ジャラントの噴水|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

ジャラントの噴水|Fontaine de Jarente

マレ地区に残る「飲料用」噴水

噴水といえば庭園などにある装飾目的のものが多いですよね。しかしパリの噴水には「飲料用」の噴水も存在しました。それは上水道の完備されていなかった18〜19世紀頃のパリで井戸のような役割を持っていました。パリ4区のマレ地区にあるジャラントの噴水(Fontaine de Jarente)は、そんな「飲料用」の噴水の一つです。ジャラント通り(rue de Jarente)を入ったポワソヌリ袋小路(Impasse de la Poissonnerie)の行き止まりにあり、1925年にはパリ歴史記念物に指定されました。

この噴水はこの区画にあった聖カトリーヌ・デュ・ヴァル・デゼコリエ修道院が壊された後、再整備の一環として1783年に造られました。このときにジャラント通りが新しくでき、また聖カトリーヌ市場(Marche-Sainte-Catherine)ができました(現在の聖カトリーヌ市場広場辺り)。噴水のあるポワソヌリ袋小路はその市場の一角にありました。袋小路の名前がポワソヌリなのは、魚屋の商人(ポワソヌリ)によって市場が占有されていたためだと言われています。上下水道がなかった時代、パリの人々はこのような噴水から水を運んでいました。マレ地区に残るパリの歴史遺産を見に、マレ地区へ出かけてみてはいかがでしょうか。

ジャラントの噴水(Fontaine de Jarente)
マレ地区に残る18世紀のパリの噴水
最寄りメトロ:サン・ポール(Saint-Paul/パリ4区)

ジャラントの噴水の写真
ジャラントの噴水近くのパリ観光

パリの観光地案内