ソルボンヌ広場|パリ名所案内

 

パリ旅行|パリの名所案内

ソルボンヌ広場/パリ5区 ソルボンヌ広場|Place de la Sorbonne

世界有数の大学前にあるバロック的広場
ソルボンヌ広場とカフェ「Tabac de la Sorbonne」。ソルボンヌ大学といえば、パリ5区の学生街カルチェ・ラタンにある世界有数の大学として有名。その大学の前にある広場がソルボンヌ広場。広場正面にはソルボンヌ大学付属の教会が立つ(写真奥の建物)。この教会は宰相リシュリュー(Armand Jean du Plessis Richelieu 1585-1642)によって建築家ルメルシエ(Jacques Lemercier 1585頃-1654)の設計で17世紀に作られたもので、広場はその教会に合わせて整備された「教会のための広場」になっている。現在広場の西側は巨大なサン・ミッシェル大通りになって開けているが、建設当時は四方を建物で囲まれた広場だった。教会とほぼ同じ面積で作られたソルボンヌ広場は、教会のファサードとその周りに配された建物を美しく見せるバロック的広場の稀な完成形ともいえる(それまで中世の広場は、建物を美しく見せるという概念があまりなかった)。17世紀から変わらない教会の前に佇む広場には、今では多くのカフェができ、シックで上品なパリの夜を演出している。

*最寄メトロ:St-Michel(サン・ミッシェル)またはRER B線Luxembourg(リュクサンブール)