パレ・ロワイヤル|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

パレ・ロワイヤル/パリ1区 パレ・ロワイヤル|Palais Royale

永遠の静寂、パリ一の盛り場だったパレ・ロワイヤル

パリ一の観光地ルーヴル美術館の北を走るリヴォリ通りを渡ると、古い建物が見えてきます。ここがパレ・ロワイヤル。その名が示すとおり、かつての王宮です。その中庭に足を踏み入れると、ルーヴル宮殿の喧騒が嘘のように静かで人気がありません。誰もが散策自由で、古都パリの中枢にあるオアシス的な場所となっています。しかし、ここは18世紀末から19世紀前半にかけてパリ随一の観光地でした。

ルイ13世の宰相リシュリューの館だった

もともとパレ・ロワイヤルは枢機卿リシュリュー(1585-1642)の館でした。彼はルイ13世の宰相としてフランスを動かしていた人物。リシュリューはルーヴル宮殿に住むルイ13世の近くに住むために、建築家ルメルシエに命じて1624年に庭園付きの家を建てさせました。そのため、最初はパレ・カルディナル(枢機卿の宮殿)と呼ばれていたそうです。しかし何故パレ・ロワイヤル(王の宮殿)という名前になったのでしょう。

宰相の館から幼きルイ14世の王宮へ

リシュリューの館がパレ・ロワイヤルと呼ばれるようになるのは、彼の死後のことでした(1642年)。遺言では館をルイ13世に譲るはずでしたが、ルイ13世はリシュリューの死後すぐに亡くなってしまいます(1643)。摂政となったルイ13世の王妃アンヌ・ドートリッシュは1644年、2人の息子ルイ14世とフィリップ・ドルレアンを伴ってパレ・ロワイヤルに移り住みます。理由はルーヴル宮殿の寒々しい雰囲気が嫌いだったからと言われています。幼少時代のルイ14世がルーヴル宮殿からここへ移り住んだ頃から、「王宮」(パレ・ロワイヤル)と呼ばれるようになりました。

パレ・ロワイヤルのお店/パリ1区

王宮からパリ一のショッピングセンターへ

王宮となったパレ・ロワイヤルでしたが、その後王宮はヴェルサイユに移ります。パレ・ロワイヤルはその後ルイ14世の弟のオルレアン公の所有となります。王のいなくなったパレ・ロワイヤルは寂れ続けますが、ルイ16世の時代に大きな変貌を遂げることになります。1784年にオルレアン公5代目のフィリップ・ドルレアン(フィリップ平等公, 1747-93)が中庭の回廊を改装してショッピングセンターに変えてしまったのです。回廊にはレストランや商店ができ、警察の立ち入りが禁じられていたので革命家や娼婦のたまり場にもなりました。こうしてパレ・ロワイヤルはパリ最大の盛り場へと変貌を遂げていきました。

娼婦の聖地となったギャルリ・ド・ボワ

1784年にオープンしたパレ・ロワイヤルの商店街は大当たりしてパリ中の人が詰めかけるようになりました。その成功に気をよくした発案者であるフィリップ・ドルレアンは、新たに第4の回廊を計画します。しかし資金難によって土台しか完成せず、結局は開発権を他人に譲って仮建築が作られました。木造だったその回廊はギャルリ・ド・ボワ(木の回廊)と呼ばれ、すでにあった3つの回廊はギャルリ・ド・ピエール(石の回廊)と呼ばれるようになりました。しかし汚れの目立つ仮建築だったギャルリ・ド・ボワは、意外にも大きな人気を呼び、特にその猥雑な空間を好む娼婦が集まるようになりました。淫らな活気に満ちた当時の様子はバルザックの小説『幻滅』にも詳しく描かれています。

パレ・ロワイヤルのレストラン グラン・ヴェフール/パリ1区

革命期のレストランが今も残る

パレ・ロワイヤルのアーケード商店街が完成したとき、1つのレストランがパレ・ロワイヤルの回廊に開店しました。アーケードが完成した当時からあったカフェ・シャルトルを改装したル・グラン・ヴェフールです(ギャルリ・ド・ボジョレー79-82番地)。フランス革命期には高級レストランとして人気を集め、その後ナポレオン、ヴィクトル・ユーゴー、マク・マオン元帥、サント=ブーヴ、ラマルティーヌ、コレット、ジョルジュ・サンド、ジャン・コクトー、サルトル、アンドレ・マルローなどの作家・著名人が常連客となりました。1859年には隣にあったカフェ・ヴェリを吸収して89番地まで店を拡大しています。ル・グラン・ヴェフールは21世紀となった現在も営業中で、ミシュラン3つ星レストランとして人気を集めています。

Le Grand Vefour
住所:17 rue de Beaujolais 1er
営業時間:ランチ&ディナー月〜金 22:15まで
料金の目安:メイン58〜93ユーロ、ランチ70ユーロ、ディナー198ユーロ

腐敗臭の漂う旧王宮にできたトイレ

パレ・ロワイヤルに人が集まると、必要なものがでてきます。それはトイレ。ちょうどルイ16世の下で公衆衛生への取り組みが本格的に始まった頃でした。パレ・ロワイヤルの所有者だったオルレアン公は、壮麗な建物内に12か所のトイレを設置しました。有料トイレで、便座使用料が2スー、紙は無料でした。このトイレ営業は大きな利益をもたらし、トイレ用の紙を切っておく作業に毎日3人の人間を雇っていたと言われています。逆を言えば、それまではこの旧王宮にトイレはありませんでした。中世までのパリではそれが普通のことで、夏にパレ・ロワイヤルを散歩すると腐敗した尿の匂いがしたと言われています。また絶え間なく尿をかけられた中庭の植物は枯れてしまいました。パレ・ロワイヤルに限らず、パリ全体がそんな有様で、セーヌ河では鼻と目を覆わなければ散策することができないほどでした。つまりパリ全体が肥溜めのような状態だったのです。そんな時代にようやく衛生問題が話し合われるようになり、利益を見込む営業行為とはいえトイレが設置されたのは画期的なことでした。18世紀パリの生活をつぶさに観察し『パリ生活誌』を書いたメルシエは当時のパレ・ロワイヤルについて次のような賛辞を送っています。

「旧王宮にまるで蜜蜂が巣箱に巣房を作るときのようにアイスクリーム屋兼業レストランが無数にびっしり軒を連ねて大食堂や個室を開くのを見て、一人当たり18フランも出して食事する客たちのためにトイレを建てさせた人間は実に賢明であった。彼はこれほど多量の松露詰め七面鳥、これほど多量のサーモン、マインツのハム、猪のユール、ボローニャのソーセージ、パテ、それにこれほど多くの葡萄酒、リキュール、シャーベット、アイスクリーム、レモネードが結局最後には同じ汚水留めに落ち込むはずだと考えたのであり、その場所を相当広く取り、特にどんなことをも楽しくやろうとする多くの人間のためにそこをかなり快適にすることによってその界隈の料理場の廃棄物が自分にとって宝の山であることを判断したのだ」

フランスの革命の始まった場所

それ以来、パレ・ロワイヤルはパリ一の盛り場として流行の発信源となり、フランス革命にも大きな影響を与えました。アーケードの中に最初にできたカフェ・フォワはジャコバン・クラブ(フランス革命時にできた政党)の集会所として使われ、フランス革命の火種を作るきっかけになりました。バスチーユ襲撃2日前の1789年7月12日、青年弁護士カミーユ・デムーラン(1760-94)が演説をした場所も、ここカフェ・フォワのテーブルでした。パレ・ロワイヤルを歓楽街に変えた浪費家ルイ=フィリップ2世は、フランス革命を誘発しルイ16世の処刑に賛成をしましたが、自身もギロチンによって命を落としています。歴史の大きな舞台となったパレ・ロワイヤルでしたが、1830年の七月革命後、ルイ・フィリップによる娼婦の追放によって活気は失われます。その後パリの盛り場は徐々にグラン・ブールヴァールとその周辺にあるパサージュへと変わっていき、二度とパレ・ロワイヤルに活気が戻ることはありませんでした。その静寂は200年経った今でも続いています。

パレ・ロワイヤルの現在

現在パレ・ロワイヤルはフランス共和国の所有物となり、国務院として利用されています(右翼棟のみ文化省)。パリ散策者にとってのパレ・ロワイヤルの魅力は、なんといってもその静寂に満ちた中庭です。今でもアーケードには彫版工房や、アンティークの銀食器のお店、鉛製のおもちゃの店、勲章を売る店などが残り、18世紀から時が止まったかのよう。中庭の付き辺りには18世紀末に作られたパレ・ロワイヤル劇場もあり、パリで最も美しい劇場の一つと言われています。最近では現代アートを鑑賞できるギャラリーも入り、静かな盛り場をパリ散策者が歩いています。

コレットとコクトーが住んだ思い出の地

またパレ・ロワイヤルは20世紀を代表するフランスの作家コレットとコクトーが住んでいた場所でもあります。二人は近所同士で、お互いに窓越しに手を振りあう光景が見られました。コレットは晩年には関節炎を患い、ほとんど部屋のベッドから出ることはありませんでした。代表作は『シェリ』『シェリの最後』『青い麦』『クローディーヌの家』など。彼女の部屋からはパレ・ロワイヤルの庭園を眺めることができました。

Palais Royale
パリに残るかつての王宮
最寄メトロ:パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル(Palais Royale Musee du Louvre)/パリ1区


パレ・ロワイヤルの写真
パレ・ロワイヤル周辺のパリ観光