoji
Design : Takamu Watanuki


日本人なら誰でも知っている日本の新旧楽曲をジャズアレンジ。正統派ワンホーンカルテットで収録。
結成20年になる清水賢二山口トリオのメンバー礒金 弘と倉知幸一郎に加え、清水賢二とは15年以上の付き合いの関西の素晴らしいピアニスト清水武志氏を迎え最強の布陣でレコーディング。
ジャズ入門CDとして最適であるとともにジャズマニアも唸らせる内容。サラッとアレンジ主体に聴かせる曲がある一方、ある曲はガチンコの緊張感の中でインプロビゼーションが展開。またある曲は今日のジャズが忘れかけているブルージーでファンキーなノリがゴキゲン。

Jazz Life 2015年3月号のディスクレビューに掲載されました。
JAZZ JAPAN 2015年3月号にインタビュー見開き2ページとディスクレビューが掲載されました。
The Walker's Vol.40のディスクレビューに掲載されました。
SAX magazine 2015 spring vol.3のディスクレビューに掲載されました。
山口放送KRYラジオ おはようKRY 県人アワーふるさとdeつなごう!で紹介されました(2/13)
大分放送OBSラジオ 50/50 Hearty Partyで紹介されました


マイベストプロ福岡 DVDセミナーシリーズ
KBC映像制作 2013年5月21日発売

詳細はこちら


ペンタトニック+αでアドリブ入門 for サックス/清水賢二
(楽譜はDVD映像中に収められたURL・パスワードでダウンロード出来ます)
■はじめに
 コンセプトの説明
■デモ演奏
  ・アルトサックス
  ・テナーサックス
  ・ソプラノサックス
 それぞれBlues、Pops系の曲、循環の曲、BeBop系の曲を収録
■終わりに
 アーティキュレーション・ノリの重要性など

 ※同内容をこちらG Jazz Schoolでレッスンしています。Skypeにて全国どこからでも受講可。お気軽にお問い合わせください。

簡単で超カッコイイフレーズ集♪
こんなシンプルで実用的なフレーズ集見たことない!
ジャズやポップス、スムースジャズ、フュージョン、ボサノバ、ブルースなどジャンルを問わず使える
アドリブ初心者の方はもちろん、II-Vフレーズなど勉強している中・上級者の方もコレを使うとソロがバチッと決まります!
アルト・テナー・ソプラノ全てでデモ演奏を収録。

フルートやトランペット、クラリネットなどのサックス以外の管楽器やボーカルのスキャットにも応用出来ると思います。是非ご利用ください。




What's New Records WNCS-5130
2012年2月22日発売

ライブ会場, Amazon , CATFISH RECORDS などのネット通販や全国のCDショップでご購入いただけます。


Black Coffee / Maki Urakami & KEN G
1. Since I Fell For You
2. Do Nothing Till You Hear From Me
3. Take Love Easy
4. Black Coffee
5. ビールdeスイング
6. 'Deed I Do
7. You Can Sleep Now
8. Cry Of The Wild
9. I Wish You Love
10. I've Got A World On A String

浦上眞紀 (vocal, guitar)
KEN G (tenor sax)

Produced by KEN G & Hiroshi Sato
Liner Notes : Shinya Takagi
Design : Takamu Watanuki

九州で主に活動しているボーカリスト浦上眞紀とKEN Gによる浦上眞紀デビュー・アルバム。 浦上眞紀はジャズでは珍しいギター弾き語りで、圧倒的な声量と5オクターブの声域でコンボからビックバンドまで歌いこなす実力派ジャズボーカリスト。ブルースフィーリング溢れる歌声で聴くものを圧倒。 また、KEN Gのソウルフルなテナーサックスが浦上の歌を優しく包み込み二人の対比が作品により深みを醸し出している。


Jazz Life 2012年3月号 (2月14日発売) のディスクレビューに掲載されました。
JAZZ JAPAN 2012年3月号 (Vol.19 2月23日発売) のディスクレビューに掲載されました。
cry_of_the_wild.jpg
What's New Records WNCJ-2188
2009年6月18日発売

CATFISH RECORDSディスクレビュー
Amazon.co.jp
CRY OF THE WILD / KEN G
1. FRIED BANANA
2. ONE SWING BLUE MOON (KEN G)
3. MIDNIGHT SAN (KEN G)
4. PORTRAIT IN BLACK AND WHITE
5. I'LL CALL YOU AGAIN (KEN G)
6. IMPRESSIONS
7. SONG FOR ROD (KEN G)
8. SOMETIME AGO
9. CRY OF THE WILD (KEN G)

KEN G (tenor saxophone)
JAKE LANGLEY (guitar)
RON OSWANSKI (organ)
JOE STRASSER (drums)
Produced by Jake Langley
Recorded at Lofish Studios, NY,
2008.1.22


KEN Gを初めて聴いたのはもう数十年も前、DUGでのライブだ。 ジョン・コルトレーンの強い影響を受けたサキソフォンプレイヤーだった。
KEN Gはカナダやニューヨークの精鋭たちと共演を重ねサキソフォンの美学を完成させた。
DUG 中平穂積 Mar 20 '08

ここ数年にわたるトロントでの収穫が3枚の素晴らしいCDに実を結んだ。
KEN Gの新たな旅の始まりは、トロントでの出会いから生まれたNYレコーディング・セッションだった。
トロントでの3部作が静謐な風景画といった印象ならば、今回の絵は喧騒なNYの街のひとときのまどろみの中に射し込むさわやかな一条の光を描き出したようなものだろうか。
とても一期一会とは思えない緊密なコラボレーションが生み出すサウンドは初々しい感覚の中にも懐かしさを感じさせてくれる。
サポートするNY中堅ミュージシャン達の堅実な演奏の中、水を得た魚のように、自由にのびのびとブロウするKEN G。
カナダ録音とは一味違う、KEN Gの新しい旅の一里塚がここにある。
キャットフィッシュレコード 深堀清次



youcan.jpg
THUNDER SOUND RECORDS(CANADA)
THSR-3001
CATFISH RECORDSディスクレビュー



You Can Sleep Now / KEN G
1. You Can Sleep Now (KEN G)
2. The Master's Degree (KEN G)
3. No More Tears (KEN G)
4. Bring Me To My Senses (KEN G)
5. I Remenber Don (KEN G)
6. Long Time No See (KEN G)
7. Last Winter (KEN G)
8. Sheep Man (KEN G)
9. Bologuruma To Otsukisama
(Osamu Ichikawa)

KEN G(ts,ss), GARY BINSTED(b)
2006/7/6,9


KEN GがカナダのベテランベーシストGary Binstedとデュオでオリジナルばかりを吹き込んだ意欲作。
タイトル曲"You Can Sleep Now"以下3曲はKEN Gが尊敬する京都のピアニスト
故市川修さんに捧げて書き下ろした新曲。
『ボロ車とお月様』のみ市川氏の曲である。
ベースとデュオとは思えない豊かな満ち足りたサウンドが展開している。
本作もカナダを代表する画家SAN MURATA氏によるジャケット画。


two1.jpg
Jazz Exchange Project(CANADA-JAPAN)
jex-05002
CATFISH RECORDSディスクレビュー



Tenderly / KEN G
1. Beatrice
2. How Deep is the Ocean
3. Ask Me Now
4. Tenderly
5. Say It
6. Darn That Dream
7. Easy Living
8. As Time Goes By
9. Blue in Green
10. Body and Soul
11. Too Young to Go Steady
KEN G(ts,ss), NORMAN AMADIO(p), special guest SAN MURATA(violin)
2005/06/23-30


日本のジョーヘンKEN Gがカナダのトロントにて収録。
NORMAN AMADIO(p)はChet Baker, Lester Young, Carmen McRaeなどの超大物ミュージシャンと共演してきたカナダの知られざる実力者。
そんなNORMANとKEN Gが国境も世代も超えて贈る心温まる作品集。
SAN MURATA氏によるジャケット画。


two1.jpg
Jazz Exchange Project(CANADA-JAPAN)
jex-05001
CATFISH RECORDSディスクレビュー



Last Winter / KEN G
1. The Reason (KEN G)
2. Crazy She Calls Me
3. Peacocks
4. That's All
5. G Blues (KEN G)
6. What Is This Thing Called Love?
7. You Go to My Head
8. Willow Weep For Me
9. Last Winter (KEN G)
10. Spring Can Really Hang You Up The Most
KEN G(ts,ss), DAN IONESCU(g), JACK ZORAWSKI(b), special guest SAN MURATA(violin)
2005/10/06-12


日本のジョーヘンKEN Gがカナダのトロントにて収録。
トロントの売れっ子ミュージシャンとうち解けた好演を繰り広げる。
オリジナル曲"The Reason", "Last Winter"他、SAN MURATAと共演したWillow Weep For Meは必聴。
カナダを代表する画家SAN MURATA氏によるジャケット画。


two1.jpg
Two Face / 清水ケンG
1. Penguin's Step (KEN G)
2. Blue Blue Grass (Hiroyuki Wakuno)
3. End of the World (KEN G)
4. Hard-boild Wonderland (KEN G)
5. Introduction (KEN G)
6. Gurkha (KEN G)
7. Sequence of Heart (KEN G)
8. The Bottom of Well (KEN G)
9. I Remember Don (KEN G)
清水ケンG(ts,ss)、木下 徹(g)、和久野寛之(b)、
左海誠司(ds)、礒金 弘(b)、倉知幸一郎(ds)
'97/2/23,3/2
NOKE JAZZ LABEL
NJ-00003 (廃盤)


bull.jpg
Bull's Eye / 清水ケンG
1. Bull's Eye (KEN G)
2. Sheep Man (KEN G)
3. The Earth Was Blue (KEN G)
4. Rubing Past (KEN G)
5. You Have A Right To Be Here (KEN G)
6. 春雷 (KEN G)
7. Bring Me To My Sences (KEN G)
清水ケンG(ts)、村上俊二(p)、川崎聡(b)、高山昌一(ds)
'96/2/2
NOKE JAZZ LABEL
NJ-00002 (廃盤)

reason.jpg
THE REASON / 清水ケンG
1. MIKARAM (KEN G)
2. THIS SIDE UP (KEN G)
3. REQIEM FOR ONE (KEN G)
4. Mr. H.S (KEN G)
5. THE REASON (KEN G)

清水ケンG(ts)、村上俊二(p)、磯金弘(b)、倉知幸一郎(ds)
'95/5/22
NOKE JAZZ LABEL
NJ-00001 (廃盤)




サイド参加CDはこちら

HOME

Copyright(c) Kenji Shimizu (KEN G) All Rights Reserved.