小説目次 

 

世界の癒しであるオエバ、それと対極にあるブロウク。
神殿はオエバを囲い、世界に権威を見せつける。
董はほんの好奇心からオエバに会いたいと思う。
これはそう、『少年は少女に出会った』そう呼ばれる一つのお話である。

2016/11/7 完結しました!

 

一 世界は彼を厭うというなり 

      

 二 オエバは皆の光というなり 

    10 11 12 

三 この小さな村から始まる反逆 

 13 14 15 16 17 18 19 20 21 

四 世界のあるべき姿を知るは罪か

 22 23 24 25 26

 

   

 小説目次 
 (C)Copyright Since 2006 Keiyou, All right reserved.