ギャラリー・ラファイエット|パリ名所案内

パリ観光|パリの名所案内

ギャラリー・ラファイエットの円天井 ギャラリー・ラファイエット|Galeries La fayette

円天井が美しいオペラ座近くのデパート

パリ屈指の観光地オペラ座。日本人が最も多い場所ですが、その裏に大型デパートが2つあります。一つは銀座にも支店があるプランタン、そしてもう一つがギャラリー・ラファイエットです。中央が吹き抜けになっており、まるで宮殿の中のような内装です。吹き抜けの空間の上にある美しいガラスと鉄骨の丸天井(クーポール)は必見。ちなみにこの丸天井は2012年で100周年を迎えています。デパート内には(パリでは非常に珍しい)無料の水が飲める休憩所もあり、観光の合間の息抜きにも最適です。オペラ座やグラン・ブールヴァールに近い好立地で、ボン・マルシェほど高級ではなく日本へのちょっといいブランド品や雑貨類などのお土産を買うのに便利です。本館1階には日本人客のためのジャパニーズ・カスタマー・サービスがあり、免税手続きや質問などが日本語でできて安心です。

ギャラリー・ラファイエットの歴史

ギャラリー・ラファイエットは、テオフィル・バデとその従兄アルフォンス・カーンによって1893年にオープンした商店が始まりです。1894年にはラ・ファイエット通りとショセ=ダンタン通りの角に「ギャラリー・ラファイエット」としてお店を構えました。左岸にある「世界最古のデパート」ボン・マルシェができてから40年後のことでした。ちょうど同じ頃に、近くのサン・ラザール駅が鉄とガラス素材によってリニューアルオープンし、ギャラリー・ラファイエット周辺は多くの人でにぎわいました。

時代はベル・エポック。当時の女性たちを魅了する商品(リボン、手袋など)が売られ、それらの商品はその近くで働く女性たちに大変人気となりました。1896年にはラファイエット通り1番地を買い上げ、1905年にはオスマン通り38・40・42番地、ショセ=ダンタン通り15番地も買い上げ店舗を拡大。1906年には建築家ジョルジュ・セダンにオスマン店(本館)のデザインを依頼。1912年には現在も残るネオビザンチン様式の丸天井(ガラスのドーム)が完成します。このときにアール・ヌーヴォー様式の家具で知られるデザイナー、ルイ・マジレル(Louis Majorelle, 1859-1926)による木の葉のデザインの手すりや優美なエスカレーターの灯りも作られました。その後、売り場と商品は増え、男性用の服や家具・照明・旅行用品・写真・玩具などが売られるようになり、ギャラリー・ラファイエットは発展していきます。デパートの最上階には喫茶室、本屋、美容院が入り、訪れた人が息をつける場所になります。1950年にはフランスの国民的歌手であるエディット・ピアフがデパートを訪れ、平和への願いを込めて「愛の賛歌」「バラ色の人生」「美しい恋の物語」を歌いました。1952年から1956年にかけて、本館に初のエスカレーターが設置され、デパートは徐々に現在の形に近づいていきます。1958年には初めてセールを行って好評を博し、恒例化し現在も続いています。1969年にはメンズファッション館がオープンし、このときに地下鉄直結のシステムが確立されます。1974年には古き良き時代の大階段が取り払われ、1984年には地上階が改築されてブランドブティックが完成。ほぼ現在と同じ店内になりました。1996年には創業100周年を迎え、現在も革新を続けるパリのデパートとして多くの観光客やパリっ子が訪れています。

国家主導の大規模バーゲン「ソルド」

ギャラリー・ラファイエットのオススメシーズンは1月と6月。この時期はデパートや小売店の一斉のセールの時期。日本ではお店によってセールの時期がばらばらですが、フランスでは厳密に期間が決められています。しかしそのぶん、セールの割引価格も大きく、この時期には多くのパリジャンがデパートや自分の好きなブランド店に押しかけます。ギャラリー・ラファイエットも大規模なセールを開催します。50%や70%引きの値札がつけられる大胆な買い物を楽しむのもパリ観光の一つかもしれません。

クリスマスのイルミネーションとショーウィンドー

ギャラリー・ラファイエットのもう一つのオススメシーズンは12月。この時期はもちろんクリスマスシーズンで、有名なのはデパート全体を覆う美しいイルミネーション。またデパートのショーウィンドーに飾られる美しい操り人形もパリジャンの毎年の楽しみの一つ。クリスマスの時期になると、オスマン通りに面したショーウィンドーにはぬいぐるいみや人形たちが繰り広げる夢の世界が展示されます。親に連れてこられた子どもたちは夢見るようにじっとその世界を眺めています。お隣のプランタンの操り人形と比べてみるのも楽しいですよ(操り人形を企画したのはプランタンが最初です)。クリスマスにパリに行かれた際には、是非ギャラリー・ラファイエットへ訪れてみてください。

ギャラリー・ラファイエット
パリのオペラ地区にある大型デパート
住所:40 Boulevard Haussmann 75009 Paris
最寄りメトロ:オペラ(Opera)、ショセ・ダンタン=ラファイエット(Chaussee d'Antin-La Fayette)、アーヴル=コマルタン(Havre-Caumartin)
営業時間:9:30-20:00(木曜は21:00)
定休日:日曜日・祝日

ギャラリー・ラファイエットの写真
ギャラリー・ラファイエットの休憩所と円天井 ギャラリー・ラファイエットのクリスマスイルミネーション
ギャラリー・ラファイエット近くのパリ観光

パリの観光地案内