コニャック・ジェ美術館(ドノン館)|パリ名所案内

パリ観光|パリの名所案内

コニャック・ジェ美術館(ドノン館)
Musee Cognacq-Jay(Hotel Donon)

デパート創業者による膨大なコレクション

コニャック・ジェ美術館は18世紀の美術品を集めた美術館。現在はドノン館という14世紀に建てられた貴族の館に入っています。この美術館はパリの老舗デパート「ラ・サマリテーヌ」の創業者エルネスト・コニャックとマリー=ルイーズ・ジェ夫人のコレクションが元になっています。デパートで成功を収めた夫妻は18世紀の美術品を中心に集めており、死後彼らのコレクションがパリ市に寄贈されました。夫妻の名前が美術館の名前になっているんですね。

以前はキャプシーヌ通りにあった

コニャック・ジェ美術館は当初キャプシーヌ通り25番地にありました。サマリテーヌの新館「サマリテーヌ・ドゥ・リュクス」の隣の建物に美術館としてオープンしたのが始まりです。1928年にエルネスト・コニャックが亡くなると、コレクションはパリ市に寄贈されました。1981年にはサマリテーヌ・ドゥ・リュクスが閉店となり、隣にあったコニャック・ジェ美術館も1988年に閉館となります。コレクションは現在のドノン館(マレ地区)に移され、1990年から新しい美術館として再オープンしています。

18世紀のお金持ちの生活を垣間見られる

館内には様々な高級調度品が展示されており、18世紀のお金持ちのお屋敷に招待されたような気分になります。18世紀の油絵やパステル画、彫刻、宝石、美術工芸品、磁器、家具(箪笥や机)などが展示され、啓蒙主義時代の上流階級の生活を見ることができるのが魅力です。これらは全てコニャック・ジェ夫妻のコレクションで、美しい美術品に囲まれながら静かな時間を過ごすことができます。入場は無料(常設展示)。全ての人と美術品を見る喜びを分かち合いたいというのが夫妻の希望でした。

コニャック・ジェ美術館(ドノン館)
パリ3区にある美術館
住所:8 rue Elzevir 75003 Paris
最寄りメトロ:サン・ポール(Saint-Paul)
※入場無料


コニャック・ジェ美術館の写真
コニャック・ジェ美術館(ドノン館)近くのパリ観光
その他のパリの貴族の館

パリの観光地案内