下のほうが古い日記です、過去の日記はPAST DIALYのリンクから

 このPUGINをDLするとバック音樂が流れ出します、大きくないので是非ともDLすること薦めます.KOAN PLUGINはこちらl MAC

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1162355 のほうのMIXIに最新の日記が更新されています・・是非其方のほうへ来てくださいね・

入れない方は 何かしらメッセージでも下さい・・マイミクとして・・招待をかけます メールはここまで

 

仏陀の言葉 
 

すべての者は 暴力に怯える

すべての者は 死を恐れる

自分に引き比べて殺してはならぬ

人をして殺させてはならぬ

人は、正しい者、清らかにして汚れなき者を損なえば

悪の報いはほかならぬ、その愚者に返る

あたかも向かい風に投げかけた細かい塵のように

 

  ダンマパダ 暴力の章 悪の章

 

おじ
2005年4月15日 

無事長いTOURも終わり神山に昨日戻る。僕の育ての父親とも言える、新宿の叔父がいきなり
先日亡くなっていまい、その為湘南での演奏後横浜の自宅に残る。 僕の育った新宿余丁町の
叔父の店 木の実もとうとう閉店である、なんとも寂しいではないか。。
それでも今回のERのライブは、新しい素晴らしい展開を見せ始めた。それが唯一の僕の慰めであった。

 

 

     911 ・2004     徳島タウン誌 あわわ 掲載予定原稿
 僕の名は恵樹(KEIJU)、音楽家でございます。
 生まれは横浜、育ちは新宿…今は徳島の神山町山中標高500メートルある、古い農家に住みだして約2年半を過ぎたところ。その前はどういうわけか、タイ・バンコクに住居を構えること16年。もちろん音楽関係の仕事をしていました。ライブ演奏・作曲・編曲・録音など。自分で言うのもなんですが、かなりの売れっ子でした。自作の曲では60万枚のHITと言うのが最高でしたが、数々のミリオンセールスでギターソロを弾いていました。タイ版ポケモン デジモンのギターソロは僕が弾いているものです(けっこうこれ自慢!)。タイ滞在の終わりのほうでは タイの国民的歌手ダヌポン・ケオカンさんと仕事をし、彼の豪邸の近くのはなれに数年住んでいました。ぼろ家でしたが、なかなかの暮らしでした。周りにはマンゴーの木がたくさんあってねえ…もう食い放題!
 で、どうしてこの神山のまた山奥へ? この山の中に音楽の仕事などほとんどありません。皆無と言ってもいいかも。かすみを食いつつ!?生きているのです(嘘!神山町の皆様の愛に支えられておりまする。ありがとう!!)。神山に来たのは、同町の行っているアーテイストインレジスと言うイベントにに呼んでいただいたのがきっかけでした。それ以来気に入って徳島に住むことになったんです。それも凄い山奥に…そして嫁さんも得、子供も生まれました。

 ちょっと前までは自称「亡命中」だったのですが、いまは「疎開中」。というのもあの911直後に初めて神山に来たのですが、ここを気にいったのと同時に、今まで自由に、いろんな国を渡り歩いていた状況が、あのいまいましい911以来ガラっと変わりました
。僕に限って言っても世界での流れが、本当に一変したわけ。そう来るなら疎開だーーーーー!! というわけでこの山奥へ。

家からは他の家は一軒も見えません。凄いところです。ですから下界の浮き沈みも、ここにいると全く関係ないといえば、関係ないわけですなあ。なので僕の今の状況は、これはこれで全くオーライ!なんですが、911は本当に忌々しいと常々思っていたわけです。まあほとんどの人が同じような気持ちを持っていることでしょうが、元来かなりのひねくれ者の僕は、物事を字面上とらないと言う癖がありまして。まあ海外、特に第3諸国に住むとこういう態度は知らず知らずのうちに身に付くとは思うのですが(僕の場合、頑固親父に確実に近づいていると言うのが、僕の嫁さんの意見ですが…)。
 
 911が起きた直後から臭い臭いと思っていました。カッターでハイジャックできるか? 即席の飛行訓練であんな飛行できるか? 揚げたら限のないくらい理由はあるのですが、でもアルカイダだのビンラデインだの何度も何度も同じ単語を聞かされているうちに頑固をきめている人々はどんどん減り…僕はただの頑固親父になりそうになっていた時に一石を投じるものに出会いました。「ああ、僕はただの頑固親父でなかったのかも」って。それは、あるアメリカの小さなテレビ番組制作会社の作ったものですが、これが凄い!
 邦題は『911 ボーイングを探せ!』というビデオ。
 これを見ると911の裏の大きな陰謀が見えてくるんです。でも、その証拠は別に機密文章が出てきただとか、盗聴テープがでてきたとか、そんな物ではないのです。それは僕らが滅入るほど見せられていた、あの大手アメリカTVのニュース番組の中に証拠が、たくさん転がっていたと言うものです。
 目から鱗です。

例えば あのペンタゴンに突っ込んだはずのボーイングの機体の残骸が 全く無いのです。。それに衝突の衝撃で破壊されたと、聞いていた建物の破損も 実は衝突数時間後に崩れたものだったと言う事実・・その上破損部分が異常に小さい、 大西洋横断出でた直後の燃料フルの飛行機事故の破壊力とはかけ離れているのです・・ 、 その他にも呆れるような事実が続出!!
きな臭い事実が 既に放映されていたニュースに隠されていたのです・・・ ただしこれらの映像は アメリカ政府がアルカイダの仕業と
決めた直後から 報道既成のもと一切表には出なくなった・・でも少なくとも これらの映像は1度は 放送されたものだったと言う事実。。
これってもしかして仕組まれたものなの? 誰に? どうも、、今まで言われていたテロリストでは無いようですねえ.。 で、どいつ? このビデオは決して 結果を言い切ってしまうような新たなるプロパガンダビデオではありません。ちゃんとしたジャーナリスト魂によって作られた作品です。判断を下すのは受けて側です。その結果多少わかりずらい表現を取っているとは言えるのですがね。現在このビデオのバージョン2の日本語版も製作中だそうです。こちらはもっとクリアーな説明がなされていますが、まだしばらく時間がかかります。
その他 いろいろな事実がこのビデオで明らかにされていくのです・・

 このビデオ、あの日本のボランティア元年と言われた神戸の震災で尽力した、神戸元気村代表の山田和尚こと山田成雲さん(日本海重油漏れ事故の際も尽力され プロジェクトXで見た人もいるでしょうね)が体を張って日本中に配布しようとしているのです。彼の心意気に打たれました・・
 勿論これを作ったアメリカ人は命がけです。もちろん×○○あたりに睨まれているようで…。世界中の一人でも多くの人に見てもらって嘘の世界から足をせめて数歩踏み出してほしいと思って…、、、別に宗教団体ではありませんよ。「悔い改めよ」なんってことは言いません。ただ、嘘の上に成り立った社会・経済なんて!!!!

 極論を言えば、本来これらの問題はアメリカ人の問題なんです。これらのことは詰まるとこアメリカ人に解決してもらうしかない。今の戦争を止めさせられるのもアメリカ人です。日本政府がそこに顔を突っ込む事ではないのです・!。ブッシュが「我々に付くか、それとも悪に付くか」って責めよりましたが、僕は顔だけ見てもブッシュが大嫌いです。となると僕はテロリスト? 冗談じゃないぜ! ただの音楽家よ。ブッシュとは完璧にうまが合いません! どう見ても アメリカの3流映画のカウボーイ映画の悪党顔です!

 日本も人道支援をしないといけないんだって? ごもっともなご意見かもしれません。いままでの筋書きで来ればねえ。でもこのビデオを見てからもう一度考え直してみてくださいませ。いままでの座標軸が180度動くでしょう。  きれいさっぱりした気持ちに戻りましょうよ。今のままでは 世界大戦路線まっしぐらかも知れません・ 嘘に塗りたくられた世界から1人1人が足を洗い 又各自が自由に考え行動できる 世界にしましょうよ!! 僕らの周りからね!!


 この映像を1人でも多くの人の目に触れさせたいんです。まずは日本人に、そしてあなたのアメリカ人の友人に見せてもらいたい。
 彼ら自身が知らない人が多いのですよ・ 山田和尚が沖縄那覇で知り合った若い米兵数名にこのビデオを見せたところ、彼らは「兵役やめーた」と言い切ったそうで。
 そう! もう止めましょうよ、殺しあうのは。憎しみは次なる憎しみを生むだけだって誰でもわかっているもの。
日本人にはこのことはすぐに理解できることですよね これって素晴らしい事だと思います 今の世界状況から見たらね!

 これを読んで 興味を示される方、このビデオ配布の動きに、カンパをお願いしているんです。そのお礼に2500円以上のカンパをいただければ、このビデオOR DVDを差し上げております。送料が別途かかりますが 受取人払いでDVDで450円かかりますが。
 そして回りの友人に見せてやってくださいよ! その上気に入っていただければバージョン2の英語版DVDがあります。これを一人でも多くのアメリカ人に見せてあげてください! こちらは1000円以上のカンパで差し上げとります(送料別途)。
 受付は現在メールのみ(xxxxxx@yahoo.co.jp )です。無関心よそわずねえ、胡散臭いと思われる方もいるでしょうが、とにかく一目見てほしい。 人数が10名でも集まれば 無料上映会にも駆けつけましょう。どうです!!  僕は本気です。!!!
 よろしくお願いします。

 

 

2004.4.28

無事EURASIAN RUNGの10日間にわたるライブをおえる。演奏だけならまだこのまま20日間ほどやれそうだが、PAをはじめとするかなり重い機材を、出し入れするのには参る。へとへとだった。。。まあこういう時しか運動はしないので良しとしよう。 

ということで今は、四国の静かな山の中の空間を楽しんでいる。先日の雨で 岩清水も随分威勢良く流れている。家は湧き水で生活をしているのだ。もちろん無料である。 この水 とにかく美味い水であり、柔らかい。これで風呂に入ると 普通の塩素のはいった水道水はたまらなくなる。 家の一番の財産であろう! しかし この山は植林で殆どが杉林になっている。 前にも言ったが この針葉樹林は地面で水の保水能力が無いのである。 ここにいると 日本の抱える 諸問題の源がここに見え隠れするような気がするのである。。。。

 

タイ食

2004,3,6

45日ぶりのタイへやってくる。日本は多少春めいて来ていたが
出発した3日早朝は、かなりの冷え込みだった。
前回の帰国から、神山で3日間、ライブTOURを関東で1週間したのち和歌山経由で、島根に約3週間の滞在後、
大阪でのライブを経由し和歌山で2日間
神山はたったの3日間。かなりの忙しいスケジュールだった。 これだけ動いても お金は全く溜まらん !!でも楽しい!
 
 僕らが行く先々では 素晴らしいことが沢山起きる 人の意識が 音と共にいい感じに開くのに遭遇するわけですなあ。。
癌は日本の高速道路 あの関所を越えないと日本では動けないのである。。あれで如何に日本の血液が滞っているのだろうか??
もう少しで血管破裂だ! コレステロールギドギドである 。僕らは 赤字さえ出さなければ 動き回る気力がまだあるが 
普通の人はそうは考えんだろうなあ。。 貧乏人は 高速つかわんでもでもいいよ という声も聞こえてきそうですが。。。

今の日本、下手したら 家から1っぽ外に出たら 赤字である。僕の友人はこの状況を称して 軽い戒厳令状態だなという。。。
24時間で空いている店は 貸しビデオ屋 とコンビ二だけだろ?  と友人。確かに。。 お菓子ぼりぼりかじって
エロビデオ見させとくんじゃ! 巧妙な戒厳令だと。。。。。。凄い意見!!!でも 納得してしまう部分もあったりして。。

あかん!! そんなのあかん!!  というわけで 僕らは動き回るのだけど。。。。 殆ど 精神統一して 金銭面の問題を
度外視するのです。。。 やったるど このやろーーー!。。。。今に見ておれ と!

    

タイに無事到着する。 外に出たとたん ムーっとする空気。うえ==== 
こらあ凄い湿気だ! 気温は35度。いきなりくらくらと来る。
両親がすでに2ヶ月前に、タイへやってきたいたため、家は比較的きれいな状態。
くらくらとしたまま エアコンの効いた部屋で 寝込む。。
そのまま2日間 居間のソフアーの上に寝たので。腰が痛いのなんのって。。。
 まず食事はトムヤムクン 親父達がいるから そう辛いのは頼まなかったが 美味い!!!
 最高! 薬膳だ! 体が楽になるのを感じる シャワーを浴びる べたべたの体がすっきり!!これであるタイの醍醐味は! 

今朝は親父達を空港まで送る。帰り家近くの朝市による 今日は土曜日だから、それでなくてもでかい朝市は凄い盛況だ。
 そこらじゅうに食物が散乱する朝市。 これが一番タイのパワーを感じる場所でもある。
人の話し声 笑顔そういったものを見ていると 本当に幸せな気持ちになれるのだ。。
 豆乳 タイドーナッツ トウモロコシ 海老みそ混ぜご飯 生春巻き パイナップル そしてグアバの石鹸を買う しめて120B 
なんと300円である! 安い! 知ってはいたが 改めてビックリする! 
日本で何が買える?300円で???豆乳1杯も買えはしないかも、作りたての豆乳だ!、、
、ちなみに豆乳4袋 パイナップル2つ もろこし2本 春巻き3本 買ったのである。

それらを ぐーと腹に押し込む!(さすがに全部は食えません)うまい お腹いっぱいになるが なぜか軽いのだ。
パイナップルは凄く消化酵素があると言う。 うんこも快調に出だす!
 体が次第に軽くなっていくのが分かる。日本で溜まった脂肪が 解かされているのだ。 
よく白人で フルーツダイエットなることをしている人が 南部のパンガン島などで出会う。
 まあ菜食が凄い勢いで広がっているわけだ。 ダイエットというより ほぼ宗教的とまで言えるような感覚でしているのだ。 
そんなことしていたら体冷やすぞ==と思っていたが。 今となっては彼らの気持ちがよく分かる。
歴代肉食乳製品のみ食ってきた人たちだ。そこまで極端にしたがるのだろう。。。 
まあ 陽極まりて陰に転ずと言う感じでしょう。 ずっとしていたら体は間違いなく壊すけど まあそこまではしないのかな?? 

日本の2度目の冬は前年に比べると すごし易かったが 体が強張ってくるのには、参った!
血液の循環である。。。
 そこでこのタイに来ると一気に筋肉から 熱が放射され 緩んでくるのが分かる サウナとはまた違うねえ。。。
 汗が吹き出て、気持ちいいのなんのって でもそこへ行くまでが 今回は苦痛だった。

両親も帰ったし そろそろ気兼ねなく 辛いものを食おうと思う!!

 

 
 

 

シヴァ
タイの前回の旅は 刺激的なものでした 僕のメールからも伝わったことと思いますが、。
その後神山に居られたのは 2日のみ 熱帯から打って代わり 低気圧の日本
どろどろになり 生まれて初めて チェーンをつけ ずるずると滑りながら下山 
いざ 関東へ 。。。。
一時はどうなるかと思いましたが。。。 またチェーンをはずす時が 大変で!!

関東のTOURは主に 湘南で行いましたが 連日若い人のオンパレード。。。
家のバンドはどういうわけか 湘南で局所的な大ブレイクをしているのです。。。!
あそこの人は 新しいものに非常に敏感ですからね。。。

その後 奈良の吉野山の金峯山寺  蔵王堂というところの‘鬼祭り ‘奉納演奏の仕事が 舞い込み
横浜より 直接 行って来ましたが。 ビックリ。
 僕らは最近シヴァ という インドのシヴァの賛歌を編曲して やっているのですが
このお寺の でっかい ご本尊  なんと蔵王権現像 といい まさに シヴァそのもの。。。 呼ばれたようです。。
ご本尊様 体まで 青い!。 これはシヴァそのものなわけですよ。 その上 そこに呼ばれる 前日の夢に出てきた
キングギドラの わけのわからない夢。。。。 蔵王権現像は3体 あるうえに そこのお坊さんが いきなり
寺にまつわる竜神の話をしだしたわけで。。。 これ はこういうことだったのネエ。。。。。。と 1人納得したのですが。

このお寺 その昔 後醍醐天皇 そして あの義経をかくまったお寺だそうで。。
縄文から連なる 世間から 迫害された人々の駆け込み寺でもあったそうです。
いわゆる さんか(知っていますか?) とかなり関係のある お寺だそうで その昔こういい人々は 鬼と呼ばれ
世間の人は この寺には ちかずかなかったんだそうです。。。 
でここでの 節分の文句は 福は内 鬼も内なんです 。。。。いやあ おもしろい!!
もしかしたら ここのかなり過激な 鬼のような お坊さん 竜神関係で ちかじか神山に現れるかも???

あまりにも時間が無く もっと深い話は出来なかったのですが。。。 

何はともあれ 演奏する場所は 今年にも世界遺産に指定されるだろうという 凄い場所。。
その上 鬼。。。。。濃いのなんのって。。。 

なにも知らずに行った僕らのテンションと その場とお坊さんのテンションのあまりの違いに
完璧に あおられてしまいました。。。。 たった20分でしたが。。。 いったい何を 演奏したのか?????
ということで また呼んでいただけそうで その時は 気をいれて 行かないといけません!!

ここに1ヶ月滞在後 また3月の頭に タイへ行きます 例の 平和の火の 話の件です
鉄は熱いうちに 打たないと タイでは すぐ冷めますので 頑張ってきます。。

                              合掌

 

めーるその6

2004.1.15

皆様 いかがお過ごしでしょうか?
今日本は非常に寒いようですね 神山長野の我が家に住む CHANさん夫婦は どうしているのでしょうか?? 薪ストーブが本領を発揮するころなはずですが どうかな???
ここタイは 今本当に過ごしやすい時期です 初日のダニと格闘して寝た時はどうなるかと思いましたが
今は快適な睡眠を得ています。。。

先日 ここの 友人の企画するART PROJECTの会議に急遽参加しました 呼ばれてタイに来たわけではないのですが
あまりのタイミングの良い 僕の出現に 関係者一同びっくりしているようです。。
そしてその後のパテイーは最高でした 先日言った ブラジルから来たシンガーの女性ですが
そりゃあ 日本語のうまいこと! びっくりしました そして いっしょにJAMをしましたが
そりゃあ すばらしいのなんのって!!!  そして僕ら二人は 初めて会ったとは思えないような
コンビネーションで 演奏をしたのです。。。 彼女も えらくびっくりしていましたよ。 

 彼女の名前は LICA CECATO リカ チカート さんです(検索すればきっと出てくるでしょうねえ)
これまたびっくり 僕のすでに亡くなってしまった 妹と同じ名前 リカ。。。。。 運命を感じる出会いでした
あれです!! 男と女と 言う意味でなく ARTISTとしてのねえ 。。。。 彼女世界中を 飛び回っているARTISTです
おもにドイツのケルンに住んでいるようですが。。。。。。 
もちろん音楽は サンバFEELINGいっぱい!  最高にうきうきする BEATですね 
バークリ-音楽院で 奨学金を得 あの サラボーン賞 まで 取っているんだそうです
音楽は30歳を過ぎてはじめたんだそうですが もう才能と言うほかありませんね。。。

7ヶ国語を操る 才女でもあります 僕よりも 6つほど年上ですねえ、、、、 あんましかんぐらないように!!


絶対に 一緒にまた演奏しようと言うことになりました もちろん録音もしたいなあとねえ!!!
神山に現れるかもしれませんね!! 近いうちにね。

と言うことで すばらしい出会いが ありました!!! 

例の 広島の灯の分灯も 少しずつではありますが 話が進んでおります。 こちらのほうは 
できれば皆様の ご協力を 得られればと思っています。 よろしくお願いいたします。

この灯には 何か すごいパワーがなんかあるのかもしれません。。。 
僕はこの灯を通じての 人との出会いに興味があり 動きはじめたのですが 上のようなことが
いきなりおきました。。。。。 彼女は この灯の話は まだまったく 知りませんがね。。。。。。。

山田和尚が言っていたのですが この灯は それを扱う人に同調していくんだって 言っていましたが
もしかしたら これなのかなあ。。。。。。。。。と。。。。。。思ったり。 不思議です。

 

 

 

たいメール その4

2004.1.11

その後 タイ首相 タクシンが こないだイラクで 殺された タイ軍人のことを
軍人なんだから 死んでもしょうがない 彼らの不注意だった といって かなりのスカンを 食らっているようです!

それこそ小泉さんが こんなこと言ったら 日本では どうなるんでしょう??? まあ そんな不注意なことは
言わないでしょうねえ。。。。。 タクシン 飛ばしすぎたようです!!

彼曰く 国民と軍人を 完璧に分けてかんがえているようですが ここは徴兵制がありますから そうともいえないはずなんですよねえ。。。 東南アジア 速報でした。。。

 

タイメールその3

 

2004.1.10

ここに帰ってきて 以前はいていた Gパンを履こうと思ったが まったく履けませんでした
しかし今日 また駄目押しをすると 何とすっと入る!!
恐るべし タイフード!! 新陳代謝が えらく良くなるんです!! どうでしょうか 最近おなかの肉が気になりだした女性の方々
タイフードは??

あの長野の峠に タイレストランでも開こうかな??? 来てくれますか???

先日の小泉さんの話ですが あれ マジに読み込むと いろいろな話が 示唆されているんです えげつない話でしたが
世界情報にある程度通じていれば。。

小泉さんは 交際社会の一員として 自衛隊を送る義務があるといっているけど 

一番近い 国際社会では こんな感じに受け止められているわけですねえ タクシドライ
バ-にさえ あんなにこけにされているんですよ!! (タクシダライバーは ここでは決して 地位の高い職業ではありません)
でも タイ人の大方が これに似た感情を もっているようです
参りますわあ!!

タイといったら いままで日本がどれくらいのお金を寄付してきたか。。。。。。。。。
今のタイの成長に 日本企業と政府が どれだけ貢献してきたことか!! 僕がここに住んだ
16年間にすごい成長が ここにあったわけです  目の当たりに見てきましたから その変化を
もちろん 経済成長に伴う いいものが無くなってしまうと言う弊害も 多々ありました ここは僕は結構
心を痛めたものです。。。
それでも 民間レベルで いろいろな いい動きをしてきました 日本人がね!

 でも それでこれですよ!  アジアで体温の一番近い国 これがタイのはずだったんです
日本人は知らないでしょうが。。。。。。
日本人の受けは ここでは 結構上々だったのですよねえ(まあいきなり すべての日本人の受けが悪くなることは
無いでしょうが。。。。。)
あの辛口の 政治家 マハテールでさえ 日本を一時前までは ビックブラザーと呼
んでいましたね
でも、 もうおしまいですね 東南アジアでの 日本の威信はね。。。 完璧にこけにされた 

それと中国を軸とする アジアの中から 日本ははじかれたわけですねえ。。。。どう思いますか?
??
アメリカという国際社会の言いなりになってですね。。グローバリズムですか??? 何のこっちゃと言う感じですが。。

アラブ諸国でも 本当にんほんじんの受けは 良かったそうです  いろんな人が 血潮を掛け いろんな援助をしてきました
 今の今まで でも 
それも今回の自衛隊派兵で おそらくなくなるでしょうか・・ ?????? 果たして今回の 人道援助 って 歓迎されるのでしょうか??

あの田中首相 独自に アメリカ政府無視で 中国国交を 成し遂げたわけだけど まず
 ロッキード事件で 彼ははじかれ (しくまれたんでしょうね)
中国との 軸は削除されたんですね。。。。。。アメリカ政府に  日本のマスコミまでいっしょ
になって!  あの時 そうじゃないぞー みんな と言った マスコミがいたのかどうか??


あれはやっぱ 日本の大政治家を 失った瞬間だっんでは無いでしょうか  彼のことは 良くも悪くも言われていますが

 今回の タクシンの動き見てよくわかったような気がしました   田中さんやっぱ先見の力があったのだと。。。

中国の後ろ盾があるから タイはタイで いられるわけよね  なんともうまい 駒の進め方ではないでしょうか 
。。。

ああああ   という感じ ここから見た 日本の姿(政治家のこと)  情けなさが 倍増しました
どういう国際社会に流れていくのでしょうか?? フランスほど 露骨に反対しなくとも
なんか 一言いえなかったんでしょうかねえ 小泉さんは?????? アンチアメリカにならなくとも バランスというものが
あるのではないでしょうか?? 白黒つけなくともね。。。

本当に 今ここはエネルギッシュです!


 

 

タイメールその2

2004.1.9

友人に立て続けに会っております いや皆さん 楽しんでいらっしゃる 何をって 人生を。。。
人間にすごい活気があります ここは今!  

ART関係でも すごい面白そうな動きが! 僕の大親友でもある 野尻拓也さん かれは 自称俳人 
廃人ではないですよ   正岡子規の作った 直系の結社にかつては 所属していたそうですが
   彼最近俳画集を 英語訳も含め 出したとのですが オーストラリアの 現代文壇で
指導的立場にある という パイーオー氏の超斬新な訳つきなのですよ   そして ぼくのAWA+AQUA
のジャケットを書いてくれた あきおが 装丁をしているんです 昨日手に入れましが それはすごい立派な本で。。。。

オーストラリアの 有名な文壇の会報誌 表紙に取り上げられるくらいの 賑わい! 20ページほどの会誌ですが
4ページ以上に渡り 紹介されている 
僕の神山AIR参加の最後 大粟神社にも 来てくれて手伝ってくれた うちの1人なんですがねえ 
あの 神山で製作された AWA+AQUAの CD内の ライナーノーツを書いてくれた 人物です


1年くらい会わない間に

それよあれよと話はふくらみ ドイツの在住の LATIN JAZZBANDが (それも一流どころばかりのメンバーですよ!)」
彼の俳句を使い CDを製作中
とってもおしゃれな歌を歌う ブラジリアンの女性が 7ヶ国語を操り 彼の俳句を 読むという バイリンガル版
とってもおしゃれな音です!
BKKのど真ん中に強大なスペースを借りて ART テロ (ARTでもって 人々の頭の既成概念を くつ返そうという意味らしいです)
をすると 意気込んでいるのですよ これが!!
12日に その関係者が 世界中から一同するとか!!  僕もすごいタイミングにここに来たものですわ!!
何なんでしょう ??????

で昨日の話の続きですが あの 不謹慎な 表現の あれです すいません 持ち返して 。。。
 
でもどうしてTAXドライバーが あんなこといきなり言ったのが 偶然にも わかったのです 。  

いきなり拓也氏が口をあけまして   
 ’知っているか おまえ?? 小泉首相がタイでなんていわれているか??? ’

僕   いや 知らんよ   

彼    こないだ  ブッシュと会見したろ? 長い時間! 1時間半もだ!

僕    そうなの??? よく知らないよ テレビ見ないし。。。

かれ  タイ人は あの時 コイズミは ブッシュに オカマ掘られた といっているんだぞ 溜まらんぞ この話!!
    と笑っている。。。 なんとも本質を捉えた 露骨な表現ですねえ タイ人が良く使いますこういうの!


僕  マジで??? そうかあ わかったぞ! それで昨日のタクシードライバーは あんなこといきなり 切り出したのねえ 
   話がいきなり飛んだからなあ!!!   まったく違うとこになあ *( 別に 馬鹿にしてこの話を 持ち出しているのではないですよ 最後までお読みください )

 
  聞くところによると あの911直後 ここのタクシン首相は 真っ先に中国に渡り 中国の主席 江沢民 に 会いに行ったそうです。 そして言ったのは 俺らは タイで ありつづけるが それでよいかなあ?? 
中国主席は ああいいよ 君らのままでいなさいな!! といったそうです。。

なんともすばやい対応 ! そして 昨日メールで タイ人の2人の兵士がイラクで殺されたといいましたが なんと送ったのは
たった5人 そのうち2人殺されたのですから すごい割合でありますが   それを理由に すぐさま 兵士を撤退させ これ以上兵士は送らん! と ブッシュにハッキリいったとか。

その後 タクシンはその兵士の家族に 多額の保証を 与えているそうです。

それに引き換え 日本は 何人ですか?? 送るのは それに50万ドルでしたっけ??6000億円ですよね?
 この不景気に 国費からだしている・。。。。。

北朝鮮の問題もあるわけですが  なんとも政治家としての手腕 国際感覚に タクシンの動きは、鋭いとしか言えません 
どう思われます この対処の違い!!!!!

すいません 政治的発言を ここでしてしまい でも あまりにもスマートな この手腕  
本当にこの話 脱帽した次第です!! タイ人のスマートさを まざまざと見せられた感じです

 

タイメールその1

2004.1.8

今タイの自宅に来ています 
10ヶ月あけていた 家は もうひどいことになっていました。。
洗濯機はねずみの巣になり もう動かないし
家中 ヤモリと ねずみの糞だらけ!!! 初日の晩は ダニと戦いながら 寝ました!!

翌日 僕の大家さんでもあり タイの国民的大歌手の MR JAEも わが娘 の誕生を 心から祝ってくれまして
いろいろなすばらしい会話を楽しみました  滞納していた 10ヶ月の家賃も 家族のために 家の改装代に回せばいいよとの
すばらしいお言葉。。。。。。 泣けました! 
彼 とは6年以上の付き合いになりますが  日本でいえば なんというか 加山雄三 とか それ以上だなあ そういう存在なんです
美空ひばりかなあ???  おそらく タイで 一番愛されてきた 歌手なんですねえ どうして今僕の大屋さんなのか 不思議なくらいですが。。。。。。
景気回復後も 音楽業界は まだ まだのようで 決して 楽ではないと思うのですがねえ。。。。 本当にすばらしい人です。。

 彼に頼み 彼のメイドに 家は掃除をしてもらいました
さすがプロ 外から帰宅すると すっかりきれいになっていました まあ あと2部屋 残っていますが。。。。

久々の友人との再会もすばらしいもので 本当に 心豊かな人たちですねえ
神山の人々も 本当に心豊かですが ここはまた 違って すばらしい もつべきものは 友ですねえ


ここの景気もすごくいいようですよ 念成長率 8%以上行っているようですね 

今日のタクシードライバーとの会話

 KEI 景気はどうだい???

 TAX うん よくなってきているよ (2ねんまえは 最低だよ どうにもこうにもならんわ、、、、と誰もが言っていた、)
     日本はどうなんだい??? いいのか?

K  最低だねえ 国民の雰囲気も 意気消沈だよ イラクに自衛隊をおくるんだけどね それで もめているよ

T  ブッシュは ひどいな!

K そうだねえ  ひどいわ 彼は!

T 最低なんてもんじゃねえよ あんなの人間とはいわんよ 犬以下だ (タイで犬の地位は かなり低い表現につかわれる)
  日本の政府 は アメリカの言うこと聴かんと いけんだろ?なんっていたっけ 日本の首相? コズミ???

K コイズミ よ

T コイズミか!  あいつは 嫁もいないんだろ ? 

K いやいるいる いますよ 奥さん 子供もいますよ 

T ほんとうか!!??? てっきり いないと思った  金玉ついていたんだ!! 

 (かなり 馬鹿にされている 状況。。。。。。。。)

T 何はともあれ ブッシュのせいで ひどいことになったよな。。。 最低もいいところだ!!
  タクシンは(タイ首相)いいよ 言ったら するもの やることも早いは!! 景気も どんどんよくなってきたしねえ

これ そのままの会話ですが 一部 不謹慎な 表現申し訳ないですが……  実際のものです。。。
日本の政府は こんな感じに見られているようですねえ  まじで。。。。

タイ人に 聞いても 誰もが口をそろえて ブッシュの文句を言っています  元来いかれらは 根っからの平和主義者ですからね。。
タイの軍隊も イラクに送られたそうですが すでに2名がなくなっているそうです。

何はともあれ 日本に流れている ユウツの空気は 今ここにはまったくないですねえ すごい変化です。


いま ここタイに 広島の原爆からの 残り火の 分灯の話を MRJAEはじめ 友人のMUSICIANに持ちかけています
みな とてもいい反応を示してくれています 知っていますか?? この火のこと?
まだ 残っているんですよ 先日スキーランドでした楽音楽日にも来てくれた 山田和尚が中心になり 日本中 世界中に
分灯されているものなのですが  おそらく ここには来ていないはす  、、、、、、
はず なので なんとも 準備不足ですが。。。
ピースアクションとして 平和のためのメモリアル です ゆくゆくは カンボジア ラオス ベトナムへと 持っていければと 思うのですが

 

2004.1.3

早いものでもう2004年 そして父親になって初めての日記 とはいえ たいした事を書くわけではないが、以前のこの直前の日記がいくつも飛んでしまった! デジタルDATAは飛ぶときは本当に速い! 一瞬である、、、こういうなんともフラジャイル道具を使う、現代社会を。  

人類にとっておそらく一番古いクラスの道具に火というものがある、、、これは似ても焼いても火だ! 火は何でも同じだと 思っていたがそうでもない 家に素晴らしい薪ストーブを2つも入れたのだが 去年の寒さに懲りて 購入に踏み切った。。。 とはいえ 1台は安く中古で手に入ったのである。。 ここ神山はもう杉だらけの山が多い 材木が金になったころ ここの人々は 次の世代の為にへと 愛を込めて杉を植えたのである もう山の頂上まで 見事に杉だらけの植林がある山もある。。。。 しかしこれが 日本の抱える根本的問題のひとつ。。。 

話ではいろいろ聞いていたが 広葉樹が無いために 雨水が土壌に長く留まらず 川が枯れてしまうのだ 家は水はすべて 山の湧き水だが おそらく昔は 豊富に流れていたであろう川の跡で ささやかな岩清水を集めている しずくがたれてるほどだ これでも貯めれば 相当な量になるから凄い。。。 しかしこの水 下に下るころには 随分と昔とは状況が違うと言うのが 、ここにいるとヨーク把握できる。

昔は 川に木材を流して下まで運んだと言うから 相当の水量があったのだろうが いまでは おぼれるのも難しくらいの水量のところが多いのだ・。。。 大雨なら とたんに 大量の水が流れ落ちる。。。

これがすべて 広葉樹の少ないことから起因していると言う 。。。。。。。話は長くなったが この広葉樹と針葉樹 火をたくともう本当に別世界なのだ 杉は比較的燃やしやすく 熱もそれなりに上がる がいかんせん すぐに燃え尽きる 松系は 全く温度が上がらない上 ヤニだらけ 煙突掃除がえらい大変なのだ しかし 肝心の広葉樹は そうかんたんにここでは手に入らないが 燃やすと その暖かさに感激する そうよストーブはこれじゃなきゃあ!!!! という感じだ その上 ちんたらと燃えてくれ 手間もかからないのだ、、、、 

その昔愛を込めて植えてくれた杉も 今となっては 日本社会の癌となっているわけで、、、過ぎたるは、、、という いや杉たるか? 紅葉も少ないしネエ  

と言うことで 神山在住でこれを見た方 広葉樹 お待ちしています お声をかけていただければ 切りに参ります!!!!

 

 
 

 

??????

2003.10.?????

早くも ここ神山での生活が1年を過ぎた、ここでの1年 実に濃いことがあるのだが、
それを具体的な言葉にできない、、、まず一番大きなことは ここが日本だということ。
すべての入ってくる情報が 解読できる(と思っている)日本語ということ。ささいな広告に至るまで
日本語なわけだ。 この差は実に大きい。 この結果 頭の思考領域が 実に広範囲になる、、、
(もしかしたらその反対である)で それをここで言葉にしようと思うと これがまったく
乱数的な様相を呈してしまうわけだ、、、、、 まあ今までも 乱数だったのかもしれんが、、、
タイでは1人での生活だったわけで ここでは日本人として1員という感じになってくるのだろうか?

そういう中で 最近ひとつの 大課題が僕の中で うずめき始めてきた、、人の命をつかさどるもの、
それを 維持するための 医学 食事などなど も含めた 事柄、、、、
実に哲学的領域まで いく話であって 答えなど出るわけがないのだが、、、
まあ 僕の右脳的 直感などを通じて 感じようとしている今日この頃である、、、

て まるっきし 何を書いているか わからんでしょ?????? 乱数です はい

 最近 日記を書かなくなったのは 読み手を意識してしまった せいかもしれんねえ

 前は好き勝手にやっていたのかもね、、、、、、、、  いかんいかん、、、、、

 

秘蔵盤

2003.9.19

先日横浜の自宅から でかい箱が全部で4つも届く、狭いくなったマンション両親宅の一大掃除をしているそうな。戦前生まれの両親は、物を捨てられない性分.それは凄いことになっている。おまけにお袋は、かなりの買い物マニア。僕の使っていた4畳半の部屋は、僕のいない間に、完璧に倉庫と化していた。送られてきたものは、僕が中学校高校大学と着ていた服、いまになってこんな服を切れるわけが無い、、、、高校大学とほとんど僕は体型は変わらなかったのだが、この5年でいきなり太った、、、10KG太った、、、中年ぶとりというやつだろうか、、、、、、????? まあ今のままで 平均体重にほぼ近い それだけ以前が痩せていた、、、。まあここら辺はこの辺にして。

其の届いた荷物 よくもまあお金を掛けて送ってきたものだという感じ、、、お金を掛けて送るのなら、どこかに寄付すれば良いのにというかんじ、、、、、、処理に困るわけだ、、、、、で其の一箱の中に 僕のコレクションしたカセットテープの箱があった。以前送られてきたものもあったが、今回のそれは かなりの物ばかり、、、、当時レコードは高値の花 一生懸命エアチェックをしたのだ、それもライブ物などを、これが凄いものぞろいで びっくりするものばかり、、、、今となってはかなりの貴重物ばかりだった。

あんまし僕は最近の音楽を聞いていない 聞いてはいても深く聞き込むような音楽には、ほとんど出会わない、、子供の頃のように情熱を持てないのだ、、、でもこれららのテープは、違う、、、音に熱があるし、聞き込んだものばかり、すっと入って来るものばかりなのだ、、、、ひえええ!!!

僕は少し興奮した、、早速いつ切れてももおかしくないテープをコンピュータの中に取り込み マスタリングを掛け、音を聞きやすくした、すると当時聞こえなかった音が聞こえてくる。 大体の音は 僕の中に入っているから引き水があるようなものだ いろいろな音が分かってくる。 んん こりゃあ凄い!!

其の中に 当時はそれほど好きではなかったが FRIED EGGという日本のバンドの解散コンサートの実況中継版があった これはレコードだったはずだ。 これが凄かった おそらく30年前の音だ。リーダでギターは成毛茂氏 知るひとぞしる人であるが もろジミーページ!! ドラムがなんとあの つのだひろ氏 歌も歌う これまた日本人離れのシャウト! ドラムもこれが凄い もしかしたら ジョンボーナムより凄かったり????角田氏は 実は僕の日本で一番のフエイバリトドラマーである。 しかし このシャウトは凄い あの当時の日本でこれだかけのシャウトを、しらふでどうやって出来たのだろうか????? 

 でベース これがなんとあの高中正義氏 これがかなりのロックした音を出している、最近のロックバンドなんかよりずっとしっかりした演奏をしていてビックリなのだ。 これはかなりの秘蔵盤だろうなあと思うのだが、、、、、どうでしょ?B面は スタジオ録音かなり凝ってはいる音ずくりをしている、当時の日本ではかなり進んだバンドだったのだろうな、、、でも売れなかった のである、、、んんん歌がまずいのかな、、全曲角田氏が歌たほうが良かったのにな、、、。

 

料理教室講師

2003.9.11

料理教室講師の中嶋先生、、、、、、、、って マジか??
今度18日 神山婦人会の定期講座に招待されまして カレー料理を教えていただけませんか? 中嶋先生って、、、、、、なんと じきじき神山町教育委員会からお願いがありまして、、、、、 冗談のようなお話、、、、、 僕は まともに包丁も使えないんですよ!!!!??

いやいや それでも 僕のカレー おいしいんですよ!! ここ神山でも 何度かカレーをアーテイストレジデンスの料理交流の会で何度かつくり 売り尽くしたんですから、、その線から 今回の依頼がきたようなんです。


でもレシピ???? そんなもん その場の気分 感のみで作っている 僕に できるわけが無い、、、、、、コンサートだって ギター弾き出す瞬間まで 何も知らんのに、、、、ましてや、、、、、、、、、、、こんな講師で勤まるのでしょうか????

そういえば 今日は911 あれから早くも2年が過ぎてしまったのだが、、、感慨深いものがある。 ここ神山のように 世界がのんきにいけば良いのに。。。。。。。。。。。

 

おくどさん

2003.9.1
3日前より 家の軒先に作っておいた かまどの一大改装をすることになった。同居人のチャンさんは、大の火遊び好き。
このかまどを使って、いろいろなものを作り出すのである。以前のものは、それは かわいらしいカッコをしていたものだったが。


パン焼きに目覚めた彼は もっといっぺんに焼けるようしたいのである。 

このかまどは、超こだわり生活研究家?の勝也という人物が
中心になって作ってくれたものだが、この勝也、ギターの修理もプロ並であり。 その芸風の広さは、あきれるほどだ。

彼は自宅を自分ですべて改造している。 電気も家には引いていず、 貨幣経済社会とも一切の関係を絶っているという人物。
家の中には ポンプ式の井戸を掘ってしまい。 手製の一瞬ガウデイが作ったよな、かまどは本当に芸術品なのである。

 さぞかし原始的な家に、、と思われるだろうが ところがどっこい。
とてもモダンな家なのだ。そこにハンドクラフトの達人であるオーストラリア人の奥様 ダイアナと多くの犬と暮らしている

かつやとチャンさんの作った初期型

 

その勝也が、また駆り出されてやってきた。電話はもちろんないので チャンさん奥様恭子ちゃんが車で向いに行ったのだが、その帰り
勝也の犬が車の中で吐いてしまい その掃除を山の中で路上でして居ると これまた日和佐のカレー屋アナンドの主人が、家族でとうりかかり。かまどつくりの話をすると 興味しんしんでやって来たのだ。


そして、この家の一番最初からの改造に一番 力を貸してくれた 三岳さん。三宅一生をワイルドにしたような顔をしているのだが、、、
チャンさんの大学時代からの大親友 大先輩?? 

最初のころはほぼ毎週 岡山から海を越えこの神山亭まで足を運んでくれたのである。
その彼がやはり、何度も足を運んでくれている石田夫妻とともに来てくれている。鬼に金棒だ。

 


また 徳島南にある 曹洞宗城満寺の住職もこのかまどの話を聞きつけ
すけさんかくさん2人をお供にはるばる、この山の中にやってきた。

この住職70歳にもなるがすごい人で 檀家を持たず 自分で托鉢をして回り廃寺同然となっていた寺を再興したという人物なんだそうである。

それもあの法隆寺を作り直した人間国宝の建築家の唯一の弟子であるOOOOOさんにである。

 先日チャンさんがとある縁で知り合ったのだが、どういう人かと思っていたが とてもシンプルな 気取りのまったくといっていいほど シンプルな方であった。

これだけならず まったく予想にもしていなかった カニチャン家族も現れる。

また今神山に自費ではるばる アイルランドからやって来たMARKもやってきた。一時は総勢20人を軽く超えるお祭り騒ぎに この神山亭は、なった次第である。このかまどの持つ強力なパワーはいったい?????  

大家族の昼飯だ!

 

 


そして出来上がりつつある かまどの巨大なこと!!!!!古代遺跡のような様相をしているのだ!
 

 

WAYAN GANDRA

2003.8.28

Photo: Phillip Kitley

WAYAN GANDRA ワヤン ガンドラ僕のであったARTISTの中でも TOP中のTOPであった その個性 人格 作品、、、、
バリの光のような人であった。 僕は彼に出会い すごく大きな成長をすることができた 僕にとって本当に大切な人物である。
そして先日 友人の知らせで彼が亡くなったことを知った。、、、、、、またである。

彼に出会ったのは 1989年頃だったと思う。 あのころは何かを飢えたように求めて、旅をしていた。
自分の音楽を作りたいという強力な欲求を持っていた。
そして初めてのインドネシアへの旅。マレーシアのペナン島より、フエリーでスマトラへ渡り 陸路でジャワ島へ向かった
そしてバリへついた。 音楽の中心地といわれる プリアタンにホテルを決め 毎晩毎晩取り付かれたように 踊りとガムランの
パフオーマンスへ行った。そしてそのバリガムランの圧倒的なパワーに 毎晩びっくりしていた そして僕の師 ガンドラの率いる
グニングサリに出会った。それは別格の物だった。 僕は本当に最初の一発の音でいすから落ちそうになるくらいだった。
その1瞬の音が すごい密度で発されたのだった、、、 口で表現するのは難しいが、、 すごい気がぱっと出たわけである。
僕はその日のグルングサリのコンサートの間中 その中心で華麗に太鼓を演奏するガンドラ師の手さばきに 見とれていた。
それは蝶が舞うような手さばきで ガムランオーケストラの音を指揮しているのだ。。
今まで聞いたどんな音楽よりの 華麗で 迫力があり そして緻密だった たった5つの音階で どうしてあんな音が生まれてくるのか
、まったくわからなかった。どんな現代音楽よりも 複雑なハーモニーが鳴っているのだ、、、、そして圧倒的なリズム。
紛れもないASIAのリズムだった。僕は自分の意識が天に昇っていくような気さえした。

僕は演奏後 まっすぐにステージに登り 彼の前に行き。僕の感動を伝えた そして弟子にしてくれと頼んだ。彼は、家にいらっしゃいと
快く答えてくれた。それから僕は彼の家に ちょくちょくお邪魔させてもらうことになった。素晴らしい時間が始まった。

彼はその時 おそらく60歳前半ぐらいだったろうが、一際気品のあるおじ様だった。 男前と言っていいだろう。
彼の娘さん3人が そのグループで踊っていたが 皆かなりの美人であった。 とにかく彼には気品というものが
常にあった。 家で気軽な服を着ているときにも 何か違うのだ。 ステージの上ではまさに別格であった。手さばき 目などですべてを使いオーケストラを指揮していた。 僕は彼のその気に完璧に魅せられてしまったのだ。

最初に彼の家に行った 彼は王家の血を引く人間だったが 意外と質素な家に住んでいた。 他の王家の方々は 其れはすごい御殿のような家に住んでいるのだが、、、、。そして居間にとうされた。そこには素晴らしい額に入った これまた素晴らしい絵が飾ってあった。
いわゆるバリ絵画だが その中でも一際違うものだった。 其れもなんと彼が書いたものだった。 すばらしい黄色を基調にした絵だった
のを覚えているが。彼は 音楽以外にも 絵画 踊り 医学などにも通じていたのだ。 
 
つづき

 

お掃除
2003.8.20

先日神山で エマ&慧奏と一緒にライブをした 相変わらず素晴らしいDUOである、そう彼らの新作
アルバム‘あめつちのうた‘で僕も3曲ほど ゲストで録音に参加しているのでぜひ聞いてもらいたい。

ということで このライブの模様をコンピューターにマルチ録音をしようと試みたのだが。
最近ずっと僕のノートは調子が悪い。HDが少し壊れ始まっているので すこぶる信頼性が低いのだ。
先日思い切って システムを入れたHDをフオーマットをかけなおした 之でずいぶんと良くなったのだが。
そう思って 録音に赴いたが直前で固まった、、、、、、、、、、、くそ〜〜〜〜〜〜!
そこで先日 音楽ソフトを入れているHDもフオーマットをかけなおし すべてソフトを入れ替えた。
本来システムを入れなおしたなら ここまでするべきだったのだ、、、、、

そこで 今日は前から考えていた、STUDIO機材を並べなおした、、、 これまたいつのまにか、すごい機材の量になってしまって
何も考えず並べているうちに ひどいことになっていたのだ。
そのうえ 外に背中を向け 壁のほうを向いて仕事をすることが多いわけで せっかくのこの山の中の風景を
楽しんでいないわけである、、、、 目の前からは 画面からの電磁波、、、そして背中からは、
森の発するバイブが強力にはっいて来るのだが、、、、このせいなのかわからんが、、とにかく
眠くなってしまう事が多い、、、、 この両極端なエネルギーのせいだと睨み 今回は窓を右側に見るか
画面と同じ方向 に窓がくるようにした、、 果たして 効果のほどは??????

ただ 自慢のYAMAHA NS1000Mスピーカーを今回かなり 狭い間隔にして、部屋の隅においたので、
音が今ひとつになってしまっているようだが、、、、、、、、

まあ 相当大変と思い この作業、今まで躊躇していたが やってみるとそうでもなかった、、
またやるかな。。。。。。。。。 

 

印象

2003,8、18

早くも ここ神山での生活が1年を過ぎた、ここでの1年 実に濃いことがあるのだが、
それを具体的な言葉にできない、、、まず一番大きなことは ここが日本だということ。
すべての入ってくる情報が 解読できる(と思っている)日本語ということ。ささいな広告に至るまで
日本語なわけだ。 この差は実に大きい。 この結果 頭の思考領域が 実に広範囲になる、、、
(もしかしたらその反対である)で それをここで言葉にしようと思うと これがまったく
乱数的な様相を呈してしまうわけだ、、、、、 まあ今までも 乱数だったのかもしれんが、、、
タイでは1人での生活だったわけで ここでは日本人として1員という感じになってくるのだろうか?

そういう中で 最近ひとつの 大課題が僕の中で うずめき始めてきた、、人の命をつかさどるもの、
それを 維持するための 医学 食事などなど も含めた 事柄、、、、もちろん音楽も
実に哲学的領域まで いく話であって 答えなど出るわけがないのだが、、、
まあ 僕の右脳的 直感などを通じて 感じようとしている今日この頃である、、、

最近の日記にこう書いてある

こ最近の 僕の周りで起きたこと

親父の心臓手術 
寝たきり状態で入院中の祖母との経験
老人ホームでの演奏
友人の死
自然死した飼い犬ジョン子のこと

この一連の流れ なにかを 感じよ 見つけよ
といわれているような気がしとります、、、

現代医学の限界を叩き付けられたような 気がしてなりませんが、、、、ねえ。

魂というのは 間違いなくあるでしょうねえ、、それが ひとつの個性としてあるかは知りませんが、、 ある種 自然界の エネルギ−体に戻っていくんでしょうねえ まっさらなねえ、、、、、、

水が蒸発して 気体になったような感じかな???? どうでしょうねえ、、、、。         と

 

でも、やっぱし音というのは 不思議だ、、、、、

ヨーロッパに初めて シスマテックな 東洋秘教思想を持ち込んだと いわれる巨人グルジェッフは、こう言っていた。 

人間には 大事な食物が 3つある。 1つは 食事 之は 2週間ほどとらないと 人は死に至る。

2つ目は 空気だ 之は 5分ほどないと 死に至ることになる。

そして3つ目 之は 印象 之は 一瞬でもなくなったら 人は死に至る  

 この3つ目は ほとんどの人は 何も無意識にしている事柄だろう。 いろいろな印象があるだろうが、音は間違いなく この印象に入る 大事な食物なんである、、、、。そうな、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

。。。。。。。て まるっきし 何を書いているか わからんでしょ?????? 乱数です はい

 最近 日記を書かなくなったのは 読み手を意識してしまった せいかもしれんねえ

 前は好き勝手にやっていたのかもね、、、、、、、、  いかんいかん、、、、、

 

 

小春日和のある昼間

2003年5月6日

最近ここら、山の中は最高の気候である。 目の前に広がる焼山を眺めつつ おいしいブランチを。 

 うちに最近ひよこが5匹生まれたのだが、こいつらを眺めていると 本当に飽きない、、、 などと書くと、なんとボケ−と時間をすごしているんだろうか と思われるだろうが、まさにそのとうりである、、、、! 去年の暮れ 神山楽音楽日の際 近所のおじさんが地鳥を 4匹くれたのだが。 誰もいないうちに3匹が何か獣にやられてしまった。残ったのが いちばん神経質だった じっちゃん メスである。 その後また4匹貰ったが またやられて全部で2匹残った。 じっちゃんと オンちゃんだ 。メスとオス1羽ずつ。 このじっちゃん 神経質なのが幸いして 上手い事隠れるのである。大体は玄関の上の木の部分に、留まるようであるが。 その残った2匹の間に5匹のひよこが生まれた。 彼ら、夕方くらいまでは 外に放し飼いなのでずっと庭でえさを探している。 これが上手い事、雑草と虫を食ってくれ 花壇はえらく整備されているように見えるのだ なんも手を加えてはいないのに。 

 そして 夕方になると、最近は 飛行訓練が始まるのだ これがえらく面白い! 玄関横にはチャンサンが作った 薪の棚があるが その上に雄鶏のじっちゃんがのぼり 更に上にオンちゃんが 飛び乗ると 残ったひよこは そこを目指して 飛ぼうとするのである。昨日もやっ前たが 結局1羽もそこへは行けずしまい。TRYすること 約1時間 じっちゃんは その様子を見極め 僕の作った 簡易小屋へ暗くなるうちに 親子戻るのだった。 

  そして また今日同じ事を始めた。 約30分の挑戦の後 1羽のひよこが ヒマラヤ登頂にとうとう成功した! 僕らは それを 大屋サンから貰った 飛び魚の塩焼きを食いながら 歓声を挙げながらながめていた! マア暇人である!! いや趣味人と言ってもらおうか??  1度成功すると このひよこ 自信をつけたのか 再度成功!! すごい!!!! ひよこも日々努力しているのだ。 残りの4羽はまだできない。 それを 見極めた じっちゃんは 下に降りてきて また一家そろって小屋に戻るのだが、、、、 すごい!! 天敵から自分を守る為のすべを 親が教えているんである! たかが鶏とは言えない! まさにドラマを感じてしまった!! こんなことを あたりまえにしている鶏と 檻にただ閉じ込められている ブロイラーの鶏 !! こりゃ全くの別物である かたやストレスの塊! これをまた口にする現代人 ,,,,,,いろいろ考えると もう限がなくなる けど,,,,,,凄い違いだろうな 最近はやりの波動水 普通の水に波動をプリントするだけで かなり変わるそうな、、、勿論それを口にする人間に大きな違いがあるそうな、、、、 でもブロイラーと地鶏ほどの違いはないような気もするなあ、、、、、、、、。

 

RIO-5

マイナスイオンをCDに吹き付けるという RIO-5 
ARのシングルコアケーブルでシステムの音質は かなり改善された後に このRIO−5の効果を確かめてみることにした。まだこれでも改善の余地はあるのかなあ という気持ちで、、、。 音源は自作のCD
聞きなれた音で確認をしてみる。

 そして、、、、 まだ変化するのであった。 アコーステイック物のさわやかな歌物の
曲だが。 実際に生で知っている女性シンガーの声でチェックだ RIO−5を掛けた後は アコーステイックギターのカッテイングで そのエッジ感が よく出てきた といっても高音が強調されるというのでなく 低音のほうが立体感が出てきて そう聞こえるというものだった。 友人の声は前にまして 生にちかずいてくる。ベールがまた1枚 2枚抜けた感じだ。
ここで 

感心してしまうのは ARの製品をいろい試したが、その効果というものは すべてに一貫しているということだ、 これを使えばこうなる これならこう、、と言うのではない、同じ効果を出すのである。 ケーブル 電源ケーブルで 音質はかなりクリアーになっているわけだが それでも まだ変わるのである。
これには本当に 驚かされる 。 これはARの良い音とは何か という、コンセプトが一貫している証拠だと思う。 
化粧をするのでなく 限りなく素顔にちかずいていくのである。 こういったどう方向にエンドレスに変化をしていく様は本当に脅威だ。 今までどういう音を聞いていたんだろう????
最近 僕はマイナスイオンフエチになってしまった! 次ぎにARは何を作るんでしょうか????

 

イラク戦争

2003.5.2

ブッシュのイラク戦争勝利宣言がなされた。全くもって理不尽な戦争であった。世界中の戦争反対ブーイングの中、大量破壊兵器の破壊 テロとの関係を大義に強引に行ったこの戦争。結局今の今まで大量破壊兵器も出て来ず。 しかし おかかえのメデイアCNNなどで、大量破壊兵器発見か? てな 放送をさんざん流した後 アメリカ人の平均的思考能力では どうでもいい状態になっているそうな、、、まさに酷い話である。 幾人の無駄な命を犠牲にしたのだろうか? あの死刑宣告を受けたオウム真理教以上の気違い集団にも見える次第だ。 これが 一国の長の元に行われた行いとは 到底思えないくらいの事実だ。 アメリカ国内の状況をこの目でも見ていないし 肌でも感じていないのだが おそらくかなりの数のアメリカ人は 、この勝利に歓喜しているのだろうと,思うとぞっとするものがある。 勿論こういう人たちばかりでないが、、、、。

第二次世界大戦前夜 世界中は経済恐慌に荒れ 気持ちもすさんでいく中 あのヒットラーはユダヤ人大量殺人の道に進み、人々のすさんだ気持ちをそちらへ向けたが、 今現在 不景気とはいえ そこまでの経済危機とはいえないアメリカ それでも アメリカ国内のかなりの数の人の目には イラク国内の悲しい状況が映っていないのだろうか?  戦争景気にこれからアメリカは向かうのだろうか?あのマドンナがアメリカ人の価値観を最近、徹底的に非難したそうだが、、物質主義の権化のようなアメリカ文化をだ。

初めて長期の一人旅をするようになった20年前 バックパックとギターを担いでいる中、 いろいろな感覚を 僕は気がついていった。 都会育ちの僕にとって本当に新鮮な事が多かった。  その中でも大きなことに 物の少ない生活と言うことだった。 バックパックを担いでの旅だからそう多くのものは運べない ただギターは常に持っていたが。 1冊の本を心底読み込む、、、、 1冊のノートに心底 自分の行動気持ちを 日記に記す。 1本のギターで いろいろな音楽を演奏する 発見する、、、などなど。 いろいろな発見が そのシンプルな毎日から起きる。

 普段ならば 他の事物に 気持ちは常に移ろう。   ちょっと何かして  ハイまた  次のこと を、、、、 テレビでも見て 、、、、、、 何をしていたかは忘れている・  結局何も想像的な事は生まれない 無駄な時間がただ過ぎるわけだ。  しかし旅の間は違う。 2ヶ月なり 3ケ月の間に それは実に濃い事が起きていく・ 勿論 移動をして いろいろな人物にも会うわけだが。僕は このものが少ない生活と言うのが かなりポイントだと思っている。 いわば あのインターネットのリンクのように 次々に移ろう中 結局何もできないという 感じである。  CNNのニュースもいわば 慢性化した現代人の感性の中では このリンクの中の一つであり 何も取るに足らないことで済まされているに違いない。  僕が タイに住み始めたのも この神山の山の中に シンプルな生活を始めたのも これら雑多な事物から 自分を離すすべの一つである。 とっても当たり前なことが、こうすると見えてくることがある。 是非皆にも薦めたいことだ。 大事なことが見えなくなっている今の平均的アメリカ人そして 現代人。 どういった反動がその中に生まれてくるのか 見守ってみたいと思う。   

 

ACOUSTIC REVIVE(以下ARと略) シングルコアケーブル

2003,4,18

http://www.acoustic-revive.com

引き続きAUDIO関係のレポートです。

待ちに待ったARのケーブルが届く。 大きな箱を開けて そのコアな顔つき! 良いねえ!
で箱から出して びっくり! 硬い! 太い! 予想をはるかに越えている!
見ただけで凄い音を出しそうな ケーブルだ! で肝心の音は??
今まで使っていた ケーブルは決してプロが使うような品物ではなかった、、、、、、、 恥ずかしながら! いわゆるSONYの家庭用AUDIOケーブルだ。 でもそれほど気にはとめていなかったのだ 今の今まで。 最近AUDIO界は ケーブルブーム TUNE UPでもかなりの効果があったが。 さらにどう変わるか? 興味津々である。 
僕の音楽の中枢であるTUNEUP済みのコンピュータから ドイツRME社のAUDIOインターフエ−スを通じMACKIEのミキサーに繋がっている それからYAMAHAの往年の名機b−4パワーアンプに繋がっている その先はヤマハのやはり名機 NS1000Mスピーカに繋がる。 まずRMEとMACKIEの間のケーブルを代える。 

おおお!! ぜんぜん違う! まずパワーUPした 元気な音になることを感じる。 パワー感がぜんぜん違う。 高音の劇的な変化を期待したが そうではない TUNEUPの時のような 低音の安定感がぐっと増すのだ! そして空間が 安定してくる 。 前後の感じなどが ぐいいい===と出る!
全く違う! TUNEUPの時より はるかにハッキリした変化だ。 製作中の音を聞いてみる。
低音の安定は素晴らしい 高音は 少し荒れてしまうように聞こえる ただこれは ケーブルに問題があるというより ぼくの音源のMIXの問題が はっきりわかった 結果と思われる。 再度MIXし直しである。 定位などももっとはっきりするようだ 高音もはっきり分かるようになり リバーブの調整もしやすさそうだ。 で 出来合いのCDを聞いてみる んんん! 素晴らしい! 音が飛び出してくるようだ。

次は ARの電源ケーブル! これまた只今 業界のトレンデイ−的な存在 。
でも僕ずっと 不思議なんです コンセントの所までは いわゆる 普通のケーブルでしょう?
その先だけ代えて 音変わるのかって?? で刺しました!これまた凄い硬いケーブル。
ARによりと ひん曲げても良いそうで 上手く収まるように ひん曲げる。 それでもかなりの重量級ですから(普通のから比べたら) 刺したのは ミキサーとコンピューター 今までのケーブルと違いソケットが役不足 ソケットが弱くて もう少し補強しないと このケーブルを押さえきらなさそうで ちょっと不安。 とりあえず TRY!! 
これが すさまじい 変化だった! びっくりした こんなに変わるのと言うくらい変わる!
まずエネルギーが 全く変化するのを感じる。 近所のおっさんも見にきていたが 彼の耳にもはっきりとわかる位の変化! 音量も変わったと思う! 今、製作中の 音源は えらく 荒い音に聞けてしまう。 こりゃあ再MIXだ!  今まできずかなかった 低音のうねりなども 聞こえてくるわけ。

ここで このシステムで 再MIXをする これが 凄くやりやすくなった、 NS1000で バアーとバランスを取る そして スモールモニターに切り替えると かなりの良いバランスに短時間で仕上がるようになっている。 ある打ち込み物の音源を 再MIXするが タイでしていた時の 1/5位のスピードでMIXしたのではないだろうか? まあ タイの自宅STUDIOの部屋が かなり良くないのだが。 
このシステムでMIXしたCDを いろいろなシステムで聞いてみる 出先であった 機械に手当たり次第に聞いてみるが これがとっても 良い感じ。 だいたいラジカセなんかで聞いたら がっかりすることが多いのだが 、 これがどの機械でも それなりの音で聞けた これがMIXする時に一番求められることなんだけど。 今までは このスピーカでは こんな聞こえ方するから こうしておこう的なことをしていたんだが 素直に製作中のバランスが 大体出ているである。 マア最高のプロSTUDIOではあたりまえだけど(でもないか?) 自宅STUDIOでは、これがなかなか大変な ことなんである。 勿論ここの漆喰の壁とか 他にいろいろ要素はあるが このケーブルにして 更にそれが発展した感じである。満足!

この時点でミキサーとアンプを繋ぐケーブルもARのものに代える。 これで更に 音質は上がる 。
ここで友人から借りた 1m2本 30万円 以上するという 米国製ケーブルと比較をしてみることにする。 このケーブル よくもマア こんな値段をつけたと思うが まあ 買う人がいるのであるから 恐ろしい!
このケーブル 金ぴかのキングギドラのようなケーブルだが。 しかしARのケーブルも高価では有るが それでも値段は 約1/10である さて どうであろうか??この対決!? このケーブルキャノンケーブルの為 ミキサーとアンプの間にドイツバイリンガー社のEQを噛ませて バイパスの状態で聞く事にした。 

まず打ち込み物の自作のROCKぽい曲を聞く。 違う ! 明らかに音が違う! 僕の耳には はるかにARのものが よく聞こえる 一番の違いは バスドラのアタック感だ バスドラを叩くビーターのアタック感がはっきりARだと聞き取れる。 その上アタックが、もっと前に飛び出てくるようだ その後 キングちゃんは 勿論良い音だが ARの後では 低音群のアタック感がずいぶんと円やかになってしまうのを感じる。全体の立体感もARが上だ! 

次に結構アッタク感のあるアコーステイック物を聞く。
やはり 音の勢いが違う アタックのスピード感が 違うんですね
キングギドラ 円やかに感じにはなりますけど 
高音のキンキンした部分は 多少円やかに 押さえられるよな感じはしますね キング。
その部分は 好感持てました。 

低音打楽器の アタック感は ARのほうが はるかに有ります。 
で全体の音空間 ARに軍パイが上がりますね。  

で次は、もう少し おとなしいアコーステイックものでは 

今回は はんたいで ARの低音の厚みがある分 全体が円やかなかんじがする 
空間の厚みが ARがずっとあるんですね これが!! 
低音域での やはり厚み 奥行き が ARいいですねえ ぜんぜん違うんですよ 音が!

更におとなしい アコースチックものでは これまた ARのほうが良い この曲では
ARがとても円やかに 気持ち良い 中低音を出してくれていました。 
キングでは とても 普通な感じですね 。 ARのあとでは なんとも 寂しい感じ
かといって AR 派手ではないんですねえ。 んんん! この30万のケーブル 買った人 かわいそう! ちょっと やりすぎですな これ30万なんて! 業界のお金たくさん持っているとこ こういうの買うんでしょうが、、、、、、。 日本人舶来物大好きだけど 国産で これだけのものが あるんですから
自分の耳頼りに 選ぶべきですね。 ギターでも アメリカ製○○○社とか言うだけで 高いもん買いますが 最近の韓国製の安いギターでも,凄く良いのありますよねえ。 値段にして 1/10以下とかで 仕上げがちょっと安っぽいだけで 音は上なんて こと良くありますねえ 最近は、、、、、、、
まあ 聞き分けられる耳を持てれば 良いんです!

AR シングルコアケーブルに交換した結果 音はなんというか 空間の大きさが見えてくる 昔のアナログレコードにあったような
丸い空間。 デジタルになって 高音 SNなどは はるかに良くなったけど この空間が 見えなくなったように思う、、 それが そのデジタルのよさを残しつつ なんというか 丸い空間が 見えてきた。
今までは それこそ デジリバーブかければ 安物でも 何処までも 果てしなく広がる 空間が作れたけど その空間の行き着くところ 分からない感じだったわけ、、、 それが なんか 行き着く先が見えてくるかんじで。 その空間に 楽器を収めることが できるような感じ。 果てしなく広がって聞こえた空間に適当に置いた 楽器は 聞くシステムによって さまざまな聞こえかたしたんだけど。 今のシステムでは 空間が分かって その中に 丁寧に置いていけるので 聞くシステムによって 聞こえ方が変わってくると言うことが 少なくなったように思う。

 その後 このシステムでMIX DOWNを開始する。 EQなどをかけるときに 確実に変化が分かると言うのは あたりまえだのようだが、いろいろな音が重なってきた場合 そうはいかないことが多いのだが これがかなり分かるよう変化したのは素晴らしかった。 そして1番難しい、低音の処理もかなり、分かりやすくなった。音の奥行きなどももっと分かるようになり。エコー−類の操作などもはかどる。
デジタル録音特有の全体のレベルが上がったときの、飽和感も、随分と改善される。 特にNS1000Mは かなり高音が強いスピーカーなのだが、その結果あんましレベルの高い マスターを作る気になれなかったのだが。結果普通ののスピーカでは、明瞭度のちょっと低いマスターになったりしたのだが、このキンキンしたのも取れたように思う。 隣室でいつも音を聞いている女性陣も なんか音が円やかになったと言うのだ。 ただ高音が変化した結果ではないと思う 低音の底辺が広がり 同時に其れに合わせてMIXをしている訳で 絵の具を載せるパレットが広がったと言う感じだ。 勿論前後も広がる。その結果 下からもっとしっかり音を重ねられると言う感じだ 本当に良い事ずくしであるが これ まともにお金を掛ければ かなりの金額になる改造である。 ケーブル1本が チョッとした機材を買えるだけの金額なのだから、、、、。それでも ACOUSTIC REVIVE社のケーブルは いわゆるその手の中では 安い部類に入るという。 キングギドラが良い例だが。 

何はともあれ MIXの追い込みをNS1000M上でしていき スモールモニターに切り替えると 大体きれいに納まってる。これが実に時間短縮でできるようになった。スモールモニターの音も 小音量で聞いていても 実に抜けがいいのである。 なんか糞ずまりの原因がなくなったという感じ。 だから小音量での長時間の作業もいけるようになったわけだ。素晴らしい! 変化ずくめだった。

上のチェックした打ち込みの音は ROLAND VS1880で録音したものを、某社中国製アナログケーブルマルチでコンピューターに移した物だったが。今まできずかなかった質感のざらつきなどを見つけてしまう。 これは取り込みには ARのケーブルを使用していない。 チャンネル数が増える事によってある高周波にぶつかり合いがおき このざらつきがでているようだった。 そして後日 この取り込みもARのケーブルを使用したところ、このざらつきがなくなったのには びっくり。 とても素直な音で 取り込むことができたのである。 全く色ずけなしで取り込めたという感触を得た。 

 

PROGIC TUNE UP 日記

2003.3.23

先日待ちに待った AUDIO TUNE UPの為 そして PROGICの専務 平賀さんとスタッフの方がやってくる。群馬の伊勢崎よりわざわざ この遠い 徳島山中までやって来てくれた。 

それでは 夜5時ごろTUNE UP開始! まず ノイズの原因となる 電磁波対策?? 細かい電気専門用語は ぼくはよく分かていないのだが、非常に興味深いことを始めた! まずパワーアンプ ミキサー サウンドカードのAD DAなどを開き まず 波動水できれいに掃除をしてくれる。 そうである 機材にまず愛を!! しかし内部は汚いものだ! ものによっては10年以上の 埃が溜まっているのだから!
そして コンデンサーなど 頭にカーボン系の塗料を塗る これによって アンテナ効果を防ぎ ノイズを減らすと言う。 その他 は企業秘密と言うことで いろいろな 怪しい事を次々にする!! 僕をはじめ 家の住人も 興味深くその作業を眺める。 ほうほう!! 主にノイズ対策であるが マイナスイオンを発生させるものを シャーシーの中に 組込んだりするのだが。
そんなことするのか!! 感嘆の連続 すごいマニアック! でも見ていて非常に楽しい! そうである 楽器も愛を込めることによって 音が良くなってくるんだ! 電気機器も同じ事なんだと言うことを確認! その内容は PROGICの長年にわたる経験から編み出されたことなんだろうが、本当に見ていて楽しいものだった。 たとえば電源コードの下に○○○を巻くとか 内部に○○○○を張るつけるとか こりゃあ企業の製作段階では 手間がかかって出来ないことだろうなあ、 とにかくマニアック! 

一旦休憩。夕食は、山の幸の天ぷらなど ここの誇る
食い物を食べていただく エネルギーの詰まった食い物だ! 皆美味いを連発 ここは山の中 おいしい空気 水を堪能してもらう。 

 食事後 作業開始、TUNEUPをしてくれた機材は YAMAHAの往年の銘記 パワーアンプのB4 スピーカー NS1000M マッキ−のミキサー1202VLZ & 1608VLZ、ROLAND VS1880 、RME MULTIFACEのAUDIOインターフエース そして TASCAM電源デストリュビューター。 
途中何度か 今製作中の聞きなれた 音をモニターしていく。 これならば 何度も聞いている音だから 変化は分かりやすいわけだ。

それは 面白い変化だった 微妙と言えば微妙だが 確実に変化をしていく 高音の変化より 低音の変化が興味深かった 
僕らの演奏は 全てACOUSTIC の生演奏 デジュリドという オーストラリアの原住民 アボリジニーの楽器だが ただ1つの音を出す
管楽器だが この1つの音が 息の使い方で シンセサイザー以上の変化をしていく楽器だ。 この楽器に注意をして聞いていたが。
まず 奥行きが見えてくる そして 全体から低音の部分の ピラミッドの底辺が しっかりしていくと言う感じだ。 これによって全体の音の像もはっきりしていくようだ(充実し よく詰まっていく感じ) 今まで聞こえないような 所も聞こえてくるのには
びっくり。 音が立体的になってくる バスドラのアタックも ぽんと飛び出してくる 感じだ。今までノイズに埋もれていた音なんだろう。 それでいて 高音も、なんと言うか丸い空間が 落ち着いた感じで あり ビヤ−と広がるだけの以前とは違う アナログ的な感じとでも言おうか? この丸い空間が見えてくると その中でMIXの組み立てが 楽になるような気がする。 前は 比べれば 壁の無い空間で 何処で区切りをつけようか というのが見えてこない感じがした。簡単に言えば、音楽的になった感じだ。
。 
そして 組み立てWINDOUWS COMPUTER (アスロン1200と言う 普通のもの)のTUNE UP 、特にこのコンピューターは
内部処理は凄かった! カード類もはずし、あらゆるノイズ対策をしてくれたのだ FUNがかなりうるさいCOMPUTERだったが これの対策を意図しての改造ではなかったが 結果、振動も減ったようで 多少静かになったのである。 おそらくこんな コンピューターは世界に1台ではないだろうか?? そして また変化する MIXの粗なんかも 分かって来ちゃい ただ単純に 良く聞こえるとも 言えないのだが 粗がわかってくるということは いい変化としてエンジニア的には 言えると思う。録音STUDIOは、ただ良い音で聞く為のものではないからだ  この時点でもう夜中の1時近かった。 そしてまだ 平賀さんたちの改造は続く! 凄い! 手抜きは一切無い! 飽くなき追求である! PROである! 音楽の世界でもいろいろな人に会ったが この人たちはAUDIOのPROである! といより ARTSITだ! 追求の限界って言うのは 存在しないわけだ。 本当に素晴らしい人に出会えたことに 感謝する瞬間である! どの世界にもいるのだが まあ こんなもんかなってのが、、、、 彼らは違った 凄い!! そして同時に楽しんでいる

コンピュータには オーディオカードは、RME社のMULTIFACEと 安いSoundblasterのAUDIGYの一番基本モデルが刺さっているのだが これ値段にして 20倍位の差があるのだが。 このTUNEUPの後 切り替え聞いてみるが 出音に関しては、ぱっと聞いたところ あんまし違いを感じなくなった。 以前はやはり歴然とした差があったのだが。 ただ出力のみのチェックなので録音に関してはなんともいえない。 やはり 音質の差はノイズ対策によるのだろう。 ということは安い機材でもノイズ対策さえしっかりすれば 音が良くなるということなのだろう。AUDIGYは以前は 低音が薄く シャリシャリに聞こえていたんだけど、、、 今は,比べると多少RMEが 上品に丸く聞こえる これも微妙だ。 アコーステイックのダイナミックレンジが広い音源で聞いていて これだけの違いなのだから凄い。
次回は是非 採り音も聞き比べてみたいけど、、、、、、。

 

強迫観念
2003.2.23

寝苦しい夜だった BKKの凄い湿気の中 とてもグロテスクな夢を見て起きてしまう。 夜中の3時 米兵の子供 ドイツの友人BENNO そして犬が出てくる夢なのだが どうも 今問題になっているイラクのことが関係しているらしい夢だった、 どうも情勢が気になり 直ぐにシャワーを浴びインターネットでNEWSをチェックして見る。 どうも何も大きな変化は無いようだが。 小泉首相はパウエル長官に 日米の協調は続けていくが 平和的解決を望むと言ったとか。 これが今の置かれている日本の言える限界なのだろうか?? 何はともあれ 夢の内容を書いてみる。

それは日本の田舎の風景だろう ドイツの友人BENNOが日本に来ているようだ 2人でバスに乗ってどこかに向かっている。 途中の停留所で白人の子供が降りる。 BENNOは あれは米兵の子供?と聞く。 僕はそうだよ と答える。 BENNOはその数に驚いた様子だった。 相当数の米兵が日本にいるんだなあと。 次の瞬間 BENNOは犬を連れて歩いている。家のジョンコのような 洋犬の猟犬のようなかんじだ。 米兵の子供が犬に近寄ってきて こう言った。 僕エコフードが好きなんだよ。すると次の瞬間 犬の口から噛み付き なんと鼻先と 犬の舌を噛み切ってしまうのだ。
犬はなんともグロテスクな顔になってしまった。 僕とBENNOは そのあまりにもショッキングな様子に びっくりしてしまう。でその子供は それを口に入れたまま どこかへ行ってしまうという夢なんだが。 僕らは その持っていかれた 舌を探そうとするのだが、、、、、、。

なんともシンボリックな夢だった 夢から直ぐ覚めたが しばらく 布団のなかでショックでいた。 

 そう言えば 何年か前に アメリカに住んでいた日本人の学生が、警察に止められ ホールドアップと言われたところ その意味を解さず 服の中にあった 身分証明書を探そうと 服の中に手を入れた瞬間 撃たれて死んだと言う事件があったのを 思い出した。 

これは 武器の氾濫する、アメリカ国内であるから。一般常識として、その学生は手を上に上げるべきだったのだが、それを知らずに撃たれて殺されたことに対し、日本は抗議することが出来なかった。 ある意味 今の世界状況と似た話でもある。 勿論これはアメリカ国内の状況でなく 国際世界での話だ。 いまイラクは ホールドアップをかけられた状況だと思う。でそれに応じないと判断して 叩きにいくわけだが。 

知ってのとおり アメリカの国内は ひどい状況で、武器がそこら中にあるわけで これによる恐喝事件などが後を絶たない状況から まずホールドアップさせる必要がある。 武器による脅威がそこらじゅうに あるのだ。世界の警察を自認するアメリカは、イラクにホールドアップと言った。まったく同じ理論だと思う。 武器に対する強迫観念は 日本人のそれと比べものにならないのかもしれない。これも彼らの歴史だ。

ここタイでは、まったく知らない人に対し 微笑を返すのが 日常である。 その瞬間心理的距離は一気にちじまるのだ。これが可愛い女性にされると堪らないのだが、、、、、、。 タイにもかなりのガンが出回っていて これを簡単に買うこともできるのだが。  アメリカのそれと、凄い違いではないか? 比べるとことが違うか? 握手の元の意味は 手に武器を持っていませんよという 狩猟民族の意思表示からはじまったと聞く。強迫観念からの行動とは対極の行動のように思う。

世界の警察だから どこに言ってもホールドアップを通用していいのだろうか? (これは彼らの自認である。)そう言う常識を。彼らが持った背景には つい最近まで(と言うか 今の今まで)アメリカの血に血を洗った歴史背景が、その常識の基盤をなしているように思えてならない。 日本にも戦国時代などという時代があったが。それからかなりの歴史がたっている 。 しかしアメリカは、本の少し前なのである。ここから養った常識を持ち、こういう行動を起す。 もっと深みのある意識をもつべきだろう。 世界一のの大国アメリカ 力を持てば持つほど強迫観念は強くなるわけだ。 高いとこへ上り詰めれば 上るほど 谷は深いのだ。 仏教徒的資質から行くと こういう高みには上らないのが 徳とされる。 この強迫観念を打ち消す 為への更なる上昇は 次の強迫観念を強めるだけに他なら無いと思う。 中道 そう これである。 アメリカの峰は 更に鋭い峰を伸ばし いつかもろく崩れるのだろう。

 

 

反骨精神
911以来 世界の状況は 一変している とは言いつつも これは計画されたものである。 第2次世界大戦のときもアメリカの秘密文章の中に、‘何とか白書‘というのが 在ったらしく、これにのっとて世界の動きはなされていたという。今の状況もこれと、そう違いは無いのであろう。これはいわゆる会社の経営方針みたいなもので 世界一の大国アメリカの軍需複合産業が現在の経営方針を立てて その安物俳優ブッシュが それを演じているという感じだ。今までは こういった経営方針は秘密裏に動かされていたが 今はそうはいかない。インターネットを始めとする 世界の情報ネットワークで いろいろな情報が瞬時にして分かってしまうからだ。 冷戦時代にアメリカの軍の情報が壊滅しないようにインターネットが開発されたというが それがこういう効果を示すということは考えなかったのだろうか? 僕は こういった反勢力の力を信じている。

何はともあれ 僕の動きも随分と 変わってしまった。 
まず911以来 エアチケットが随分と高くなってしまい そう簡単に動きが取れなくなってしまった。 一時はbkk大阪の往復が3万円しないで動けたものの 今では5万はしてしまう この違いは大きいのだ その上 知ってのとうり、世の中の経済状況は厳しいものがある。いろいろな品物が価格破壊を起し下がっている反面 アメリカへ行く以外 チケットの高騰は 凄いものがある。 そう簡単には動けないのである。 その反面インターネットを始め コンピューター関係の技術発展はすさまじいものがあり。 録音機器などは数年前とは 雲泥の差で発展している 極端な話 ノートブック1台あれば studioを持って歩いているようなもので どこでも曲を作ることができるようになった。(とはいいつつも その反面以前よりいわゆる作曲的行動はいたって少なくなっているである。あまりにも 高度化した コンピューター上で手を広げすぎ。振り回されているような、、 ) この世の中は すべて陰陽のバランスで出来ているというが。 片方が極まれば 片方は ちじむのである、、、、。そこでこの間の 陰陽のバランスの一番取れているところを行く これが 達人なのであるが、、、


世の中の嗜好は マクドナルドのような 規格化された方向へ進んでいる。音楽しかりである。
もちろんいろいろな音楽を吟味してきて そして更にそれを広げていこうという人は別であるが、
コンピューターによる サンプリング化によって、すべてが規格化されつつあるのだ 今ではギターを弾かなくても 誰かがサンプリングした音で いかにもギターの音がするのである どこへ行っても同じ味のマクドナルド 音楽もその方向性を持っているのだ。 15年以上前ここタイに来たときのここのpop music界には 面白い音楽があふれていたが 今となっては 言葉だけがタイ語 という感じであり どこの国へ行っても同じような音楽が流れているのだ。 勿論これがすべてではない。こういった方向性とは まったくの方向が それぞれの世界に出現している。 

世界中の若者達が 同じようなものを食い 同じような音楽を聴いている、、、、 これによって世界が一つになればいいが もしかして これがアメリカ複合軍需産業のようなものの 陰謀となると
世の中の先行きは見通しが悪いことになってしまう、、、 ここを読んでいる人は そう普通の人ではないと思うが、その反骨精神を持って 世の中の大きな流れには乗らないで欲しいものだ! 

 

 

山田和尚

2003.1.29

先週東京にTOURに向かう高速道路のサービスエリアでメンバーの2人と、夜中、飯を食っているとなんと目の前に山田和尚こと バウさんが目の前をコーヒーカップを持って歩いているではないか。11月の暮れ 戦争中毒と言う、平和運動の本の、プロ−モーションを兼ね 徳島にきた際会った以来であるが。 まさかこんなところで。 実は彼に会う直前30分も満たない前に 彼のことを思い出していたのである。 彼と初めて会ったのは 和歌山の紀三井寺に広島原爆の残り火 ‘こころ‘を永久保存すると決まり その奉納をするセレモニーのときだった。 とぼけた中に 凄い鋭い気を時々発す人であった。 良くその手の活動家にありがちな、重々しさは一切感じず とても好感を持った記憶がある。 そのときは自分の足で日本中を動き回り 奉納をしていた過程だったとかで えらく疲れているようだったが。(まあ バウさん でも山田和尚でも いいから 検索をかけると いや出て来るでてくる! 今本当に必要なことを 自分の足で 行動して一つ一つ確実に、おこなっている人なのである! 言葉にすれば簡単だが これがドッコイ! ) 今回も1人で日本中を平和運動の為にうごき回っているのだが 911以降世界は 緊張感に震えているのに、体こそ疲れてはいても、バウさんはなんかとても軽やかになっているように見える。 そう この重い時代に こういう軽やかな鋭敏な精神が 必要なんだと僕は思う!   

それにしても数十分前に 車中で思い出して こんなとこで会うとは不思議だ! なんとも運命めいた!  バウさんは 何かを探し出し あげたいものがあると言う 車に戻ってもって来た物は NEWYORK TIMESに出した イラク攻撃反対の意見広告だった。 劣化ウラン弾のために毛が抜けてしまった、(過去の日記参照!)イラク人の少女のかわいらしい笑顔がのっている。

彼は、ジョンレノンの話をしだす、彼は僕と同じく、ジョンが大好きなのだ! 僕はとっさに あれをあげようと思った そうである ハンブルグで手に入れた ジョンの直筆サインの入ったふるーい写真である。 かなり古いもので おそらくジョンが超有名になる前のものではないかと思われものだが。(まあこれを手に入れた 経過は以前の日記でも読んでみてください) 

 僕はそれを車に取りに行き、バウさんにそれを差し出した、 本人えらくびっくりしたとのことだが ぜんぜんそう言う風には見えない いたっていつもどうりの軽やかなバウさん、、、 この写真手に入れた当時は 僕に本当に凄いエネルギ−をくれたのだが、、、今では、そうもいか無いのである、慣れとは 怖いものだ。  ぼくは バウさんこそ、これを持っていたら100人力であると、おもったのだ。 これをもった人のみ、わかるのである。 僕は初めていったヨーロッパでこれを手に入れたんだけど 凄いお守りだったわけだ そして凄いエネルギーを僕に与えてきてくれた。 いわゆるプラシボ−効果 というやつかも知れんが? まあ ジョンに対する思い込みが強いほど 効き目があるのである!! これからは バウさんを守ってもらうことにしよう!!!!これできっとバウさん 更にイケイケになるだろうなあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!! 

ぼくも 日本の基地もそろそろ落ち着いたところ 動き出すしかないでしょうねえ!!! 

バウさんもえらく嬉しかったようで 僕も本当に嬉しい限りです! DEAR MY FRIEND !

OPEN JAPANのHPへ

 

Acoustic Rivive RR-77 レポートNO1

2003.1.26

2回続けて AUDIO関係の書き込みである その手のHPではないが そういう風に見えますかね ここだけ見ると?

今回紹介するのはACOUSIC RIVIVE社の作ったRR−77という代物。とある縁でたどり着いた WEB上で見つけた怪しいものだった! 最初見つけた製品は 電源ノイズを下げるというもので とりわけ特別変わったものではないが 次に見つけたこの製品。 詳しくは先方のHPに任せるが、地球の表面に漂う ある特別な周波数を 人工的に生成する機械だという。 その結果 電磁波などが改善され 聞こえる音がはっきり聞こえる という話なのだ。。 この周波数は生命体の存続にも大きな意味合いが あるとか、、、、、、 ううううううん怪しい!! 欲しい!!ぼくはどうにかしてこの効果を確かめたくなった。 しかし お金の余裕も無い、、、、、僕は早速 これのモニターを希望したのだ。 僕のHPを紹介して 今現在の活動、住んでいる場所などを伝えた だめ元での希望だったが 向こうの担当の方は快く受け入れてくれたのだ。ありがたい限りである。僕のHpにそのレポートをすると言う条件で。これがそのリポート第一弾である。

 数日後届いた RR-77 早速開封 あれれ かなり小さなものだなあ? かなり軽いし、 もう少し高級感があるものを想像していたが ちょっとがっかり。 安っぽい感じも、、、する。もう少しここら辺改善したならば 良いのでは>?と思ったり。 まあ要は、効果次第である。 部屋のできるだけ 高い場所に設置するのがが良いという話だ。軽いので壁に貼り付けたりでもOKだ。 しばらくするが なにも変化を感じない。 ??????であった。 しばらくして忘れたころに いきなり ものの見え方が ハッキリする瞬間があった。 あれ? RR-77の効果なのかな? この部屋はコンピューターはじめ かなりの機材が 詰まっている。 しかし 一歩外に出ると 山が目の前に広がる標高500mの上。 見渡すとこには 家も一軒も無いような場所。 まあ 都会のSTUDIOとは まるで違う環境なのだ。 それほど電磁波とか 問題ないのかな??? という 印象であった。 

ちょうどその後にあった、ユーラシアルンのTOURにこれを もって行く事にする。 ぼくらの音楽はアコースチック中心のかなり 繊細な音楽をPLAYする。いわゆるエスニック音楽というやつかな??  途中よった友人宅に ちょうどいい人がいた。 この方某有名W大学の英文学のM教授なのだが。 霊感とかヒーリングパワーを持っている人であり。本職よりそっちのほうに力を入れ動いているかただ。 まずシューマンレゾナンスとは何かを 説明した (しなければよかった と思ったが 先入観なしでね) で電源を入れる。 

すると かれは ‘お〜〜〜〜〜〜これは凄い!! 凄い 凄い を連発するのだ これは良いぞ!‘ 僕も眼孔が開くのを同時に感じる。 凄いを連発のM氏 何が凄いのか 僕には具体的にわからないが 確実に 何かを感じるらしいのだ。何か楽器を演奏してくれないか? M氏が言う R-77を一緒に入れておいた 陶器の壷の楽器を叩いてみる。 電源を消して と彼の指示。そして 再度電源を入れる。 ‘うん 音が 柔らかくなるようだね 確かに変わるよ。 でもこれほかにいろいろ使えるだろうな これは実にいい‘ と言うのだ。 まあ彼の場合 常人とは 随分違う感覚を持ている方である。

 このRR−77以外に マイナスイオンを発生するRIO-5 CDの帯磁を消すRD-2があるのだが、実はこれらの機器が家についた日に ショッキングな話も届いた、近い友人がお正月で実家に帰っていたのだが、なんと腹痛で入院 その上それは肝臓癌だとわかり、急遽手術と言うのだ。 僕はM氏に、このRR−77は良いかな? と聞くと 彼 目を瞑り RD-2が効果がありそうだというのだ。彼の直感と霊感から出た言葉なのだが、まもなく彼は この家に療養に戻ってくる。 経過はすこぶる良いようだが この効果を見てみようと思っているところだ。

それで次は バンドのメンバーの反応。 実験場所は 千葉のホテルのある宴会場だ。 僕以外に3人のMUSICIAN 何も今度は 前説明をしなかった。 電源を入れるとSAXの公成さんと デイジュリドウプレーヤーのキンヤ2人は 直ぐに ‘お!!!と声をあげる 凄い凄い!ナにこれ??? わあ〜〜〜〜! これ気持ちいいよ! さすがMUSICAN 飛び系には すぐに反応するのだ!僕もすぐに 目に来るのを感じる やはり 都会にいるときのほうが その変化を感じ易いようだ。 パーカッションの信ちゃんは何も感じず。  感じる方の大体反応は 同じである 目に来ると言うのが 最初の反応だ。 それから 音とかの変化を感じる人もいる。 それからの3回のライブを、これをずっとONにした状態で行ったが、これによってどう変化したかと言うのは難しい。 3回ともなかなかのライブであったが。 

この山の中にいると もちろん空気は最高であり 波動もかなりいいため この効果をすぐに感じるとはいかないようだ、音の響きに直接働きかける部分もあるのだろうが それよりも自分自身の感覚に働きかける部分の効果が大きいように思う。都会にいるときと ここにいる時では確実に 精神状態も違うのだ。 

 シューマンレゾナンス 7.83HZ シューマン共振派 などで WEB上で検索を掛けてみると いろいろなものが出てくる。 これを応用して アルフア波を出すようにする機械などもある。 確かにこれはなにか 普段と違った波動を出させるものだ。  それに、その効果に慣れ親しむにつれ 更に精妙な部分を感じられるような気がする。確かに空気が澄むのを感じ出してきた。 電源をONしてすぐに その変化は感じれないが 電源ON直後に感じれる部分も大いにある。  んんん これ不思議! もっと強力に波動を出すやつもあるのかなあ???

またレポートします 

 

YAMAHA NS1000M

2003.1.7

 この神山STUDIOは 土壁の古い家だが友人が手伝いに来てくれ 土佐漆喰を塗ってある。 これがまたいい感じを かもし出す。 今までいろいろな場所で演奏したが 日本で一番好きな場所のひとつは 京都の拾得である。 これは聞くところによると、日本で一番古いライブスポットとか? 機材は古いし かなりへたっているが。 なんともいえぬ落ち着いた音がする。 古い酒蔵を改造したというから 漆喰と土壁が一番の ポイントと思うのだが。 そして MY STUDIOには 厚さ5CMほどの 杉板を入れた 床材としてはかなりの 贅沢だと思うが。 近所の林業を営む 後藤田さんが 挽き賃のみの破格ねで譲ってくれたのである。 そして機材だが、、、、 これまた かなりのもらい物 借り物が 面を並べる。 機材の中心は なんと言っても コンピューター 僕のグループEURASIAN RUNGのライブ時のエンジニア、マネージメントをしてくれている おじじこと喜多浩二さんが 作ってくれたものだが。 彼 昔は 井上陽水さんのマネージャーも勤め あの 安全地帯を北海道で 発見して 陽水さんに引き合わせた 仕掛け人であるが。 機材に関しては そりゃあ耳ドシマになっていて 良い物を知っている。 そんな彼と スピーカーについて いろいろ議論をしたが 唯一意見があったのが YAMAHAのNS1000Mという約25年以上前から売り出し 10年ほど生産された 名器であった 今ではもう作っていないが YAHOO オークションでは、まだ見かけるのだ。 僕はとりあえず 高校のときに買った 古いパイオニアのスピーカーを横浜から持ってきたが、 これまたいい音をしているのだが、、、、。 音楽鑑賞にはかなりいけている 高いスピーカではないが 当時これを選んだ 僕の耳はなかなかだったということだろう。凄い迫力で鳴る。 でもモニターとしては、YAMAHAが気になっていた 当時は、まったく手の届かない 高値の代物だったのだ。 1本は10万を超えていたと思う 25年前以上にだ! 

 録音時のモニタースピーカーのチョイスとは、非常に難しいものがある。今この神山の同居人 CHANNさんと 何気なく話していると なんと!このスピーカを持っているというのだ! びっくり! ええ! こんなすぐ横に!!?? すぐに彼は大坂の実家からもって来てくれたのだ。 さすが 歯医者さん 当時は金持っていたそうな!  しかしこのスピーカーやたら硬い音のする代物である エージングがほとんどかかっていなかったのだろう。 マンションで静かに聞いていただけというから。 しばらく低音を強めに レゲエなどをガンガンかけていくうちに 随分と良くなってきた。 このことを以前BBSに書いたが、なんと この山の反対側の陶芸家 高島さんがこの書き込みを見て 彼より家に招待を受け行ってみると なんと このスピーカと同時期にYAMAHAがかなり力をいれて開発したパワーアンプB−4を持っていて くれると言うのだ。 ここでまた僕はずっこけた!おそらくYAMAHAが1000Mを鳴らすために開発したような代物だからだ。 操作マニュアルにはちゃんとこのアンプと繋がったスピーカは、このNS1000mが書いてあるくらいなんだから。 

そして このコンビで鳴らす音 これが実に 細部まで聞こえるのだ。 録音用のモニタースピーカというのは 観賞用と違って 早く言えばあら捜し的なところもあるのだが。 これが実に良くわかる。 もちろんこの部屋とのコンビである。 少し反響は大目の音だが これが結構気にいっているのだ。 EQなどのダイヤルをほんの少しいじっても その違いがわかる BKKの僕のSTUDIOではこうはいかない。 湿気の多い空気に 部屋がコンクリートだし 機材も違う。結果 やりすぎのMIXになってしまう。  ここでは実に ACOUSTICなMIXができる。 ダンス物とかはこれは合わないかもしれないが僕の音楽には本当にいいのだ。 

   最近巷にあふれる音は 本当に平らな音ばかりだ、、 機材の発達は凄いものがあるが 昔のROCKなど もっともっと立体感のある 音がしていたのだ。 その信号からは なんと言うか 凄い夢があった。 でも今のそれは なんとも 、、、、、 はっきり細部も聞けるのだが。なんと言うか それが 面に並んでいるような かんじだ。  テレビから聞くとそれは如実である。   機材は絶対によくなっているのだから おかしいものだと思う。 ということで最近は真空管の古い機材などが 馬鹿高い値段で扱われているが これも僕にとっては、、、????だ。 要するに エンジニアの耳次第だと思うのだ。 

僕はこのYAMAHA1000Mとしばらく 付き合おうと思っている。 非常に硬い音だが 結果これでMIXした音は 普通のスピーカーでは 甘い音となる。 それでいて このスピーカーの立体を感知する能力は 凄いものがあると思う。今のところ これでMIXした音源は どこで聞いても かなり納得のいくMIXが出来てているのだ。 そして立体感のある音を作る これは空間のどんどん欠如していく現代において 音楽家として, 社会に対して非常に大事な役割と思うのだが。  空間を感じれなくなると 人は凶暴になるな気さえする。 そう立体空間に リスナーは夢を見るに違いないのだから。

 

真っ白

2003.1.6

多少日記をつける気になってきた。 昨日の晩から凄い雪だ 朝は外は真っ白 完璧にこの山の中に閉じ込められた。同居人のCHANさん夫妻は ランクルで焼山寺までドライブへ行こうというが わざわざ寒いとこへ行く気はせず、断ったがか、彼ら出て10Mでダウン つるつる坂を滑った あらら バックもできず しょうがない そこへ薪を噛ませて置くことにする、 4輪がだめなら ここに完璧に閉じ込められたわけだ でも隣人が持ってきてくれた食料がたくさんあり 飢え死にはしない。このまま氷河期になったら どれだけ生き延びられるだろうか?????

この古い日本家屋は隙間だらけである 母屋は130年 ぼくのSTUDIOと寝室は60年ほどだそうな。薪ストーブを玄関に置いたが玄関しか暖まらない 空気が上手くうごかないのだ。しかし暖めると その隙間から冷たい空気が引っ張られ スース−する 僕は隙間バスターとなり そこらじゅうの隙間を埋めた 1番手っ取り早いのは 新聞である、これで随分と変わるのだ。しかし僕のSTUDIOはまだ充分な対策がなされていなかった 

今日は外は零下4度くらいか、それ以上行きそうだが 一枚戸袋の後ろに来ている、ガラス窓 (この部屋はガラス窓だが 他の部屋はなんと障子一枚で外と繋がっているのだ) のガラスが入っていないのである 見えないよう ボードで隠していたが 風は凄い入ってくるのだ、 早速もらった 2003年のカレンダーを切り取り そこに糊ずけをする。あらら 凄い違いだ! 今まで製油ストーブから20センチ以内は温かかったのに なんとなく部屋があたたかくなってきた。 部屋が満遍なく暖まってくると 眠気ももよしてこない タイの暑い部屋でも すぐ眠りに入ってしまったが この寒い部屋も同じ事になっていて どうなってんだ?と思ってたが 部屋が満遍なく暖まると 随分と事情が変わってくるから不思議だ。 明日はもう少し頑張ろう!!

 

四国神山生活

2003.1.4

ここ四国山中に住みだし早くも5ヶ月が経ってしまった。 まさかこんなに長く続けて、ここにいる予定は無かったのだが。バンコクの家が気になりつつ、、、、、、。最近はほとんど日記も書いていない。知人の中には 僕がまるっきし 刺激が無くなった生活をしているのでは? と思っているようなのだが、  これが まるっしちがい 毎日が新しいことの連続 山で学ぶことは まるで今まで知らなかった 事ばかりなのである。 これを整理してから書こうかと思ったら、あっという間に いろいろなことが起きていくうちに書けないのである、、、、、 ある意味刺激的というより もっと基本的な驚きがある生活といえる。  奇跡的とも言えるかもしれない。 旅に出ているときのような 大きなドカーンという事は起きはしないが、小さな奇跡が ずっと続けて起きているとう感じなんである、、、、、、 実に濃い毎日だ 。

本当に神山は不思議なところだ 確実に世間離れした磁場があるのである。いままで海外で身に付けてきた自分の能力をここで試されているような 気にもなるときがある。

何はともあれ この日記をお待ちになっている方 もう少し お待ちください もう少しで結果が出てくるかもしれません。

 

クリスマスと宗教

2002.12.15

年も瀬 世の中そろそろクリスマス1色に染まりつつある。この山の中のでさえ、イルミネーションのコンテストとかで、いろいろなところに明かりや クリスマスツリーが飾られている。宗教的ごった煮の日本人と、少々批判的な意味合いを持って、この日本人の気質を表現することがあるが。 これを見ていて、20年前行ったインドでの状況を思い出した。

インド旅行でのひとつの醍醐味に列車旅行がある、これも2等寝台車でのたびが面白い。1等には、いわゆる金持ちの人ばかりいて、あんましコミュニケーションを向こうから取ってこようという人は、少ないからだ。2等はもう凄い!もう必死になって列車の自分の座席を確保した後(もう戦争みたいなのだ、この時が、狭い出口から外に出ようとすっるもの、中に入ろうとするもの、譲り合いなどまったくないのだ!で最初外国人である自分には もう回りから 凄い視線の嵐を買うことにまずなる。 泥棒すりの多い列車の中では、まずここが勝負。まずガンの張り合いみたいなことをする。かなりの泥棒被害にあった旅行者が多い中、僕はただ寝袋の袋がなくなっただけで済んでいるのは、このせいだと思っているのだが、、、。

で その後周りの いい感じの人たちとのコミュニケーションがドドーと始まる。雑多なインド いい人は本当にいい心を持っている。この差が激しいのでインドは面白いと思うのだが。 そのコミュニケーションの中で一番多い話題が、宗教のことだった。まず、あなたはどの宗教に所属するかと?聞かれる。 当時ぼくは、インド人の熱心な宗教的態度に感心して、自分の宗教を言うなど おこがましいと思い、恥ずかしながら 仏教徒なんです 見たいな答えをしていたのを思い出す。 

 で彼らは どんなことをするの?? と聞いてくる。 まあ宗教的祭礼とかの意味で聞いているのだが。 思い起こすと いわゆるその手の行動など、ほとんどないわけで。まあ 葬式 法事 、、、お宮参り いやこれは、、、神道だな、、、、、で クリスマス あれ 、、これはクリスチャン、、、!バレンタインデー、、、、、あれれ!!! 恥ずかしい こんなこと言えんわ、、、、!!! となってしまったのを思い出すのだが。 当時僕は いわゆるインドの巡礼地などを回った。 旅行者のほとんどいない ヒマラヤの中の聖地なども行き。もう信じられないような 彼らの宗教心に感心していたわけだが。

それから20年、僕の中だで まったく反対の気持ちが出てきていた。 今現在の世界状況、大きな宗教戦争が起こりつつある気配。 その中で、日本人としての特質が頭の中をワンワンとしていた。 いろいろな宗教では GOD IS ONEという事を言っている。 そうそのとうり! ひとつで充分! 国もひとつで充分と感じだが。 現状はまったくそうはいかない。 傍から見たらまったく同じ顔でも 民族が違う どうのこうの 同じ場所から生まれた宗教でも ああだこうだ!! 

で 今の日本人は、どうだろうか? 前にも言ったとうり またっくのごった煮状態! これ 良いじゃん!最高! これこそ分け隔てず すべてを受け入れる真の宗教的態度だと 思ってきたわけだ!。 インドの親友人宅でも、表面上仲良くしていても 宗教上の違いだけで お隣さんのこと 裏ではけちょんけちょん 見たいな事を見ていたが。何のこだわりもなく 受け入れてしまう日本人 すごいなあと思う。 今では もう混血もだいぶ進んでいるだろう。

インド人の血を持つ日本人 イラン人 エジプト人 アメリカ人 ドイツ人 イギリス人 スペイン人 もう知っているだけでもかなりの混血の血を持った子供を僕は知っている。 これってすごいなあ と思う! 同じことがタイ人にも当てはまる。 彼らも本当にこだわりがすくない。 彼らの国際感覚は以前にもここで書いているが。  ある意味で今の日本は 凄いダイナミックに変化しているときだと思う。 これって素晴らしいことよ! 巡礼地を回る熱意だって このお遍路の四国にいると、まざまざと見ることができる。 それって 本人が本人のためにしているわけであり、別に真言宗の為にしているわけでも無し。 これでいいのだ! そう日本人 素晴らしいよ!! このままごった煮で行って!!!〜〜〜〜〜。 

 
前の日記帳はだいぶ量がたまったので編集しなおしました
, リンクより前の日記へ飛べるようになってあります.
今後ともKEIJU徒然草のほうをよろしく!