アンリ4世像|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

アンリ4世像|Statue de Henri IV

ポン・ヌフの上に立つフランス一番人気の国王

ポン・ヌフをシテ島に向かって歩いていくと、中央にひと際大きな騎馬像が見えてきます。17世紀のフランス国王アンリ4世の像です。ブルボン朝の創始者である名君で、カトリックに改宗して国内を平定し「ナントの勅令」を出したことで知られています(世界史の授業で習った方もいるかもしれません)。人間的にも優れた人物だったと言われ、歴代のフランス国王の中でもフランス人に最も人気があります。彼は生涯に5回も宗教を変え、トゥール・ダルジャンでイタリアから伝わったフォークをフランス王として初めて使いました。しかしアンリ4世は1610年5月14日、ルーヴル宮殿を出て馬車でフェロンヌリ通りに差し掛かったとき、狂信者ラヴァイヤックによって暗殺されました。

フランス革命時に破壊され、その後再建された

現在、彼の像はパリ観光名所の一つであるポン・ヌフ(パリ最古の橋)の中央付近に置かれています。王の死後4年目に作られましたが、フランス革命の時に破壊されました。現在の像は王政復古時代の1818年にルイ18世によって再建されたものです。ブルボン朝の開祖であるアンリ4世はポン・ヌフを作ったことでも知られ、「新しい橋」と意味するポン・ヌフ(Pont Neuf)という名前も彼がつけました。像の下にある公園はヴェール・ギャラン公園と言われ、「好色なお爺さん」という意味。愛人が50人以上いたと言われるアンリ4世のあだ名だそうです。彼の視線は三角形のドフィーヌ広場を見つめており、好色と言われたアンリ4世の像がアンドレ・ブルトンがパリのセックスシンボルと表現したドフィーヌ広場を見る位置に立っているのは興味深い偶然です。

アンリ4世像(Statue de Henri IV)
ポン・ヌフの上にあるアンリ4世の騎馬像
最寄りメトロ:ポン・ヌフ(Pont Neuf/パリ1区)

アンリ4世像の写真
アンリ4世の像近くのパリ観光
アンリ4世像のエリア(パリのカルティエ)

パリの観光地案内