カフェ プロコープ|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

カフェ プロコープ|Cafe Procope

パリで最も古いカフェ、パリ初のアイスクリームも販売

シチリア人フランチェスコ・プロコピオが1686年に開いたカフェ。パリで最も古いカフェ(レストラン)としてよく知られる名店です。創業者のプロコピオはフランスで初めてジェラート(アイスクリーム)を売った人物でもあり、1672年には店を構えています。なのでカフェとアイスクリームの歴史はほぼ同じことになりますね。ちなみに店の名前の「プロコープ」とはプロコピオをフランス式に発音したもの。

ヴォルテールやルソーも訪れ、文学サロンや議論の場になった

当初から文学者や哲学者、啓蒙思想家が集い、その中にはヴォルテールやルソー、ディドロ、ベンジャミン・フランクリンなどがいました。今ではカフェというとコーヒーを飲みおしゃべりをしたり読書をしたりする場所ですが、当初は「文学サロン」としての役割がありました。革命期にはロベスピエールやジョルジュ・ダントン、ジャン=ポール・マラーなどの政治家が議論を交わす場所ともなり、フランス革命後には若き日のナポレオンも訪れました。19世紀には詩人ヴェルレーヌやオスカー・ワイルドも訪れました。オープンからすでに320年以上。多くの文化人に愛され続けてきた老舗中の老舗カフェです。

貴族の館のような内装、コーヒーだけの注文も可能

プロコープの内装は貴族の館のような豪華さで、2階には気持ちのいいテラスもあります。店内には多くの壁画が残され、ラ・フォンテーヌの「寓話」に登場するアリやセミ、ウサギや亀などの動物たちの絵もあります。今はレストランになっているので食事がメインですが、コーヒーだけの注文も可能です(元々パリではカフェとレストランの区別は曖昧なようです)。かつては作家・政治家たちの議論の場だったカフェ。ブルボン王朝から続くパリ最古のカフェで、純フランスの素晴らしい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

住所:13 rue de l'ancienne comedie 6e, Paris
営業時間:10:30-25:00 無休
予算:ランチで約30ユーロほど
最寄メトロ:サン=ジェルマン・デ・プレ駅(Saint-Germain des Pres)、オデオン(Odeon)/パリ6区

カフェ プロコープの写真

パリの観光地案内