新古今和歌集
HOME1 巻名 式子内親王 西行 定家 俊成 プロフィール リンク 写真
新古今和歌集の小道を散歩 
         
 新古今和歌集の鑑賞と批評を固定観念にとらわれずに独断と偏見で書いた鑑賞文です。明日の活力ににつながればと念じています。
  新古今和歌集を最初の歌から最後の歌まですべて読もうと思い立ち、毎日の散歩と同じような気分で読んでいます。
 ただ読むだけでは、読んだ証拠が残りませんので歌に関することをノートに50字から100字程度にまとめています。
  今回、使用したテキストは、ワイド版の岩波文庫本です。
校訂は、佐々木信綱氏です。ワイド版ですので、中高年には大変ありがたい本です。
 さらに、うるさい注釈もありませんのでのびのびとした捉われのない心で味わうことができます。
 定価は、消費税込みで1200円でした。とてもよい本だと思います。(残念なことにすでに絶版のようです。)


新古今和歌集テキスト 
   
 


お気に入りの歌 
   
      
二百四十番      式子内親王

  かへり来ぬむかしを今とおもひ寝の
    夢の枕に匂ふたちばな

 本歌がなくともこの歌そのもので成立する歌である。しかし、「五月待つ・・・」のイメージが加わることにより、さらに一層世界はひろがる。「かへり来ぬむかしを今と」という思いは、なんと切ない気持ちであろうか。夢は現実の逆説的表現なのだろうか。恋の思いがふと蘇るのである。
「歌で読む 源氏物語」
「源氏物語」を作中歌を鑑賞して読むサイトです。
「古今和歌集散歩」
姉妹編で「古今和歌集」鑑賞を源氏物語のヒーロー柏木衛門督が解説します。
ヤフーのカテゴリサイトに掲載されています。
Last Update.2017.9.27
Copyright(c) 2003-2017 Ozawa Keisuke
リンクはご自由に。
メールをいただければ幸いです。
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター

keisukes18@nifty.com
■サイトマップ
■ふれあいコーナー  (ご感想など)
(長年世話になっている古典文学大系)

新古今和歌集

今日の散歩(2017.9.27)

  四百九十番   花山院御歌

 秋の夜ははや長月になりにけり
     ことわりなりや寝覚せらるる   

下の句は上の句の理由となっているという点で古今集の特色を残している。秋の夜長の特徴を正確にとらえているといってよいであろう。しかし、作者本人の人柄は明確には出ていない。

  四百八十九番  大納言経信

 秋の夜はころもさむしるかさねても
     月の光にしく物ぞなき       

本歌は「照りもせず曇りもはてぬ春の夜の朧月夜ぞめでたかりける」(大江千里集)。春秋論を下敷きとしたもので、秋の月の味わいを歌ったものである。「ころもさむしろかさねても」に秋の寂しさの実感が込められていよう。定・隆・雅の推薦がある。

    四百八十八番  寂蓮法師

  ひとめ見し野辺のけしきはうらがれて
     露のよすがに宿る月かな 

      現実の世界と心の世界とのギャップに美の世界を求める新古今の特徴がこの歌にも見られる。「露のよすがに宿る月」とは観念的であるが、作品の持つ世界は伝わってくる。