シュリー橋|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

シュリー橋|Pont de Sully

パリの東、ノートルダム大聖堂がよく見える橋

パリ東部の観光地バスチーユからセーヌ河に向かって歩いて行くと、サン・ルイ島へ渡れる大きな橋があります。パリ4区のシュリー橋です。サン・ルイ島の東端を貫くようにセーヌ河にかかっており、橋の上からノートルダム大聖堂がよく見えます。左岸のサンジェルマン大通り(パリ5区)と右岸のアンリ4世大通り(パリ4区)を結んでいます。橋の名前はフランス国王アンリ4世の宰相だったシュリー公にちなんでいます。

世界遺産としてのパリの端

パリのセーヌ河岸は世界遺産として登録されています。その登録エリアの東の端にあるのがこのシュリー橋です(西の端はエッフェル塔の前にあるイエナ橋)。そのためシュリー橋からパリ中心に向かう西側が世界遺産としてのパリ河岸になります。

かつてボードレールが渡った橋があった

シュリー橋は19世紀後半にできました。それまでは右岸側にダミエット橋、左岸側にコンスタンティン橋がかかっていました。どちらも歩行者専用の吊り橋で、当時サン・ルイ島に住んでいた詩人のボードレールが日常的に使っていました。サン・ルイ島とボードレールに関しましてはこちらの記事をご参照ください。どちらの橋も19世紀の後半に壊れてしまい、オスマンによるパリ改造の一環として1876年に大きなシュリー橋が完成しました。現在はサン・ルイ島を貫いてパリの両岸をつないでいます。

パリ東の観光地、バスチーユ広場とサンジェルマン大通りを結ぶ

またシュリー橋はパリ東部の観光に近い橋でもあります。シュリー橋をパリ右岸(北側)に渡ればバスチーユ地区に入ります。新オペラ座(オペラ・バスチーユ)があるバスチーユ広場やオシャレなカフェ・バーのある最近人気のパリ観光エリアです。左岸(南側)に渡れば、サン・ジェルマン大通りが始まり、出版社やカフェの多いサン・ジェルマン・デ・プレまで続いています。橋のすぐ近くにはアラブ世界研究所があります。研究所を抜けてセーヌ河沿いをオーステルリッツ橋の方角(東)へ歩けば、野外彫刻美術館もあり散策にも最適です。その先には広大な植物園が広がっています。

シュリー橋(Pont de Sully)
最寄りメトロ:シュリー=モルラン(Sully-Morland/パリ4区)


シュリー橋の写真
シュリー橋近くのパリ観光
パリの橋

パリの観光地案内