レックス(映画館)|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

レックス(映画館)|REX

まるで巨大なケーキ?映画黄金時代を伝える映画館の白眉

ブールヴァール大通りの一つであるポワソニエール大通り(Boulevard Poissonniere)を歩いていると、突如巨大な白い建物が目に入ってくる。パリには不釣り合いなほど今ではレトロな雰囲気を感じさせる白い建物は映画館のレックス。アール・デコ芸術が全盛だった1932年に建てられた映画館です。当時はヨーロッパ最大の映画館を売り物にしていたから、当時の映画館がいかに人気の娯楽であったかを感じさせてくれます。

アール・デコスタイルの貴重な映画館

この映画館を大通りから見上げてみると、なんだか白い角ばったデコレーションケーキのよう。これはアール・デコ様式の建物で、オーギュスト・ブリュイザンとジョン・エバーソンの共同設計によるものです。内部は古代ギリシャ様式のインテリアでまとめられていて、モーリス・デュフレーヌによる設計です。現在レックスは複数の映画を上映するシネマ・コンプレックスになっています。内部は三層になっていて、巨大客席のグラン・レックスの収容人数は2800人!中には体験型のシネマ・アミューズメント・パークもあり、テーマパーク的な要素でも楽しめます。今でも夜になると行列ができるほどの人気ぶり。昔から残る遺産に人気が出るのはやはりパリならではですね。

最寄メトロ:ボン・ヌーヴェル(Bonne Nouvelle)/パリ2区


レックスの写真
レックス/パリ18区 レックス/パリ18区

パリの観光地案内