ヴィアデュック・デ・ザール(芸術高架橋)|パリ名所案内

パリ旅行|パリの名所案内

ヴィアデュック・デ・ザール(芸術高架橋)/パリ12区 ヴィアデュック・デ・ザール(芸術高架橋)
Viaduc des Arts

廃線を利用した最先端ブティック

パリは使わなくなったものも壊さずに残しておくことに関しては天才的。1969年に廃線となった国鉄近郊鉄道の高架橋を利用したヴィアデュック・デ・ザール(芸術高架橋)もその一つで、今ではそこにおしゃれなブティックや家具店が多く店を構えています。ドーメニル通りにあるこの特徴的な赤レンガの高架橋は、どことなく東京駅・有楽町駅をつなぐレンガ造りのガード下に似ています。パリ中心部からはやや離れていますが、パリ観光のリピーターでバスチーユ周辺が気に入った人や、リヨン駅に降り立ってバスチーユ広場方面へ向かう人には是非おすすめしたいスポットです。

ここでは流行の最先端をいくデザイナーやサンタントワーヌ地区の家具職人たちが高架橋のアーチの下で店を開いています。高架下のアーチ部分を見事に利用したガラス張りのブティックはウィンドウショッピングに最適。職人のアトリエや生地、人形修復、インテリアのお店などが入っています。フランス革命当時からの家具職人の街フォーブール・サン・タントワーヌにもここからすぐ近くです。

全長1.4キロの気持ちのいい空中散歩道

また、買い物だけでなく、高架の上に上ることができます。そこにはかつての線路は残されていませんが、今では緑の多い散歩道(プロムナード・プランテ/Promenade Plantee)になっています。見晴らしもよくて気持ちよく、サンドイッチなどの軽食を食べるのにはもってこい。初めてのパリでここへ来る人は少ないかもしれませんが、観光に疲れた体を癒すには最高の穴場スポットといえます。この散歩道は4キロも続き、日光浴やジョギングをする人に大人気。緑豊かなルイイ公園を通ってパリの西端ヴァンセンヌの森まで歩いて行くことも可能です。かつての線路は今の遊歩道。古いものを再利用するパリらしいスポットといえそうです。

最寄メトロ:ガル・ドゥ・リヨン(Gare de Lyon)、リヨン駅



その他のヴィアデュック・デ・ザールの写真
ヴィアデュック・デ・ザール近くのパリ観光