千葉県下ではたくさんの
マンション建設紛争が起きている
 
マンション建設反対運動は何故起こるのか
 全国で繰り広げられているマンション紛争。訴訟問題。
 なぜ、低層住宅の隣に巨大なマンションが建つのか、それは業者寄りの法律と経済優先の社会の仕組みにあります。
 千葉県でもたくさんのマンション紛争があります。突如太陽を奪われ、風害を起こされ、建設事業主に脅され、大変な毎日を過ごし涙を流しています。
 私たちは法の壁にぶつかりながら、皆で横のつながりを持ち「自分達のまちを守りたい」・「住み続けたいまちを創りたい」と立ち上がりました。
 私たち「景観と住環境を考えるネットワーク・千葉」は全国ネットの仲間達と一緒に問題点をあぶり出し、学習し生活改善に向けた取り組みをしていきたいと思っています。今後様々な勉強会やシンポジウムを開催し、法改正や条例改正を目標に活動していきます。
 皆様のご参加をお待ちいたしております。定例会にもお越し下さい。
 
● 市民集会のお知らせ
「3・11後のまちづくりを考える」
〜ずっと住み続けられるまち・住居・暮らし方〜
船橋中央公民館にて9月3日・4日(土日)の2日間、市民集会「3・11後のまちづくりを考える」〜ずっと住み続けられるまち・住居・暮らし方〜 開催します。
講演:楡井久 氏(地質環境学者) 五十嵐敬喜 氏(法政大・内閣参与)
船橋漁港からの船上ツアーもあります。
船橋漁業組合長・大野一敏さんの船上からのメッセージは迫力です。
申込は景観と住環境を考える全国ネットワークへ
ネット申込 → http://www.machi-kaeru.com/
FAX申込 → (03)5228−0392

千葉ネットの定例会は毎月第2 土曜日に開催しています
場所:船橋駅前フェイス5階サポートセンター    18:00より
お問い合わせは事務局まで    hotroom_iyasi55@yahoo.co.jp