8020運動 日本歯科医師会

東大和市 田中歯科医院・東大和インプラントセンター

ホームページに来ていただいてありがとうございます。HPは院長が手作りしてます。
HOME
院長紹介
医院案内
むし歯治療
歯周病治療
知覚過敏
根の治療
入れ歯の治療
かみ合わせ
ホワイトニング
インプラント
静脈内鎮静法
矯正治療
口腔外科
問い合わせ

歯周病治療

 歯周病は嫌気性菌による感染症であり、生活習慣病でもあります。
歯周病菌は歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に住みつく傾向がありますが、悪さをしないようにコントロールできれば問題はありません。
しかし、口の中に食べかすが残っているとプラークが作られ、古い部分から歯石になります。
歯石やプラークにより歯周病菌が多数になると、免疫が歯肉を攻撃し歯の周りの骨を溶かします。
歯石は硬く歯ブラシでは取れないので、歯科医院での歯石除去が必要です。(カリカリ)
ポケットが深い場合は歯肉を切除して歯石を徹底的に除去します。こうすれば再発はありません。
1〜6か月の定期的な歯石除去メンテナンスをお勧めします。(歯石の付きやすさによる)
また歯周病のリスクを増加させるものに生活習慣があります。
タバコ、糖尿病、不規則な生活は歯周病リスクを格段に高めます。歯周病が悪化しやすくなり、治りにくくなります。
逆に急激に歯周病が悪化することで、隠れ糖尿病や大きな病気が発覚することがあります。