京同通信社ニュース

改札機にスイカを押し込んだ男を逮捕、東京駅

嘘ニュースです

 16日午前9時45分ごろ、東京駅丸の内北口改札で、男が自動改札機にスイカ(直径30センチメートル)を押し込んでいるのを駅員が発見、警察に通報し、男は駆けつけた丸の内署員に、器物損壊の現行犯で逮捕された。

 逮捕された男は熊本県水禾市の農業、出香夏利容疑者(73)。警察によると、出香容疑者は、改札口で自動改札機(650万円相当)に、持参した果物のスイカを投入口に押し込もうとしたほか、スイカを改札機に叩きつけるなどして、改札機を壊した疑い。

 通報した駅員は、「男は改札機にスイカを無理やり押し込もうとしていたので、『それでは無理ですよ』と声をかけたら、突然『こうしたらええんか』とスイカを改札機に叩きつけた」と話している。

 出香容疑者は、「東京に住む孫に、『山手線はスイカで乗れる』と聞いたので、スイカを持参した来た。自動改札を使ったことがないのでとりあえず叩きつけてみた」と供述しているという。出香容疑者は東京に住む孫に会いに来る途中だった。

 JR東日本広報部は、「当然、改札機は弁償してもらいます。当社のICカ-ドの『Suica』の名称に問題はないと考えています」と話している。

- 06年7月16日20時42分更新

ホーム 社会 国際 経済 政治 生活 写真ニュース