プティ・ポン|パリ名所案内

パリ観光|パリの名所案内

プティ・ポン|Petit Pont

2000年前から作りかえられてきた小さな橋

「小さな橋」という意味のプティ・ポンは、パリ左岸とシテ島を結ぶアーチが一つだけの石造りの橋。この橋の原型は、フランスがまだガリアと呼ばれローマの支配下にあった紀元前1世紀頃にさかのぼります。カエサル(ジュリアス・シーザー)のガリア遠征のあった時代ですね。カエサルの記述には5つのアーチの橋があったと書かれているそうです。それから何度も破壊され修復され、現在の橋は1853年に造られました。

プティ・ポンの観光

プティ・ポンからはノートルダム大聖堂のあるシテ島へ行けます。また逆側に渡ればパリの学生街カルチェラタンが広がっています。カルチェラタンの玄関口サン・ミッシェル広場までも歩いてすぐです。

プティ・ポン
パリのセーヌにかかる橋
完成:1853年
素材:石
最寄りメトロ:サン・ミッシェル(Saint-Michel)

プティ・ポンの写真
プティ・ポン プティ・ポン
プティ・ポン近くのパリ観光
パリの橋

パリの観光地案内