ヴェール・ギャラン公園|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

ヴェール・ギャラン公園|Square du Vert-Galant

シテ島の西端、セーヌに浮かぶロマンティックな小公園

パリのセーヌ川に浮かぶ島、シテ島。その西端にあるのがヴェール・ギャラン公園です。愛人の多くいたフランス国王アンリ4世のあだ名(ヴェール・ギャランは「好色なお爺さん」の意味)がそのまま公園の名前になっています。船の甲板のような細長い公園には緑やベンチもあり、一番先端には柳の木が垂れています。公園の先はセーヌの下流となっています。セーヌの流れを眺めながら沈みゆく西日を眺める時間は、パリ観光の中でも格別なひととき。ヴェール・ギャラン公園へはポンヌフ(パリ最古の橋)から下りることができます。セーヌに浮かぶ船に乗った気分でロマンティックな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

タンプル騎士団長の火刑の現場となった

今では静かな憩いの場となっていますが、かつてここでタンプル騎士団長ジャック・ド・モレーが火刑に処せられるという事件がありました。高位の僧である彼自身に何の罪状もありませんでしたが、中央集権化のための経費を探していた当時のフランス国王フィリップ美男王(1268-1314)はタンプル騎士団の所有する莫大な財産を奪うため、団長を殺して騎士団の解体を図ったのでした。1314年、現在ヴェール・ギャラン公園となっているこの場所で、団長モレーとノルマンディー管区長シャルネーの処刑が実行されました。こうして国王は理不尽な策略でタンプル騎士団の財産を手に入れました。しかしフランス国王はその約半年後に落馬して重傷を負い、あっけなく亡くなりました。その死はモレ―の予言通りでした。

ヴェール・ギャラン公園(Square du Vert-Galant)
シテ島の西端にある小公園
最寄りメトロ:ポン・ヌフ(Pont Neuf/パリ1区)

ヴェール・ギャラン公園の写真
ヴェール・ギャラン公園近くのパリ観光
パリの公園
ヴェール・ギャランのエリア(パリのカルティエ)

パリの観光地案内