2006年8月28日(月)

どうして今頃掲載?何て疑問もあったようですが!

今度の記事は、結構多くの方が読んで下さりコメントも下さいました。
その中で、忘れてはならないのは、松島からおいでになっている、仁さんからのメッセージです。昨日のミーティングでご披露申し上げようと思っていたのですが、バタバタしている中言い忘れました。

仁さんは、最近孫が大きくなり、こちらに来る機会が減ったため、顔が出せなくなっているのだそうです。9月に入ったら何とか月1回ぐらい来たいとおっしゃっておりまして、女房も、是非そうして下さい、何なら我が家に立ち寄って、お休み頂きながらと、申し上げたそうです。

是非、そうなさって下さい。

それから、Iさんのお父さんが、106歳で鬼籍に入られた話しを練習会場でお聞きしました。練習途中で、T夫妻、Hさんが練習に来られ、その話しを確認しました、葬儀は13時からだったそうです。

さっそく、練習後女房に送って貰い、自宅にお邪魔しました。これはもう悲しみ云々の話しではないと云うことで、わたくしが、いわば門徒(洗礼と同じ意味だそうですが)授戒した時の袈裟を付けて、その時の数珠をもって、いわば、ミニ和尚と云った趣でお参りさせて頂きました。

本当に長い間ご苦労様でした。合掌。

7月23日の、第3回芙蓉シニア親睦ラージボール卓球大会の記事の掲載が、1ヶ月と4日過ぎた昨日、河北新報のスポーツパークみやぎに掲載されました。記事内容に対する、会員を始めとする方々の反応は非常に良く、大満足でした。ただ、何で今頃と云う言葉が聞かれたので、説明しておきますと、この面の記事は目白押しで、どうしても待ち時間が長くなる、それこそ忘れた頃にやって来ると云う人気のページですので、皆様には、ご愛読されるようご案内申し上げます。

わたくし自身のホームページは、前回の「親子スポーツグランドゴルフ・特訓の成果出た・3丁目西町内会・子供の好成績でV」の同番組掲載の際は、行事が6月11日で、掲載が7月15日でしたが、新聞掲載後に内容を掲載した訳で今回も同様の取り上げ方をします。この記事の出来上がるまでの過程は河北の情報センターの柘植さんとのやりとりがあった末の成果品になっております。

雰囲気でもうお分かりでしょうけれども、わたくしは一昨日の記事掲載から昨日までの出来事を思いながら、結構センチメンタルになってこのコンテンツを作っております。
記事のPDF   お待たせです写真集

※次回、第4回芙蓉シニア会員親睦ラージボール卓球大会は12月17日(日)に長命小体育館で開催することが決まっております。
作成者 やなけんさん

                    ケンケン旦那のジオログ

戻る