日本語ワードプロセッサー(以下ワープロ)は、今日ビジネスの現場をはじめ、学校や家庭など、あらゆるところで、とてもよく使われるようになりました。その理由は文字を入力した後の編集や校正が楽にできる事や、絵や写真をレイアウトした美しい文書を手軽に作成できることではないでしょうか。

ワープロといえば文字を入力するときに、かな漢字変換を利用する人がかなり多いと思いますが、世の中にはローマ字かな漢字変換以外にも、さまざまな入力方式があります。

かなキー入力方式なども、その一つですが、それ以外に漢字直接入力(通称:漢直)と呼ばれる方式があります。このサイトでは、漢直の中でも特に「知る人ぞ知る」TUT-CODEについての話題を集めてみました。

TUT-CODE方式の利点として、まず日本語入力のスピードが速いということです。それに従来のかな漢字変換方式に比べて、疲れが少ないという点も大きな特徴だといえます。もちろん一般的に使われているかな漢字変換はとても便利な機能ですし、それなりに社会の中で十分役に立っているといえます。

しかし、日常的に長時間に渡り、日本語文書を入力する場合はどうでしょうか。私も以前はローマ字かな漢字変換による入力を中心に仕事をしていました。しかし、漢直方式に転向してからは、入力のときに得られる快適さが、随分違うということを感じています。

TUT-CODEは、かな漢字変換方式と共存できます。直接入力できない漢字は、変換すればよいのです。ですから漢直初心者の人でも、日常の仕事を続けながら、入力の練習ができます。 皆さんもこの快適なTUT-CODEを利用して、日本語を高速・快適に入力してみませんか。



当サイトはリンクフリーですが、

リンクされる場合はメールで

連絡をしていただければ幸いです


English

御意見・お問い合わせ

最終更新日Oct.16/2015

動画 Windows7でWXG4 

新常用漢字対応WXG用拡張コード 

日本語文書処理サイト
プログラム言語で日本語を多めに


当ペ-ジのコンテンツは予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

Office Noguchi 1999-2016 All rights reserved