モンスリ公園|パリ名所案内

パリ観光|パリの名所案内

モンスリ公園|Parc Montsouris

大学都市の近くにある起伏に富んだ公園

パリ南部の郊外との境界。ここに世界中の学生が集まる国際大学都市(Cite Universitaire)があります。この大学都市の前にあるのがモンスリ公園。緑豊かな起伏のある公園で、散策に最適。パリの東西南北にある緑地の南部分として、第二帝政時代に構想されました(北:ビュット・ショーモン公園、西:ブーローニュの森、東:ヴァンセンヌの森)。園内には池や彫刻の他、「しゃべるベンチ」などがあり、訪れる人々を楽しませています。

かつて採石場が緑地に変身。園内には鉄道の廃線も

元々モンスリ公園は採石場の跡で、またイノサンの墓地閉鎖後には代わりに埋葬場にもなっており、完成まで様々な問題がありましたが、1875年にようやく開園しました。採石跡に造られた公園としては、パリ右岸の19区にビュット・ショーモン公園があります。そしてもう一つ、ビュット・ショーモン公園との共通点があります。それはかつて廃線が残っていること。1934年に廃止になったパリの環状線の跡が公園の中に残っています。鉄道好きにはたまらないスポットといえますね。

モンスリ公園
パリ14区にある公園
最寄りメトロ:RER B線の大学都市駅(Cite Universitaire)

モンスリ公園の写真
モンスリ公園 モンスリ公園 モンスリ公園 モンスリ公園 モンスリ公園
モンスリ公園近くのパリ観光
パリの公園
パリの自然

パリの観光地案内