2005年8月2日(火)

ここはやなさんのコマーシャルです!

 わたくし、ホームページづくりのお手伝いをしますと、随分前から言っていますが、これまではあくまでも、ボランティアと云うことでした。今度は、多くの方の要望に応えると云う理由ではありますが、お仕事としてホームページ製作支援を始めることにしました。「やなけんさんのホームページ」を見て下さい。

やなさんのパソコン教室です!

 ホームページ(WEBページ)は、html(言語)というもので書かれます。これはテキスト形式のファイルで、ブラウザ(インターネット・エクスプローラ、ネットスケープ・ナビゲーターetc)と云うソフトウエアで見ることで、ごく少ない容量で、変化に富んださまざまな表示が得られるというものです。それが、世界共通のファイル形式だと云うことで、世界に発信できる。世界中の方が見られると云うことになる訳です。
コンピュータのことに詳しいあるいは、初歩を聞いたことがある方は、コボル、フォートラン等というプログラム言語のことをお覚えになっていることでしょうし、この言語で簡単なプログラムを作らされた事を思い出されるだろうと思いますが、プログラム言語が発達して、世界共通の超軽量な形式が出来上がったと云うことで、今日、インターネットが世界を席巻しているという訳です。こんな事をつらつら書くだけで、多くの方は「自分には難しくてホームページなんか出来ない」と、思われるようです。
ところが、ごく最近になって、言語というものを、意識することが無く、いわばワープロ(ワードプロセッサ)感覚で、ホームページがお手軽に作れる、ソフトウエアが開発されました。
もっと正確に云うと、ホームページビルダー(IBM社製)などのように、ソフトウエアを購入すれば、テンプレート(html素材・ひな形)やワンクリックで、タグ(文字を囲んでやるあるいは、文字の前に置くことで、表記形式を指定するもので、< >の半角で囲んで表されます)を呼び出す仕組み(部品集)があって、ほとんど、プログラム言語を意識せずに、ホームページを作ることは出来たのですが、それが、無料で豊富なテンプレートが用意され、文字部分は、ワープロの入力。画像部分は、画像を格納してある場所を指定するだけで、画像を配置した、素敵なホームページが出来上がる、しかも、日記帳やメモを書くお手軽さで、すこぶる取り組みやすい、加えて、自分の作品を多くの人に見て欲しいと云う人のために、「トラックバック機能」(後日説明の機会があると思いますが、ここでは便利な機能だと云うことだけ、覚えておいて下さい)まで、用意されたという、画期的なものです。

これが、ブログだ!

 最近になって、開発され、多くの社が競い合って、無料で提供し始めたのが、ブログ(webログ)であり、このことで、もしかすると、専門家が要らないのではないかと思われるほどの、手軽さ(簡単便利)で、ホームページを作れるようになったと云うことです。いわば、至れり尽くせりのもので、現に、コンピュータの知識などほとんど無いわたくしの様な者までが、ホームページ作りのお手伝いが出来ますよと云い出す始末だと云うことです。(まあ、この辺になるとやなけんがコンピュータの知識が無いなんて云うこと自体、嘘だという反論が出る訳で、話しは複雑になるのでこの議論はここで止めておきましょう)
いまや、ブログを使うことで、誰でも、ホームページが、無料で、持てる時代が到来したと云うことです。
これで、わたくし流に云わせて頂くと、情報伝達が、クリアーになる、と云うことです。
しかも、ブログの持ち主に対する、意見(コメント)欄が用意されています。(コメントが欲しくない、あるいは、ブログ自体を公開したくないようにでもブログは簡単に設定出来ます)
誰が何の為に、こんな、至れり尽くせりのサービスを提供して要るのかと云うことですが、これは、民間放送局が、受信料を取らずに運用されている事を見れば分かるように、バナー広告を使うことによって実現されているものです。検索ソフトの世界で云うと、Google(グーグル)が、世界でものすごい売上を伸ばしており、日本では、yahoo!が大きなシェアを占めつつあり、楽天、ホリエモンなどが、急速に躍進しているのがお分かりだと思いますが、正にその理由がこれだ!


                    ケンケン旦那のジオログ

戻る