第10回 ネットアイドル

ネットアイドル...自分のHPで、写真や日記を公開し、そのページのアクセス数が、一日1000件を越える場合もあるそうだ。写真集を発売したりして、たしかにアイドルみたい!

大河内嬢「知ってました?」
閣下「知ってるよ。その存在はね。こうなると、立派なアイドルだよね。我が輩としては、時代の流れかな〜とは思うけど。一回見とかないとね。」
レポート1。東海地方のネットアイドル紹介。
1.チカさん 写真付きの日記と競馬の予想が人気。
2.アカネさん 大学院生 クマのぬいぐるみを主人公にした日記が人気。
3.チエさん 人妻ネットアイドル。ただし、人妻と言うことは最初は秘密だった..。また、この取材で、旦那サマに秘密の(ちよっとエッチな)写真がばれて、お説教(笑)。
4.ゴルさん コスプレマニアに人気のネットアイドル。もちろん衣装はお手製。
5.リカさん 洋館(豪邸!)に住むバイセクシュアル・ネットアイドル。ディープな人が集まる。レポーターの「これは何ですか?」の質問に、「マイ首輪です。ハニーがこう鎖を持って、お出かけするの。」だって!
閣下「いろんなページがあるんだね。最初からネットアイドルを目指している人もいれば、いつの間にかネットアイドルになっちゃった人も。」
ここで、MONDE回線。お相手はネットアイドルをまとめるサイト(リンク集?)を主宰している成重敏夫さん。
閣下「何でそんなことを始めたのか?」
成重氏「1つになった方が、自分が便利だったので。」
閣下「自分も、ネットアイドルが好きだということだ。」
成重氏「そういうことです。」
閣下「なんでこんなに人気が出たのか?」
成重氏「やはり、自分との距離が近い感じがするからでしょうね。
閣下「ネットアイドルは、本人が公開した部分しか、見られないから、その神秘的な部分に惹かれるのだとと思うが、こんな風にテレビに出てしゃべったらいやじゃないのか?」
成重氏「そうですね。生活が見えるというのをいやがる人もいると思います。」
大河内嬢「男性のネットアイドルもいますか?」数は少ないが、いるとのこと!
レポート2。東海地方NO1のネットアイドルめぐみさん(一日のアクセス数700件)が、初のオフ会をすることに!その模様に密着。やはり、ファンの反応は様々で、「心配」「やめたほうがいい」と言う人も。そして、当日、約10人のファンが(東京、大阪、静岡、富山などから)集まった。オフ会はとどこおりなく終了。オフ会参加者へのインタビューでは、「イメージとは少しちがった。けど良かった。」また、「彼女にしたいか?」に対して、「いや、僕彼女いるんで〜」「彼女は気にしないの?」「気にしません。コンピューターの遊びの部分と思っているので」とやりとりが。ストーカーのような感じではなく、さっぱりしていたのが印象的だった。
大河内嬢「女性ですし、やっぱり心配な気がしたんですけど。」
成重氏「まあ、ほとんどの場合は大丈夫のようです。」(でも、その1パーセントが恐いんじゃないかと、個人的には思った)
レポート3。ネットアイドルをビジネスに!名古屋のあるベンチャー企業が、インターネット上にショッピングモールを立ち上げることに。そして(アクセスアップの)起爆剤にネットアイドルを使おうという作戦に出た。ユリカさんという名古屋でロックバンドをしていた女性に白羽の矢が...。
大河内嬢「私、通信販売って大好きなんです〜。」
閣下「いろんなものが、デパートには無いものが置いてあるからね〜。(でも、それより)ああいうショッピングモールで、成重さんがやっているようなことを、商売としてやれば、本当に好きでやっている人を傘下にして、アクセスすればするほど上納金が上がるようにすれば、ぜーったいもうかるよ!やるならそっちだ!」
大河内嬢「でも、無料だからいいっていうのもあるでしょ。」
閣下「いや、ファンなら、お金が少々かかっても大丈夫。そうですよね?」
成重氏「大丈夫でしょうね。だってCDや写真集出したら買いますし。」
閣下「時代はどんどん進んでるからね〜うまくつきあっていくっていうことでしょう〜!」

続いて、オドロイター通信  空からの落とし物...続き(笑)
第一回の終了後、小型ヘリコプターのテールランプではないかというハガキが来たが、違っていた。もっと大型の飛行機ではないか、という(専門家の)意見が出たが、実はこの日は、雪が降っており、名古屋空港も、自衛隊小牧基地も、飛行記録がない!?うーんますます深まる謎...!そして次回へ(笑)
閣下「これは、おもしろいかも!こんな番組だけど(笑)、前の番組(ニュースステーション)でとりあげるような事になるかもよ〜(笑)」確かに、前回はしょーもないと思ったが、一気に不思議さが増してきたぞ。

それにしても、閣下がベンチャー企業を興したら、きっと大成功するにちがいない!少なくとも、あのベンチャー企業の社長さんよりは...。

戻る