INFINITY TOPへ  →INFINITY釣果速報  →熱きオトコたち かく語りき  →すぐ使える!専門用語集  
主なルアー対象魚  →anglers  →スモールマウスバスの狙い方  →ヒットルアーデータ →主なルアー対象

釣行記/2008
INFINITYの釣行記です。福島県のバス(ラージマウス、スモールマウス)をメインに紹介。

2008年11月24日
小さいのしかいなかったよ。。。JIN
管理釣り場にて
2008年10月11日



 前回の釣行記での予告通りにINFINITY恒例 東京湾シーバスフィッシング。
今回は、仁、管理人kiwasakiこと岩崎弟、百瀬氏、小池氏(今回初めての釣りです。)、巻ニャン校殿(ルアーフィッシング初めてです。)の5人で釣行。



 前日船長から、「デカイ群れが入ってて、午前中調子いいから早くこれるかなぁ。。。」と相談の電話。15時予約を10時半に変更し集合予定でしたが、トラブルがあり到着11時45分。。。船長スンマセン。




さて、羽田周辺で釣れているとの事なので、移動が楽。風の塔まで行くと遠いなぁといつも感じますが、羽田ならルンルンです。

バイブが調子いいとの事なので、レンジバイブを5cm〜9cmまで準備し早速キャスト。
早巻きするといきなりガツン。サクッと50UPGET。リアル系のカラーの反応が良く、イワシカラーにガンガン当たってくる。
潮は上げ七分くらいで潮はちょい濁り気味。



今回初釣行の小池氏と巻ニャン校殿の二人にキャストなどを教えながら10分ほどすると反応アリ。

小池氏1匹目中々の引き。初めての割には意外と冷静なやり取りでちょっと関心。
ラインは12ポンドのナイロンラインに30ポンドのリーダーをつけて、ドラグ調整もしっかりしているので滅多なことではバレないだろうと思いながらも、『まー初めての魚だしバラすだかなぁ・・・』なんて思いながら見ていると、魚が寄ってきた魚体を見るとかなりデカい!!その後何度か突っ込まれながらも、船長の巧みなランディングでGETしたのはなんと86cmのランカーシーバス!!
初物がいきなりの86cmとはさすが。小池氏の引き運の強さに脱帽です。



船長の前日の電話の通り、確かに日中の魚の反応は良い。ちょいちょいボイルが見られるし、ボイル直撃は結構な確率でHITしてくる。
結局3時半ごろまで釣りをして30本ほどの釣果。アベレージは50cm後半と中々楽しめるサイズでした!!


今シーズンもう一回くらい行きたいですね〜。

【参考タックル】
リール:シマノバイオマスター2500番〜3000番
ロッド:ミデアムクラスのシーバスロッド 6ft前後
ライン:12ポンドナイロン安物+20ポンド、30ポンドのナイロンフロロリーダー
ルアー:レンジバイブ(イワシ系カラー)、シンキングミノー(9cm)、スピンテールジグ(イワシ系カラー)
  
2008年10月05日
さて、今回の釣行はJIN & SHIMANO氏のタッグ釣行。

最近釣れない三春ダムへ行ったそうです。

行くところ行くところ先行者にバッティングしたそうで、蛇沢周辺では先行者が50UPをあげていたそうです。釣りはタイミングです。

さて、ダムはだいぶベイトがウヨウヨいるような状況のようです。

サイズは大型ではないもののJINはスピナーベイトでのヒット。

SHIMSNO氏はミノーでのミノーサイズゲットという釣果。

場所とタイミング、釣り方さえマッチすれば良いサイズが望めるかもしれませんね。当たり前のコメントで失礼しました。

さて、次回予告!!

毎年秋恒例!!東京湾シーバス祭り!!10/11釣行予定。10/12に元気であればUPしますのでどうぞよろしゅう。
2008年09月27日
久々の川釣果は仁からです。

とにかくこのサイズ出すのも郡山周辺では大変みたいです。。。

最近更新が少ないのは、メンバーの釣行が少ないからですね。

三春ダムはだいぶ難しいようですし。。。

2008年08月16日


昨日(15日の海釣り)の疲れがどっと残っている、kiwasakiことイワサキです。
昨晩、仁兄が帰ってきたので、久々に川釣りの約束をしたのですが、、、


しっかり、寝坊して時計は6時半。。。


倦怠感と頭痛とヒドイ寝ぐせを携えながら、とりあえず寝ぐせは家にあったJAの帽子をかぶって何とか抑える。


昨日に比べるとだいぶ涼しいくちょっと小雨の釣り日和。水量もまずまずなので、流れ込みのポイントに向かう。
小魚は結構流れ込みに集まっているのが確認できる。
道に蜘蛛の巣が張っているので、どうやら先行者が入った形跡も無い。


さて、とりあえず投げる。無反応。。。


最近郡山付近は釣りにくい。どこに魚が集まっているかわからない。

とりあえず、ワタナベイト氏が良くサターンを使って釣果を上げているので、サターンに変えてみる仁。
するとすぐに魚からの反応。

あっさりと30cm弱のスモールをGET。

その後、同じような場所にセンコーを小さくカットしたワームをノーシンカーで探るとkiwasakiにも反応が!!
同サイズのスモールをゲット。これkiwasakiの今年初スモールです。


その後、活性が上がり始め、盛んに小魚を追い始めるスモールたち、それを釣る二人。

得意のミノーに変えたkiwasakiは、ラッキークラフトのフラッシュミノーで周辺を探るとアタリ、残念ながら乗らず↓
もう一回同じエリアを探って今度はフッキング!!調子いいなぁーと思っていたら、25cmくらいのニゴイ。。。↓たまには外道もいいでしょう。。。


さて、その後グリフォンで探る仁にもアタリ。だいぶ遠くでフッキング。跳ねた姿が結構デカイ!!50cmはありそう!!最初頑張っている割には根性のないファイト。。。。
あげてみると56cmのジャンボニゴイ。。。。

その後数本スモールを上げて、下流へ移動する。


昨年47cmをあげた水門に向かう。ここは水量があるとそこそこ魚が付いている。
サターンで探って5、6投ほどで30cmほどのスモールをGET。さっそくさらに下流の水門に移動。


ここを最後のポイントと決めて、釣り開始。
水門は反応がないものの、魚は集まっている。

周辺をセンコーで探るジン兄にヒット。結構デカイ。ヒットした場所は護岸と川底の間。
ところがランディングに入ったkiwasakiのミスでバラシ。。。軽く40UPでした。。。スンマセン。


その後も同じ場所で2本ヒットの1本キャッチで、ともに35cm。逃した一本は、またまた目の前で、ランディングミスでした。


結局実釣2時間半ほどで、12本のスモールをGET。記録級のニゴイも出て久々の大釣りが出来ました。

↓ムービーはこちら

2008年08月15日
たまには海もいいでんです。

管理人kiwasakiことイワサキカズヤとエース梅原氏の2名で海へ青物を狙いに行ってきました。

ルアーが禁止なので、餌はイカを5cmくらいにカットして仕掛けにつける。

7時ごろから釣りはじめるものの、周りもポツポツという感じで盛り上がらない。
たまーにちょいと群れが入るような感じもありながらも、釣れ続くような群れではない。

午前中いっぱいプレイして、結果イワサキ6本。梅原氏15本ほどの釣果でした。

しかし梅原氏はホントに海〜川〜ダムとどこでも良く釣る!!いつもバス以外の釣りでは色々とご指南いただいてます。

今回も沢山オモリと釣り針なくしてすみませんでした。また行きましょうね♪

釣果は、カンパチ≧ワカシ(ブリの幼魚)でした。刺身が最高です。ナメロウも中々です。



ムービーはこちら↓


2008年06月15日


ワタナーベイト氏と久々の釣行。朝5時に阿久津橋集合。ワタナーベイト氏は風邪っぴきプラス前日飲み会のため体調イマイチの状況。

早速下流の水門めざす。しかし先行者がおりこのポイントは断念。数釣りが期待できるポイントだったのでちょっとくやしい。

5時では遅いんか。阿久津橋ちょい上流の流れ込みに移動。数投キャストし魚の反応全くないので早々に見切り下流の中州ポイントへ移動。

ワタナーベイト氏は上流のポイント私は下流の中州周辺を探る。しばらくしてワタナーベイト氏が妙な動きをしている。

スモールかけているではないか。しかしジャンプしまくりで切られてしまう。リグはサターンのスプリット。これは今期最強です。

俄然やる気がでる私。トップ、ミノー、スピナベと硬いルアーローテし反応ないので自作(和也作)ハンハンジグにバルキーパワーホグを

セットし探り始める。その後上流をみるとワタナーベイト氏がまた怪しげな動きをしている。再度魚かけた模様。今度は確実にゲット。

しかもさっきバラシた魚だという。先ほど切られたサターンがのどの奥に見えるらしい。しっかり同じ魚にリベンジするあたり

さすがワタナーベイト氏。リグを変えるがあたりのない私。中州先端にキャストしハンハンしながら巻いてくると約3m先で待望のバイト。

デカイ。真っ黒で40UP確実の魚体が見えるといきないジャンプ。痛恨のバラシ。フッキングが甘かった。

気を取り直して今度はグリフォン巻きはじめる。上流にキャストし若干早めに巻いていると今度はひったくるようなバイト。これもデカイ。

グリフォンだけにまたもやフッキングが不安。8の字にロッドをいなしなんとか2フックかける。

ジャンプ、引きまくりでようやくゲットしたスモールはなんと48p。でかー。自己記録には及ばないもののめちゃうれしい。

今年はデカイの釣れるなー。ワタナーベイト氏も中州近くに移動してくる。すると私の足もとにいた見えバスをいとも簡単にゲット。

すばらしい。私は食わすことができなかった魚です。よく水中を見てみると最初に私がバラシした魚のバイトがあった付近にデカイやつがいる。しかもその周辺から移動せずウロウロしている。さっきのやつだ。適当にハンハンしてるとまさかのバイト。

予想外のことにまたもやバラす私。最悪。しばらくするとまたやつは戻ってきた。今度はワタナーベイト氏がその付近を攻める。

見えバスどこにいるんですかと質問するワタナーベイト氏に今そこを横に泳いでるよと教えてあげるとワタナーベイト氏の竿が曲がっている。

なんと既にサターンをくわえた状態で泳いでいたのだ。ありえない。

念願の40UPをゲットすべく激しい引きに耐えながら粘るも切られてしまうワタナーベイト氏。残念。

その後反応がなくなってきたので体調がすぐれないワタナーベイト氏は投了。私も一旦納竿する。

 

しばらく涼しげな場所(?)で時間をつぶしお昼前に白鳥ポイントに行ってみる。前日の様子見のときと同様イマイチの状況。

再度中州ポイントに行ってみる。すると私とワタナーベイト氏がしてやられたデカバスがまたいるではないか。あのやろー。

ハンハンにサターンをセットし攻める。ほっとけメソッドかまし食わす。リベンジ成功。43p。しかしこれでは終わらない。

ちょっと上流をハンハンしているとデカバスが追いかけてきた。私もやつもやる気満々。

一旦ピックアップしこれまたほっとけ待ち伏せメソッドで食わす。45p。すばらしい。

結局午前中だけで40UP3本という大満足の釣行でした。
2008年05月18日
夕まずめ白鳥ポイントへ。

先行者がいて竿がすごい曲がっている。

近くにいくとデカイズーナマ。

プライヤーがないとのことで貸してあげる。

スモールはぜんぜん釣れないとのこと。

上流でやらしてもらったがさかなっけなくまったく反応ないので中州に移動。

色々ルアーローテさせるが反応なし。

下流に移動すると足もとにデカイラ−ジがいる。俄然やる気。

しかし見えバスはやっぱ釣れない。

しばらくすると約束してた梅原アニキが四駆遊び終了し合流。

お気にのセンコーから最近スモールに強いサターンにローテする。

上流にキャスト。コツンとあたりがあり合わせるととんでもない引き。ジャンプジャンプでやっとランディングするとマルマル太った46センチ。

とったどー!! 水たまりにキープし次を狙う。下流のラージの様子を見に行く。

たまに岸際に現れる感じ。ハンハンにかえシェイクしてるといきなり下から

現れバイト。突然のことにあせって合わせてしまい痛恨のフッキングミス。

余裕で50UPだったなあれは。その後若干水面が騒がしくなってきて

期待できる時間帯が続くもののノーバイト。

アニキは私以上にアタリはあったものボーズに終わる。

今年初スモールが46センチで大満足の釣行でした。
2008年05月03日

ホント久しぶりの更新になってしまいましたが、これからが本格的なシーズン。バシバシ更新していきますので今年シーズンもINFINITYをどうぞ宜しくお願いします。
さて、管理人のkiwasakiは久々に福島に帰省。三春ダムの様子をみるも水が多くまだダメ。さらに今年は滑津ワンドは生態調査か何かで水を抜いたという話もあり、まだ釣果をだすのは厳しい状況。。。

さてどこに行こうか考えると次は川。こっちは逆に水が無い。。。しかも連日暑いので魚の居場所がわかりません。。。。

どこに釣りに行こうかこんなに迷うGWも珍しく、とりあえずwatanabait氏と仁兄と須賀川の稲田湖に向かうことにする。
昨年(2007年5月4日釣行記参照)は数は上がらずともスポーンがらみの大型のバスが多数いたポイントに望みを託していくも、結果駄目。ウオデスをロストして終了。

時間があまりなかったので、一昨年49cm、50cmが出ている野池に向かう。
小さい気なので、小型のワームにルアーを替えて葦周辺を探ると魚信。小さいながらも今シーズンはつのバスをGET。ちびっ子のクセにかなりプリプリ。何食べてんだろ??

その後、仁も同じエリアで3本小〜中型を釣り上げこの池は投了。
(kiwasakiはここでストップフィッシング)

kiwasaki離脱後、仁とwatababait氏が向かうは須賀川地域の川。
ここでwatanabait氏が大活躍。他のアングラー(仁含む)がほとんどつれない中、25cm〜35cmクラスを4本GET。惜しくも本人の最大サイズ記録の更新とはならなかったものの、確実に釣りレベルが上がっている勉強熱心なwatanabait氏である。

【参考タックル】
サターン、カットテールワーム、ハンハンジグ
2008年04月29日

ムラケンさんから待望の釣報告です。今年もムラケンさんの年になりそうな気配。。。
以下メール転記

『お久しぶりです。
4月29日の釣果!

45センチ、46センチのラージを釣りました!

最初に阿武隈川に行こうとしていたのですが、田んぼの関係か濁りが酷く釣れる気配が無かったので野池巡りに変更!

場所は矢吹方面?と須賀川の某野池です。
@ヒットルアー=ゲーリーヤマモトのグラブで岸ぎわ早巻きで45センチ!

Aヒットルアー=イモグラブで水中に沈んでいたボート周辺に落とし放置プレーで46センチ!』
 
キレイな魚体のバスでうらやましい限りです。。。





ultimate fishing team infinity