リュクサンブール公園|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

リュクサンブール公園|Jardin du Luxembourg

パリジャンの憩い場として人気のパリ左岸のオアシス

リュクサンブール公園はパリ左岸にある公園。パリ市民の憩いの場です。幾何学的なフランス式庭園での日光浴や木陰や噴水での休憩のために多くのパリジャンが今日も公園にやってきます。元々はアンリ4世の后マリー・ド・メディシスのために建てられたリュクサンブール宮殿の庭園で、園内には果樹園や養蜂場もあります(フランスは蜂蜜が名産)。宮殿は后が幼い頃に過ごしたフィレンツェのピッティ宮殿を偲ばせるもので、宮殿の東側にはイタリア風のメディシスの泉があります。1630年頃の作品で、現在は静けさを好む人にうってつけの読書スポットになっています。宮殿のオレンジ栽培温室(オランジュリー)を改造して19世紀末に作られたリュクサンブール美術館では、現在も芸術に関する特別展を行なっています。ちなみにリュクサンブールという名前は、この土地の所有者だったリュクサンブール公にちなんでおり、彼はドイツのルクセンブルク家の血筋でした。

多くの作家たちを魅了した公園

パリ市民に人気のリュクサンブール公園は、パリに住んだ作家たちにも愛されました。19世紀には詩人のテオフィル・ゴーティエがこの公園を奇抜な服装で散歩し、20世紀にはシュルレアリスト作家のアンドレ・ブルトンがここで恋人と出会い作品の舞台にしました。『日はまた昇る』でパリのアメリカ人を描いたアーネスト・ヘミングウェイはこの公園の近くに住み、空腹の中でここを散歩しました。

100年以上も子供に人気の秘密

リュクサンブール公園は1世紀も前からパリの子供たちの遊び場になっています。子供時代にここで遊んで大人になったパリジャンは今も多いはず。パリジャンにとっては、懐かしい子供時代を偲ばせる場所でもあるんですね。池では小型ヨットのレンタルが子供に大人気。模型のヨットを池に浮かばせ、専用の棒で操ります。アメリカの作家ヘミングウェイもパリでの文学修行時代にここで息子を遊ばせました。他に操り人形劇で人気のリュクサンブール劇場や、パリで最も古いといわれる木製のメリーゴーランドもあり、子供たちに好評です。メリーゴーランドは1879年からそこに置かれていて、動物のデザインはオペラ座を設計したシャルル・ガルニエです。回転しながら棒で輪をキャッチする昔ながらのゲームができるのはリュクサンブール公園のメリーゴーランドだけ。この輪取りゲームがメリーゴーランドという遊戯の始まりだとも言われています。観光時には子供時代を思い出しながら、メリーゴーランドを眺めてみてはいかがでしょうか。

パリのメリーゴーランドの歴史

Jardin du Luxembourg
最寄メトロ:リュクサンブール(Luxembourg) /パリ5区

リュクサンブール公園の写真
リュクサンブール公園近くのパリ観光
リュクサンブール公園のパリジェンヌ
パリの公園

パリの観光地案内